藤井聡太六段 対 杉本昌隆七段。なるか師匠への恩返し。迎え撃つは伝家の宝刀四間飛車。小林九段の思いも重なる戦法。其の五



先手、鉄壁の受け。三枚当たりの後手、次手どうする?

前回の局面を再掲載します。


先手が後手の角を執拗に責めて、後手の駒3枚が当たりになっている局面で前記事は終わりました。▲46銀打により瞬間後手の角は行き場がありません。この角さえ封じてしまえば、後手からの攻めの力を弱めることができる、という狙いだと思います。このあと、後手は何を指すのか?後手にとって非常に悩ましい局面だと思います。
Sponsored Links

後手一旦飛車を引き、端を攻める!

△4一飛 ▲9五歩 △8五桂 ▲8六銀 △9六歩


△41飛車と逃げました。さて、先手は角と香車のどちらをとるか?駒得なら角を取りたいところです。しかし、△49飛車成りと王手で成られ、後手の駒に勢いをつき、37歩成とと金まで働いてきます。▲95歩と香車をじっと取りました。

後手は△85桂から執拗に先手の端を攻めてきます。△96歩のたらしが、先手の玉頭付近に△97歩成とされるとかなり危険な感じがします。しかし、この歩成りを受ける手段がありません。

例えば、▲99香と守っても、△97香と打たれると・・・。強引に▲98桂と受けるのも持ち駒全てを受けにつかわされてしまいます。後手に都合のよいタイミングで攻める権利を与えてしまいます。

そもそも、▲98桂とは打ちたくありません。なので後手の攻めが一見成功したように私には思えました。

驚愕の香打ち。王手飛車がここでも・・・

▲4五香 △4六角 ▲同 銀 △4四歩 ▲同 香 △4三歩


この▲45香打ちがすごい手だと思いました。香車を▲99に打つようではいけないのです。はい。

このままでは飛車が成れずに、後手は角をただで取られてしまいますので、△46角と銀をとります。▲同銀と応じて、なおも飛車取りの先手になっています。

この香車の効きを止めるために、歩を連打しますが、△44飛車と取り返せないところがつらいところです。

王手飛車のラインが空いているのです。ここでも、△85桂と跳ねて玉のこびんが空いたことのデメリットが出ています。

香車を後手に取られても、先手は角と香車の交換となり駒得です。先手は、この香車を取らせる間にどんな攻めを敢行するのでしょうか?
Sponsored Links

天王山の金!後手の次の手はいかに?

▲6四歩 △同 金 ▲5五銀 △同 金 ▲同 金


この王手飛車のラインを活かしたあとに、▲64歩の叩きが入ります。これを先に利かしてしまうと、香車を44で取り返された後に王手飛車の筋がなくなってしまいます。手順をひとつとってもかなり違うところが将棋のすごいところです。

△64金と釣りだした後に、▲46の銀を▲55銀とぶつけていきました。この先手の攻めの銀と後手の急所の守りの金を交換していくのですから先手の攻めが勢いを得ています。▲55金と取り返した局面で、後手は何を指すのでしょうか?

また、先手の勢いがあると言っても、手番を握った後手の攻め如何では形成がかわることも十分あり得るのではと思います。なんといっても後手は玉頭にと金を作れます。このと金が出来て、先手の角の頭を攻めながら6筋に成り駒を作る展開になれば左右挟撃の態勢になりもしかしたら・・・。という感じです。

次手いかに?!続きは次回に。チャオ!

前の記事:藤井聡太六段 対 杉本昌隆七段。なるか師匠への恩返し。迎え撃つは伝家の宝刀四間飛車。小林九段の思いも重なる戦法。其の四

次の記事:藤井聡太六段 対 杉本昌隆七段。なるか師匠への恩返し。迎え撃つは伝家の宝刀四間飛車。小林九段の思いも重なる戦法。完結

棋譜一覧表を表示する

天才藤井聡太の居飛車穴熊!振り飛車破りの棋譜を並べてみた!』に戻る

Sponsored Links