ウィルソン8802L字パターに似ているロングアイアンの魅力。



ボディターンが基本

スプリットグリップから、ボティターンと手打ちをバランスよく使うのが大事なのではないかって感じたことを話しました。

ボディターンだけで打とうとすると、安定感はありますが、胴体を回すという大きな筋肉を動かして疲れてしまい、効率的ではないです。

一方の手打ちだと、びゅんって振れてヘッドスピードも速く、”よーし打ったぁ!”という俗に言うところの”打った感”があるんですが、安定しません。

右に行ったり左にいったり、打振ったり、トップしたり・・・。調子にのって力みがどんどんエスカレートして、地面に穴ぼこを量産してしまいます。

ゴルフは、ただでさえ起伏のある場所から打つスポーツなので、不安定な場所からのショットは確率が低いです。

なので多少の飛距離を捨てたとしても、正確性を優先した方がよいと思います。

となると安定感のあるボディターンから固めていくべきではないかって思います。

Sponsored Links

竹ぼうきから学んだこと

ボディターンから固めていくとしても、具体的にはどうしたらいいのか?・・・

L字パターをボディターンで打つことで、不満な点はただ一つ。飛距離が出ないことです。むりやり飛距離を伸ばそうと思って手を使うから不安定になるのではないか?

つまり、今と同じイメージで打って、飛べばいいのではないか?

とすると、L字パターと同じようなイメージで打てて、飛距離が伸びるクラブと言えば?

ドライバーはヘッドの形が全然違うし・・・

ウェッジも違うよな・・・

・・・

ロングアイアン?

ロングアイアンは、世間では難しいクラブの代名詞でもあり、使う人がどんどん減っているという状況があるようです。しかし、見方を変えればこれをほL字パターに近いクラブもありません。

ロフト角が少なくて、シャフトが長くなっただけの違いしかありません。

ロングアイアンを選んだ理由とロングアイアンへの親近感

この答えが見つかった後の私の行動は、自分の持っているクラブの中から、L字に近いクラブを探すことでした。具体的には、4番アイアンをもつようにしました。

L字パターで打つように4番アイアンを打ってみたらどうなるか?

想像しただけでワクワクしますよね。

ショートコースで回り放題のところで、持って行って使用するクラブはL字パターと4番アイアンの二本だけ。

いったいどれだけ飛距離が変わるのか?

まっすぐ打つことすらできなかった人にとって、とにかくまっすぐ飛んでくれて、大けがが少ないクラブ。このことは、とてつもないアドバンテージです。この普通のゴルファーが歩むゴルフ道とはかけ離れた出発が、私がその後何年もゴルフにハマることになる遠因だったと今では思います。

ヘンテコなことをやって、全く見当違いのことかもしれませんが、誰かの発見や気付きに繋がるかもしれません。あなたのやる気スイッチを押すことのほんの小さなきっかけになれば幸いです。ちなみに私のやる気スイッチのボタンは、この発見によってかなり押しやすく大きくなりました。

この続きはまた次回。

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように。チャオ。

 

【ゴルフホッケーまとめ】にもどる

Sponsored Links