ゴルフスコアの目標設定。コースレイアウトを予習して100切り。



ベストスコアを目指す練習

ゴルフをプレーする前に、いったいどんな練習をすればいいんだろうって思ったことありませんか?

それって、今度どのコースでゴルフの予定があるのかってことに直結することではありませんか?

ゴルフを今度、○○カントリーでプレーするから、そこで良いスコアであがるために、今何を練習したらよいだろうか?

具体的に理屈っぽく言うとこんな感じの疑問文になると思うんです。

もし、ゴルフをプレーしていて、100を切りたいって思っていて、なかなか切れなくて悩んでいる人は、これを試してみるといいと思います。参考になればと思い記事にしましたのでよかったら読んでみてください。
Sponsored Links

ゴルフコースレイアウトの分析

コースレイアウトをホームページで探す。

私の場合ですが、ゴルフダイジェストのホームページで、今度行くゴルフ場を調べますと、上段少し下に下記のような欄があります。

 ここで、自分が次に良く行くゴルフ場を検索していくと下図のような感じの画面が出てくると思います。


この左から3番目のコースレイアウトをクリックすると、そのコースの、各ホールのヤーデージが分かります。


これをじーッと見るのです。

・・・・・

私の場合は、レギュラーティーからまわる予定ならば、レギュラーティーのヤーデージをノートに書き写します。なんとアナログなって思うかもしれませんが。(-_-;)

でもアナログだからいい面もあって、自分で書いたことは意外と忘れにくいものです。愛着も湧きますし、気付いたことを書き足していくと、ほんとにオリジナル感が出てきて、世界でたった一つの価値あるノートが出来上がります。

私の場合、後で読み返した時に間違えないようになるべく丁寧に書くようにしています。

ええと、書き写した後にですね、じーっと見てノートに書いて終わりではないんです。

 

ボギーを狙う!

「このコースを、100を切るためにはどうやって攻略すればいいのか?」

この問題を考えていきますと、ハーフなので49打でホールアウトしなくてはなりません。

オールボギーで回ることができたら45打でホールアウト出来ます。

”おーッそうか、けっこう簡単だ!”

このように思えたらしめたものです。しかも、オールボギーで回ったとして、あと4打余分に打つことができます。

このことは裏返すと、ダブルボギーを4ホールも打っていいということになります。

いかがですか?かなり楽になってきませんか?

 
Sponsored Links

ダボを打つのはこのホール

このことを念頭において、あらためてコースレイアウトのヤーデージを見ていきます。

この時、どのホールもパターは2打と仮定します。

とすると、ボギーオンできないホールがどのホールかってことを探せばいいわけです。逆に言うとダボを打つホールを見つけるのです。

因みにボギーオンって何?って言う方にお話ししておきますと、よくテレビのゴルフ中継などでパーオンって言葉がよくでてくると思います。

例えばパー5のホールがあったとします。2打はパターと仮定されているんですね。なので、2打を5から引くと3になります。ということは、パー5のホールでは、3打でグリーンにオンするとパーオンと言うことになります。

つまりは、ボールがグリーンに乗ったとき、あとパター2打でカップインできればパーですよって状態になるのがパーオンという言う意味です。

なのでボギーオンというのは、パー5の例で言うと、3打でパーオンなわけですから、4打がボギーオンになります。

再度質問します。ボギーオンできないホールがありますか?

 

ボギーオンの確率を上げる

ボギーオンの確率を出来る限り上げるための技術を練習しましょう。何が必要なのかは、あなたにしかわかりません。ボギーオンするために必要な技術をぜひコースレイアウトとにらめっこしながら探してみてくださればと思います。

しかしここで、もし全てのホールでボギーオンできると判断できたなら、きっとそれはパターを2打でおさまるようにする練習が必要ということなのだと思います。このパターについては、別の記事で書いていますので良かったら読んでみてくださいませ。

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように。

 

【ゴルフ100切り戦略まとめ】私はこうして100を切りました!に戻る

Sponsored Links