ひふみんから藤井聡太四段へ 究極の世代間コミュニケーション 天才が天才に渡したバトン 其の参



矢倉の魅力。水面下の攻防戦。

前回記事で、玉の位置一つの違いが勝敗を左右するくらい、矢倉は細かなことが大事な戦型だということを書きました。駒がぶつかる前に、いろいろと水面下で攻防戦が繰り広げられており、戦端が開かれた時はすでに勝敗が決まっていると言われるくらいです。

前の局面を再度掲載します。


双方玉を囲いの中に納めました。

ここから細かな、将棋をはじめて間もない人がみたら、

”そんなのどっちだって関係ないよね~”

みたいな手順が続きます。しかし、これが超大事なんですよね。どうでもいいどころか、勝敗に直結する部分です。
Sponsored Links

後手、攻めの形を構築

△9四歩 ▲1六歩 △9五歩 ▲1五歩 △7三桂


後手は作戦の岐路です。注目するのは、後手の右の銀です。この銀がどちらに使われるのか?攻めに使われるか、それとも守りに使われるか、これで一局の流れがまったく変わってしまいます。

銀をどちらに動かすか?戦法を明示せずに様子を見る手順が続きます。

△9四歩 ▲1六歩 △9五歩 ▲1五歩。この4手の手順は、単に端歩を伸ばしたように見えますが、これで双方ともに香車を攻めに参加させることができます。この時、端に注目してみると、お互いに、角、香車の二枚が、照準を合わせていることに気付きます。

ここに桂馬が参加すれば、3枚の駒で端を攻めることが可能になります。と思ってみていると、

△73桂。

この手が△85に向かって跳ね出せば3枚目の駒となります。後手が85歩の飛車先の歩を保留していた効果がここに生きています。このように局面に合わせて手広く構えておくことが、矢倉を指す上で重要なのですね。

普通は銀の動きで後手の戦型が決まってくるのですが、桂馬でしたね。(-_-;)

先手、後手の攻めの態勢を崩しに行く。

▲6五歩 △5三角 ▲4六銀 △6四歩


このまま後手に△85桂と跳ねられると、端に猛攻撃を加えられてしまいます。この時点で、先手の攻め駒はまだまったく後手に迫れていませんので、攻め合う展開にもならなそうです。

なので先手としては、せめて先手の▲37銀が働くまでの間の時間稼ぎをしなくてはならないというところでしょうか。

▲65歩と角取りに突いて、後手の攻めをけん制します。これに対して、ただでもらえるので△同桂と取りたくなると思います。

ただ、そうすると、先手に▲66銀と上がられたあと、後手は跳ねた桂馬を守る術がありません。なので、一旦△53角と引いたところです。

このタイミングで▲65歩と突かないで、△85桂と跳ねられた後に▲65歩と突いたのでは、今度は△73角と引かれる手が生じてしまい、先手の飛車を睨む位置から角が動かないので、先手はたえず後手の角の睨みに気をつかわないといけません。

後手の△53角を受けて先手は、後手の角頭を狙って銀をグイッとでました。▲46銀です。この銀がどれほど働くか、これが先手の生命線といっても過言ではないでしょう。
Sponsored Links

後手、先手の攻めを誘った?戦いに引きずり込む作戦?

後手は△64歩。この手を見ていると、後手は△73桂と跳ねて、先手の▲65歩を誘ったのではないかって思えてきました。

藤井四段)”このまま桂馬を跳ねたら、あなたの端に殺到しますよ、それでもいいんですか?” ・・・△73桂馬

加藤九段)”いえいえ、それでは困ります。私の銀が攻めに参加できるようになるまで少しお休みくださいな。”・・・▲65歩

藤井四段)”まぁいいでしょう。”・・・△53角

加藤九段)”ありがとうございます。”・・・▲46銀

藤井四段)”いえ御礼には及びません。おかげさまで戦端を開くことができました。”・・・△64歩

”棋は対話なり”そうおっしゃられたのは故米長邦雄永世棋聖であったと記憶していますが、こんな感じの対話がされているようにイメージしました。

まさに”棋は対話なり”ですね。

歩がはじめてぶつかったというのに、すでに抜き差しならない局面に突入しようとしています。先手の銀と後手の桂馬。どちらが早く、そして、よく働くか?競争ですね。

続きは次回に。チャオ!

 

前の記事:ひふみんから藤井聡太四段へ 究極の世代間コミュニケーション 天才が天才に渡したバトン 其の弐

次の記事:ひふみんから藤井聡太四段へ 究極の世代間コミュニケーション 天才が天才に渡したバトン 其の四

棋譜一覧表を表示する

加藤一二三vs藤井聡太!戦型は相矢倉。最初で最後の天才対決。ひふみん矢倉をありがとう!』に戻る

Sponsored Links