ゼンリンのデジタウンは検索が簡単。冊子版より素早く検索する使い方



デジタウンレビューの前回からの続きです。

前の記事の続きになるので、先に読んでいただければ、つながりがわかって読みやすいとおもいます。

このデジタウンという、ゼンリンの地図の電子データ版の紹介です。

 


検索の便利さについて書きましたが、その検索機能の続きです。

 
Sponsored Links

事業所検索と公共施設検索ができる。

もう一度、デジタウンのツールの一覧を掲載しますが、左から数えて4個目に”名称”というのがあると思います。これも実は紹介しておきたい機能です。


”名称”をクリックして、検索画面が開きますので、検索対象を”事業所”にチェックを入れ、この検索名称ボックスに”店”と入力して”検索実行”ボタンを押します。すると、一覧が出てきます。目当てのお店が出てきたら、それをダブルクリックすると、そのお店の場所が画面中央になるように移動します。


もうひとつ、先ほどは”事業所”にチェックしましたが、例えば”公共施設・建物”にチェックを入れて検索してみます。例えばボックスに”役所”と入れてみて検索します。


こんな感じで、出てきました。ちなみに”事業所”と”公共施設・建物”の両方にチェックを入れて検索することはできますが、両方チェックを入れないで検索することはできません。

 

登録機能が使える

もう一度ツール一覧を掲載します。


左から6個目に”マーク”ってあると思うのですが、最初見たときはいったいなんだろう?って思いました。これも検索の一種なんですが、使うためには先に登録作業が必要になるんです。

例えば、鶴見区役所を登録してみます。

 

先ほどの”公共施設・建物”で役所と検索した時に出てきた鶴見区役所をダブルクリックすると、鶴見区役所が出てきます。最初の画面は縮尺15メートルになっていると思います。これ、縮尺が180メートルより下にならないと、登録ボタンは表示されません。

登録ボタンというのはこれです。


これが縮尺180メートルより下にならないと、色が濃くなりません。

こんな風にクリックできるようになりますので、


このボタンを押します。


 

このボタンを押すと、上記のような図が出てきます。


この画面で①のマークを選択します。これは、マークは、フラッグだったり◎だったりいろいろな種類があります。この種類を今回は、赤丸に棒の形(以下ピンと呼びます。)を選択します。

次に②でタイトル欄に”鶴見区役所”と入力します。

次に③でここでクリックします。ピンを指します。するとピンが表示されます。

最後に④で”登録”ボタンを押します。

以上で登録が完了しました。

 
Sponsored Links

登録した場所をクリックすれば瞬時に移動!

こうやって登録していき、”マーク”のボタンを押せば、先ほど登録した”鶴見区役所”が表示されて、これをダブルクリックするとすばやく登録した場所に移動できます。


この機能はいったいどんな時に便利なのか?って疑問に思うかもしれませんが、事例を感考えてみました。。

この機能は、ある特定の目的をもって集まったグループで使うときに効果を発揮します。

例えば、通学路を地域のボランティアで見守り活動をしようと思っているグループがいたとします。

みんなで地域のコミュニティーセンターで話し合いをします。そのとき、パソコン一台あれば、みんなでパソコンを見ながら、あるいはプロジェクターを用意できれば、会議室の白壁あたりに投影して、もっと広い画面でみんなで見ることができるのでなお良いと思います。

ノートパソコンにデジタウンを入れて起動します。

そのときの議題が、小学校でグループ登校したりするときの見守りをする場所をどこにしようかって内容だとします。

そんなときに前もって登録しておいた、通学路の中の見守りが必要な候補地点を登録しておくことで話し合いがスムーズに行えます。

みんなで話し合って地図を見ながら決める。こんな情報共有の仕方の提案です。

 

■補足■

最近はGoogleマップやYahoo!地図などが有名です。なので別にデジタウンでなくてもいいのでは?って思う方もいるかと思います。

しかし、デジタウンの大きな利点は、インターネットに接続しなくても使用できるということだと思います。

インターネットが普及していると言っても、フリーWi-Fiが整備されているところばかりではありません。なので、仮に有料で接続することにしたとして、データ使用量が半端ではありません。

個人の無制限なポケットWi-Fiを使用したりしても解決しそうですが、なんとなく申し訳ないって思いますよね。しかも話し合いの時って、けっこう長時間かかるものですよね。

またこのデジタウンの他のメリットとしては登録した情報を記録して貯めておくことができるところです。「先週、どこまで決めたっけ?」ってことってけっこうありますよね。地図に登録しておくことで、次の会に備えておけます。

まだまだデジタウンの良いところはたくさんあります。

ゼンリンの地図は使い方次第。仕事の効率アップに最高のツール!に戻る

Sponsored Links