将棋とゴルフの共通点とは?シーズン到来。春だ!ゴルフだ!お茶で花粉症対策。体調管理も戦略の内?



底なし沼が共通点?!

将棋もゴルフも、共通点は、すっごくはまってしまうということです。まるで底なし沼です。

はまり方は人によって異なるかと思いますが、両方とも気が付いたらもう・・・もうダメです。出られません!!

どうしてそうなのか?この二つには共通点があるはずだ。とりあえず分析もどきをしてみます。

まず手始めに、将棋を指していて、将棋の特徴や、将棋に触れているときの心の動きなどを、箇条書きにしてみます。

・白黒がはっきりつく。

・負けた言い訳をしたくなる。

・指している間は集中していて、まわりに話しかけられても気付かない。

・とにかくずっとやっていても飽きない。

・一生懸命に考えてこれだッて思っていた手がダメだったとき落ち込む。

・お金がかからない。

・おじいちゃんと孫とか年齢が離れていても関係なくできる。

・勝っても負けてもやりたくなる。

・負けたらなおさらやりたくなる。

・性格が出る。

・一人では対局できない。

どうでしょうか?まだあるかもしれませんが、思いつく限り書きだしてみました。

次にゴルフです。

・思った通りにいかない。

・ドライバーを握ると飛ばしたくなる。飛距離を競う心理が働く。

・性格が出る。

・ゴルフ道具選びが楽しい。

・うまくいかないと原因を探したくなる。

・誰にも知られず練習をしたくなる。

・天気予報に敏感になる。

・日々の生活がゴルフになる。例えば、鏡の前で素振りをしたくなる。

・ゴルフ雑誌があると読みたくなる。

・ネットサーフィンでゴルフ関連の情報を収集している。

・一人でもゴルフしたくなる!

どうでしょうか。これもまだまだありそうです。パット思いついたのはこんな感じです。

ちょっと、根本的に違うっショ!

とにかく上げるときりがありません。この一個ずつ付け合わせていくとたいへんなので、この中で、一番違いが明確なものから攻めていきたい、・・・と思います。

でもその前に、同じところよりも根本的に違うでしょ~ってところがあります。そこ解決します。

もっとも将棋とゴルフの根本的に異なるところがある・・・・それは・・・。

将棋は相手が必要です。しかしゴルフは相手がいなくても一人でもできます。

・・・

まわりの声)えーーーッ。そんなとこですか?そこから行きますか?

そこまで突っ込み入れられるとつらいっす。(-_-;)

でも泣きながらでも答え言うッす。ぐすん。

ゴルフには見えない相手がいるのです。それは・・・・

まわりの声)自分でしょ?

そう言うと思ったでしょうか?

しかしですね、自分という答えなら将棋も同じです。将棋も自分との戦いです。誘惑やら決断やら、いろんなものが脳みそ駆け巡ります。なので答えは違います。

ゴルフにおける見えない相手とはだれか?

・・・

・・・

ワニさんが気持ちよさげに歩いています。天気はピーカンの晴れ。最高です!

・・・

答えは、コースです。そして天気です。

ゴルフは、将棋とちがって、相手がいないって思っていたところが、私の盲点でした。

相手がいったいだれなのか?これを分かっていることは、結構大事なことなのかもしれません。

まさに孫子の言う、

彼を知り己を知れば百戦殆うからず。彼を知らずして己を知るは一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば戦う毎に殆うし。by孫子

この言葉どおりです。

相手を知って、自分を知れば勝率100%。相手を知らないで自分だけ知ってると勝率50%。相手も自分も知らなければ、想像してごらん。ってことです。(超意訳でごめんなさい)

ゴルフコースを事前に調べて、攻略法を考えておくことができたら、勝負は有利に進められるということです。ただし、自分の実力を知っていることが前提ですが・・・。勝負はすでに始まっているということですね。

追伸:あたたかくなって桜が咲き、いよいよゴルフシーズン到来です。

春だ!ゴルフだ!レッツご―!そんなゴルフ好きの皆さん、大好きです。

そんなゴルファーにとって、もうひとつの敵が花粉症です。いやですね。実力の半分も出せません。己の弱点を出来る限り消しておくことも有効な作戦の一つです。

少しでもゴルフのスコアが良くなるように。対策の一つとして『春ゴルフの花粉症対策、サングラスやスポーツマスクで楽しくゴルフ!』にてご紹介しています。よかったら試してみてください。効果あるかもしれません。

 

前の記事:藤井聡太六段 対 杉本昌隆七段。なるか師匠への恩返し。迎え撃つは伝家の宝刀四間飛車。小林九段の思いも重なる戦法。完結

次の記事:革靴を磨くプロの仕事を見たこの驚きをシェアしたい!ビフォー写真がないのがつらい・・・。

Sponsored Links