1メートルの上りのパットを徹底練習。強くてしぶといゴルフを作る。



1ホール、パターは2打まで。

『ゴルフスコアの目標設定。コースレイアウトを予習して100切り。』で、パターは、全てのホールで2打ずつかかるものとするのが基準になっているということを書きました。

でも実際にはこの2打で上がることこそが難しいと思います。簡単にできれば苦労は要りません。

どれだけボギーオンに成功したとしても、パターが2打でおさまらないと、ボギーであがることができません。

何度、この2打でおさまらずに3パット、果ては4パットを繰り返したことか・・・

思い起こせば涙が出てきます。

シクシク・・・・・。

「パターを2打で終わらせる」

そのためにはどうすればよいか、考えたことを記事にしましたので、よろしければお付き合いください。
Sponsored Links

パターは上りの方が下りより簡単!

パターにも入りやすい距離とポジションがあるということに気付きました。

よくアプローチの時に、

”手前から寄せなさいよ”

”奥に行ったらだめだ”

って言われたことありませんか?

グリーンのほとんどが、手前が低くて奥の方が高くなっていますよね。これをグリーンが受けているっていうんですが、ボールがカップを通り越して止まると、カップよりもボールが高い場所にあることになります。

そうすると、パターは下りを打つことになります。ボールを打つと、下り坂をくだるようにどんどん転がっていってしまうから下りは難しいんです。最初の位置の方が近かったと思うことも普通にあります。

逆にボールがカップよりも手前に止まると、ボールの方がカップよりも低いところにあります。これが上りのパットです。上りのパットは、下りと違ってぐんぐん加速してしまうこともありません。

カップを過ぎてもどんどん転がるというのは、そもそもミスパットですから。こうなる原因の多くは右手が原因です。これについては別記事『ゴルフ 地道な自宅のパター練習が教えるミスの原因。右手のパンチが入る?』で書いていますのでよろしければ御一読ください。

こういうことなので、”手前から寄せなさいよ”、”奥に行ったらだめだよ”ってパットの格言が言われています。下りのパットに比べれば比較的簡単ってことですね。

2打目のパターは上りを打つ!

パターは、上りを打つように心がけることが大事です。とても単純で当たり前のことですが、大事なことだと思います。これを心がけているか否かによって全くスコアが違ってくると思います。

また、パターの1打目に上りを打つ位置にあることよりも、2打目に上りを打つ位置にある方が大事なことだと思います。

1打目が仮に、カップまで5メートルの位置にあったとします。上りであることが望ましいですが、仮に下りであっても仕方がない状況です。問題は、2打目に上りが残るように1打目のパットを打つことです。

 
Sponsored Links

1メートルの上りのパットを確実に沈める!

私は、パターが1ホールに2回打つのが基準になっていると教えてもらったときは、2回でおさまるわけがないと思っていました。

パットを2打でおさめるということは、2打しか打てないということではなく、2打も打つことができると考えるのです。

この2回も打てるという状況をじーーッと考えてみたんです。

『なぜ1回ではなくて2回なのか?1回目はテストで2回目は本番という意味なのだろうか?』

いろいろな自問自答を経て得た答えは、『そうか、2回目こそが重要なのだ。』ということです。

そこで次に、『2回目のパットが最もカップインの確率が高くなる時とはどんなときなのか?』

『まさしく下りではなく上りのパットだ!』

『何メートルまでの上りのパットなら自信をもって沈められるだろうか?』

『(主観)1メートル!』

こうなると、考えはすっきりと整理されてきます。

『1メートルの上りのパットを残すように1打目のパットを打てばよい!そして2打目の1メートルのパットは絶対に沈める!』

捨てなくてはならない見栄

例えば5メートルのパットを1打でカップにねじこもうとすれば、強く打ちすぎて下りのパットが残ると思います。仮に1メートルもオーバーしたなら、きっと「ナイストライ!」と称えられるでしょう。

『届かなければ入らないのがパター!』とか『勇気のあるパットだ!』と。これだけの勇気を見せたのだから2打目のパットは外してもメンツは保たれる・・みたいな。これ見栄ですよね。

逆にショートしたら、『何だその弱気なパットは!』『この意気地なし!』そんな心の声が聞こえてきそうです。でもそんなのどうでもいいじゃないですか。

2打でおさめると決めた以上、確実に2打目をカップに沈めるためには、1メートル以内の上りであることが大前提です。見栄を捨てれば、1メートルの上りを平然と残すことができます。

そして1メートルの上りを平然とカップインさせることができれば、それこそ称えられるべきことです。

1メートルの上りのボギーパットを沈める練習をする

単純なようですが、見栄を捨てることで変わります。何が変わるかっていうと、練習の目標が明確になります。自宅で1メートルのパットを徹底的に練習するようになります。

この1メートルを、これを入れないとダボになるって思って練習します。すると、心にかかるプレッシャーが違います。これを入れなきゃダボになると思って1メートルのパターを自宅で練習している人はどれだけいるでしょうか?

想像してみてください。

自宅で行う1メートルのパット・・・

それは、実戦での上りの1メートルのボギーパット!

こんなイメージで自分に緊張感を持って、自宅のパターマットでひたすら転がすんです。

「千里の道も一歩から」

楽な道はありません。何度も何度も地道な反復練習。これこそが、超プレッシャーのかかるボギーパットを成功に導いてくれるはずです。

「人事を尽くして天命を待つ」

がんばりましょう!!

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように。

 

前の記事:ゴルフのスコアを予測する。自分の実力を分析し100を切るためにコースレイアウトを予習。

Sponsored Links