L字型パターにはない魅力。入りすぎて禁止?キャッシュインパターの凄味。



L字パターと同じくらい魅力的なキャッシュインパター

L字パターは最終的にウィルソン8802に行きつきましたが、このウィルソン8802を手に入れた後も、キャッシュインパターには興味がありました。

何か、ショップにあれば、思わず手に持って打ってしまう、ということもしばしばでした。

ネットサーフィンを毎晩のように探すのが趣味みたいになっていました。そんな時に、一目ぼれしたパターがこちらです。

と言っても、最初の頃は中古のクラブも国内ではほぼ見つけることができませんでした。しかし最近、ちらほら出てきました。

下記です。ゴルフパートナーの画像リンク貼っておきました。すぐになくなってしまう感じです。昔のモデルなのに値段がこれだけするのは、名器の予感がします。



パターの正式な名称は、下記です。

「SCOTTY CAMERON American Classic III FLANGE」

横文字です。

スコッティキャメロンから出ているキャッシュインパターです。

このパターの何が当時の自分をものすごく惹きつけたのか、というと、デザインです。

”えッ”て感じですが、それだけではありません。

このキャッシュインタイプのパターを見つけた時には、すでにウィルソン8802を手にしていました。なので、L字型パターと比較してキャッシュインパターの良さを探していたのかもしれません。

 

Sponsored Links

キャッシュインパター独自のメリット

今あらためて当時のことを振り返りつつこのパターを見ていると、L字型パターと同じようにシンプルな形ですが、L字型パターにはない、実用的な良さを見つけることができます。

L字型パターとの一番の違いは、シャフトのくっついている部分が真ん中に近いところにあるので、つまりはT字型のようになっています。少しヒール側に出ている部分は短いのですが、この部分が肝だと思います。

このヒール側に突き出た部分を、自分の目からみて、シャフトに重なるように構えます。すると、毎回、自分から見たフェースとシャフトの角度をおんなじに保つことができます。

これってかなりメリットではないですか?少なくとも、アドレスの位置を一定に保つための基準になる部分があることはL字型にはないメリットです。

しかも、この部分にシャフトをどう重ねるかによって、ハンドファーストやヘッドファーストを調整することもできます。より、ボールにどうフェースが当たるのかをアドレスの目の位置から確認することができるのです。

あと、最もキャッシュインパターのすごいところは、ほぼシャフトの延長線上でボールをヒットすることができるのです。

L字型パターの場合、ボールをヒットする部分は、フェースの真ん中あたりになりますが、ウィルソン8802にはそのヒット部分に目印がありません。なので、ボールを打つべき芯を探すことが難しいです。

しかし、このキャメロンのキャッシュインパターは、サイトの画像を見てもらうとわかりますが、まるポチがあり、ヒット部分の目印になっています。

 

キャッシュインパターが入りすぎて禁止?

このシャフトの延長線上付近にヒット部分があることは、今ではあまり珍しくないことですが、過去をひも解くと実はすごい逸話があるんです。

ウォルター・トラビスというパターの名手がいました。彼は1904年の全英アマチュア選手権で外国人初の優勝者となります。

彼が使用していたパターが、センター付近にヒット部分を持つスケネクタディという名前のパターでした。

このパターはイギリス国内で禁止されてしまいます。あまりにも入りすぎたことがその理由と言われています。

いかがですか。キャッシュインパターにぐッと興味が湧きませんか?

私は、当時かなり、方々を探して試打できるショップを探したことを覚えています。

残念ながら購入までは行きつきませんが、今でも惹きつけられる逸品です。

【ゴルフキャッシュインパターまとめ】にもどる

Sponsored Links