ゴルフグリップの研究 シーソーのテコの原理をイメージして左手と右手のそれぞれの役割を知る。



ひとつの結論はまた次の疑問を連れてきた!

前回の記事でこのようにしてグリップを作るのがよいのだと思い至ったことを書きました。

スプリットグリップで最もタイヤを押しやすい体勢からはじめて、右手を徐々に左手に近づけていき、オーバーラッピングやインターロッキングなどの通常のグリップになるまで延々とタイヤを押し続けて感覚を左右の手に宿す。

右手がボールに近づけば力は強く伝えられるけれど、その分、スピードが伝えられません。ボーリングの球のように重いボールを飛ばすなら、右手を近づけないと打てないけれど、そんなにゴルフボールは重くありません。軽いゴルフボールにそこまで力を必要としないでしょう。

その代わり、もっとボールを打つ場所(フェース面)のスピードを上げてもらった方がより遠くに飛ばせます。そのためには、逆に右手がボールから左手に近づく方がいいです。

つまり、スプリットの方がボールを押す力が入るけど、それだとヘッドを速く動かすことができないから、少しずつ右手を左手の方に近づけていくんだよってことで右手は左手と同じようなところを持つようになったのだと私は思いました。

下のイメージを見て頂くと想像しやすいと思うのですが、右手は丸太の役割です。左手は女の子が乗っているところに見立てています。男の子はボールのある場所です。

女の子は男の子よりも重くなくてはなりません。そうじゃないとバランスがとれません。支点の位置が真ん中ではないからです。小さな男の子を動かすのに十分な重さが女の子にあればいいのです。


右手が丸太、左手が女の子、をイメージしてグリップを握るとします。支点である右手は動いてはなりません。こう見ると、左手と右手は全く違う働きをしていることがイメージできると思います。言いかえれば一体感を持って握られているオーバーラッピングやインターロッキングだからと言って、全く左手と右手が同じ動きをするわけではないのだ、と。

一見一体感を持っているように右手と左手を重ねて握っているが、全く別の働きをする使命をそれぞれの手は持っているのだ、と。

 

Sponsored Links

テコの原理の支点はどこか?

じゃぁ次の疑問は何なのよ?ってなると思いますが、このシーソーのイメージを元にして言いますと、テコの原理が働いているとしたら、支点である丸太は動いていません。でもこの丸太にあたる部分は、前回の記事のイメージでは、右手のことを意味していました。再度掲載します。

≪前回イメージ≫


上のイメージでは、右手は積極的に動かして、左手は支点として動かさないように話していたと思います。

しかし、シーソーの場合でいえば、右手にあたる丸太が動いていません。

次なる疑問というのは、右手が支点なのか、左手が支点なのか。まさにこのことです。

ほんとにバカみたいな悩みかもしれませんが、イメージして実際のスイングに反映させるとき、どっちのイメージをメインにするかで全くスイングの構成が異なります。

特に右手が支点で左手が力点というは難しいと思います。だって左手を飛ばす方向と反対方向に動かすのは至難の技だからです。インパクトの時に右手を動かさないでいられるなんて、そんなの無理ぃッ!!って叫びたくなります。右手を使いたくて使いたくて仕方がないですもの。

この疑問は、結論が出るのにかなり長い時間がかかっています。しかし、このことに疑問を持ったことで得られたことがあります。

この話についてはまたの機会に。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

 

★追伸:ゴルフが大好きで、とにかくゴルフをうまくなりたい、そう思って試行錯誤を繰り返した記録です。間違ってるかもしれないし、当たってるかもしれません。

大好きなゴルフだからこそ、自分で思ったことを実験し、発見を繰り返しながら成長していけたら素晴らしいと思います。

ゴルフで100を切るために考えたことです。あなたの悩みの解決策のきっかけとなればうれしいです。(#^.^#)

あなたにとって楽しいゴルフライフを。

前の記事:ゴルフ テコの原理を追求! 自宅でタイヤを押し続けて知るインパクトで最も力が入る場所。左手と右手のそれぞれの役割とは?

次の記事:ゴルフ スプリットグリップのテコの原理に近いベースボールグリップ

【ゴルフグリップまとめ】にもどる

Sponsored Links