恋い焦がれたウィルソン8802パター。芯が狭くてL字パターは難しいと言われますが。



ウィルソン8802の魅力

ウィルソン8802に恋い焦がれて、やっと中古クラブショップで偶然にも手に入れて、幸せな気分にひたっていました。家に帰ってからもきれいに磨いて。打つ面(フェース面)の部分には特に気を使っていました。

フェース面にも錆が点々とついていて、指で触ると凸凹があったりしたので、これで打ったら多少なりともまっすぐ転がってくれないのでは?って思いクレンザーで磨きました。

クレンザーには研磨剤が入っているため、錆落としには昔から使っているのですが、メッキがはがれてしまったらどうしようってことで、錆の浮いた部分だけを丁寧にこするようにしてました。

大好きなパターはとにかく見ていて飽きないものですね。パターと接する時間の絶対量が増えています。

よくL字パターは難しいからやめた方がいいよってインターネットでパターを探していると、そう書かれた記事に遭遇します。

確かに、L字パターは難しいと思います。マレットパターみたいに大きなクラブで打つのと違って、的が小さいですし、当たり所が悪いとすぐに芯を外したことが感触として分かってしまいます。

その結果ショートしたり、オーバーしたり。あまりにもシビアすぎるので、もっとアバウトならばいいのにな~って思うことあるかと思います。
Sponsored Links

きちんと答えてくれる

しかし、自分は、逆の見方をすれば、パターが弱点を教えてくれるのではないかって思います。

例えば、芯に当たらないとダメって言葉も、「じゃ、いったい芯ってどこなの?」ってきう私の疑問に対して真剣にパターも答えてくれるんです。

自分 )コツン・・

パター)そこじゃないよ、もっとネック寄りだよ

自分 )コツン・・

パター)少しネックに寄りすぎたね。でもさっきよりいいよ。

自分 )コツン・・

パター)おいおい、今度はトゥに行きすぎてる。

・・・・・・・・・

こんな会話をし続けるんです。

自宅のパターマットの上で。

パターとの信頼関係

この会話をする中で、パターにはトゥ側とネック側を左右としたら、左右のずれ以外に、上下のずれがあることを、この8802との会話の中で教えられた話を書きました。

自分なりに考えた結果、行きついたのは、

ゴルフの練習は、独りでするものかもしれないけれど、道具をうまく使えるようにしようと思ったら、道具の言葉に耳を傾けなくてはならないのではないだろうか?

こんな言葉でした。

L字パターは普通一般では難しいクラブだと思います。実践では使いづらいクラブなのかもしれません。

しかし、練習していてこれほど楽しい時間をともに過ごせるクラブはありません。

自宅で練習していて長い時間を過ごしていると、一番信頼できるクラブになってくれます。

信頼感が最高に高まったら、多少難しいクラブであろうと、実践では最高の相棒になると思います。

一番時間を過ごしたクラブがこのパター。だからこのパターでゴルフをしたい。

練習しているとたまにこの気難しい相棒は言ってくれるんです。

自分 )コツン

パター)今のいいよ。真芯だね。気持ちがいいねぇ~。

・・・快感。

この言葉、たまにかけてもらうと、超モチベーション上がりますよ。

これがあるから練習はやめられんのです。(#^.^#)

【ゴルフL字パターの魅力まとめ】にもどる

Sponsored Links