吉田羊が演じる戦国最強の武将本多忠勝の娘とは?



大河ドラマ『真田丸』

「家康に過ぎたるものが二つあり。唐の兜に本多平八。」

と豊臣秀吉に称賛された武将として有名な本多平八郎忠勝。戦国最強とまで言われた猛将です。

愛用の槍は、蜻蛉切りとの異名をとり、その由来は、槍の刃先にとまった蜻蛉が、あまりの槍の鋭さに切れてしまったところからきていると言われます。

 

その本多忠勝の愛娘が、現在放映中の大河ドラマ『真田丸』で、吉田羊さんが演じる小松姫こと稲姫です。

 

何か、猛将の娘というからには相当豪傑なんだろうなって思うんですが、正しくその通りだったようです。

また、容姿端麗というからそこにとてもギャップを感じてしまいます。

Sponsored Links

稲姫の豪傑エピソード

どれほど豪傑かというと、エピソードがいくつかありますが、一つは、結婚の時のものです。ある時、家康の前で、婿選びのため、何人かの武将が並んでいる席で、稲姫は、その武将の髷を掴んで、一人ひとり品定め?をしたとのこと。

何とも豪快です。家康の前であり、当然父親である本多忠勝や、譜代の大名もいたのでしょう。そんな状況では、普通の武将はいくら腹にたってもその場で怒るわけにもいかず・・・。

そんなとき、稲姫の手を鉄扇で払った武将が真田信之でした(当時は信幸。後、字を改める)。その時、稲姫は真田信之と結婚することに決めたそうです。

天下分け目の関ヶ原

もう一つ。真田親子が天下分け目の関ケ原の戦いを前に、真田の家を後世に残すため、真田信之は徳川方に、父親である昌幸と弟の幸村(信繁)が石田方につくことに決めました。確かに、どちらが勝っても真田の血は後世に残りますが、生き抜くためとはいえ、相当の決断だったのではと想像します。

そこで、昌幸と幸村は、信之と別れて出て行きます。上田城に帰る途中、稲姫のいる城に立ち寄ります。今生の別れとなることを考えて、昌幸は孫と会うためでした。しかし、稲姫は昌幸、幸村一行を城に入れませんでした。例え親兄弟といえども敵味方の立場である以上、城の中に入れることはできないとのことでした。

Sponsored Links

稲姫のギャップ

この話を初めて聞いたとき、なんと冷徹な女性・・・と思いましたが、これには続きがあって、昌幸、幸村が諦めて近くの寺に泊ることになったのですが、そこに、孫を連れていき対面を果たしたとのことでした。

この話を知った時、優しいところもあるじゃんって益々羊さんにトキメキました。凛々しさと優しさ、まさにギャップ萌えでした。正確には羊さんを通して見る稲姫に。

そんな稲姫を演じる吉田羊さん。適役と思いました。

これじゃあ、ファンも増えますね(^◇^)

【大河ドラマ名作まとめ】にもどる

Sponsored Links