藤井六段vs杉本七段師弟対決実現も一局目は千日手。千日手はどんなふうになったのか。また、どんな対局内容だったのか。前編



師弟対決の実現。一局目が千日手。千日手に込める藤井六段の気迫。

2018年3月8日に、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた第68期王将戦の一次予選2回戦で、藤井聡太六段(15歳)が、師匠である杉本昌隆七段(49歳)と公式戦初の師弟対決となる対局が実現しました。年の差は、なんと34歳です。

この対局は、一局目が千日手で、指しなおした対局で藤井聡太六段が111手で勝ちました。

今回私が興味を持ったのは、千日手になった対局の方です。こちらの対局はいったいどんな戦型で戦われたのかなって気になりました。後手の立場に立てば、千日手にして指しなおし局にしてでも先手番を取り、勝利につなげたいという気持ちが伝わってきます。

千日手というのは、ご存じない方もいらっしゃるかと思いますので簡単にいいますと、一説には千日たっても局面が同じということから名前が付けられたと言われています。

具体的には4回同一の局面が出現すると、千日手となり、新たに初手から対局を指しなおすことになります。

その際先手と後手が入れ替わるので、千日手になると、後手だった方が得をすることになります。このことから、千日手は後手の有力な作戦の一つと現在では考えられています。

さて早速棋譜に行きます。

先手が杉本七段で、後手が藤井六段です。戦型は先手の中飛車に対し、後手居飛車銀冠です。

Sponsored Links

角道を開けるタイミング?!

▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩 △6二銀 ▲5八飛 △4二玉▲4八玉 △1四歩

▲1六歩 △8五歩 ▲7七角 △7四歩▲6八銀 △3二玉 ▲3八玉

初手から、進んできてこの局面を見て、私の感性として、非常に違和感があるのが、後手の角道が開いていない点です。この角道が閉じていることが、玉を角の横まで移動していれば、角交換になった時に同玉と取れるので、玉を深く固めたいという場合には得になるのかなって思って見ていました。

しかし同時に、後手は△74歩を突いているので、急戦を明示しています。なので、後手は玉を深く囲うということがしにくいのではないかって見ていました。

急戦を狙う後手。仕掛けを警戒する先手。

△3四歩 ▲2八玉 △7七角成▲同 銀 △2二銀

いよいよ後手は△34歩と突いて、角道を通します。こうして先手から角交換されたとしても、同玉と手順に玉を深く囲いつつ取ることができます。先手も玉を▲28玉まで囲い、美濃囲いにする準備をします。

そして、後手の△22銀を見た瞬間、”えッ”って思いました。”せっかく角道を保留していたのに、結局銀を22にあがるのか~”って感じです。

▲4八銀 △7三銀 ▲3八金 △6四銀▲8八飛

先手も美濃囲いではなく、▲48銀とあがりました。後手は△74歩を活かして攻めの銀を活用してきた手に対し、先手は▲38金と玉形を整えます。

後手の攻めの銀が64に来たところで、そのままにしておくと、75歩から銀交換を狙われて飛車先の突破をされてしまいますので、▲88飛車とまわり、攻められる一手前に受けました。

後手は急戦、先手は中飛車。この後手が急戦の構えからどうしたら千日手になるのでしょうか?

続きは次回に!チャオ

 

前の記事:藤井聡太五段の凄まじい角切り!先手矢倉の新たな脅威出現!完結編 稲妻の角

次の記事:藤井六段vs杉本七段師弟対決実現も一局目は千日手。千日手はどんなふうになったのか。また、どんな対局内容だったのか。後編

棋譜一覧表を表示する

天才藤井聡太の居飛車穴熊!振り飛車破りの棋譜を並べてみた!』に戻る

Sponsored Links