藤井聡太六段対糸谷哲郎八段。屈指の好カード。伝説の棋士の得意戦法、阪田流向飛車出現!「月下の棋士」を読むと将棋が倍おもしろくなる。其の壱



いつ実現するか待っていたら、ついに実現した屈指の好カード!

2018年3月22日に行われた王座戦において、藤井聡太六段が 糸谷哲郎八段と対局しました。このカードはいつか見たいと思っていましたが、実現しました。

糸谷八段は竜王のタイトルをもっていたこともある実力者中の実力者です。特に発想が独創的であり、糸谷流右玉を並べた時には、度肝を抜かれました。

また、糸谷八段は、伝説の棋士、村山聖にとっては弟弟子にあたります。村山さんの今でも印象に残ったNHK杯での羽生さんとの将棋について、前に記事にしましたので、ご興味のある方はぜひ。

将棋NHK杯トーナメント決勝で見せた天才村山聖の天才的強さと清々しい表情

そんな糸谷八段に対し、藤井六段はどう挑むのか?これを記事にしないわけにはまいりませぬ!!。

Sponsored Links

なんとッ、阪田流向飛車とは!

先手番は藤井六段で、後手が糸谷八段。

さっそく行きます。

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △3二金 ▲2五歩 △3三角▲同角成 △同 金 ▲3八銀

△2二飛

この局面を見た時の私の驚き、伝わりますかね?

私、升田幸三さんが大好きなんです。そして、前に記事にもしましたが、升田さんの才能をはやくから見抜いていて、しかも升田さんの角を褒めたのが阪田三吉さんなんです。その阪田さんが編み出した戦法なので阪田流向飛車。大好きです。

この記事も興味があればぜひ。

将棋は、角の違いが格の違い?阪田三吉と升田幸三 二人の天才を結んだ角。

なかなか、公式戦でこの戦型を見せてくれる棋士はいません。どうしても戦法の王道から外れた感じがしてしまうからかわかりませんが、しかし、この戦法には華があると私は思います。この戦法の狙いは単純明快。飛車先逆襲です。うん、わかりやすい。

糸谷八段の好きなところは、先ほどの右玉にも表れていますが、すごく印象に残る戦法を指してくださるところです。

私が勝手に感じていることではありますが、この稀代の天才藤井六段との対戦は、誰もが注目する一戦です。その注目される大一番に、阪田流を採用したところに糸谷八段の心意気を感じます。

 

よみがえる、月下の棋士。これを読むと将棋が倍おもしろくなる!

 

あとですね、この戦法のかっこよさの理由がもう一つ私にはあるんです。

それは、漫画です。

「月下の棋士」っていうんですが、一度テレビでも放映されたことがあります。

V6の森田剛 さんと、 山口紗弥加さんが出演しています。

この月下の棋士の中で、主人公の氷室将介の祖父の御神三吉のモデルこそが阪田三吉です。この御神三吉の得意戦法が御神流向飛車、いわゆる実在した阪田流向飛車なのです。

漫画の中でもかっこいいですが、実際に将棋を指していて、相手がこう指してくると、ぞくっ、とします。

続きは次回に。チャオ。

前の記事:ついに寒川神社に参拝。ホリデーパスを活用して交通費節約。

次の記事:藤井聡太六段対糸谷哲郎八段。屈指の好カード。伝説の棋士の得意戦法、阪田流向飛車出現!「月下の棋士」を読むと将棋が倍おもしろくなる。其の弐

棋譜一覧表を表示する

向飛車は月下の棋士を読むと好きになる!』に戻る

Sponsored Links