ゴルフ スプリットグリップのテコの原理に近いベースボールグリップ



テコの原理の次なる疑問

前回の記事『ゴルフグリップの研究 シーソーのテコの原理をイメージして左手と右手のそれぞれの役割を知る。』をお読みいただいた方は、下のシーソーのイラストを見ていただくと、イメージしやすいかと思います。

「右手が支点なのか、左手が支点なのか?」、こんなしょうもないことに悩みました。

解決の糸口として焦点を当てたのが、グリップについてです。

これまでのグリップは、左手と右手の距離を近づけるとどうなのか、遠ざけるとどうなのかについて考えてきました。その結果、ゴルフボールという軽いボールを動かす程度ならば、右手は左手に近づけて握ることが合理的であると分かりました。

その結果、グリップはオーバーラッピングとか、インターロッキングとか、ベースボールグリップで握るのが常識となったと思います。ベースボールグリップは握っているプレーヤーの割合は少ないと思いますが、理屈では十分理にかなっていると私は思います。

むしろ右手と左手が比較的一体となっていないため、シーソーのイメージが出しやすいかもしれません。

 

Sponsored Links

ベースボールグリップとは?

ベースボールグリップは、別名テンフィンガーグリップとも呼ばれます。ベースボールグリップは男子プロでは時松隆光プロがそう握って有名ですが、私の知る限り、日本のツアー選手の中で握っている人はいませんでした。

海外のプロでは、ハンマー打法で有名なモーノーマンという伝説のゴルファーがいました。タイガーウッズも憧れたという話を聞いたことがあります。

オーバーラッピング、インターロッキング、ベースボールグリップ、この内どのグリップがいいのかについては、スプリットグリップからテコの原理を経て考えてきた私の場合、この時点ではおのずとベースボールグリップで握るべし、と答えが出ていました。

 

ベースボールグリップでどスライス

理屈と実際は全く違うというのが分かります。

打ち放し練習場に行ってボールを打ちたくなる衝動に駆られます。当然のように、ドライバーを握り、ベースボールグリップで握ってみます。すると、野球のバットのように振れます。

なんか、いい感じ♪と思いながら、ボールを思いっきり振ると、凄まじいスライスボールが出てしまいました。この日は、何十球打っても、ドライバーはスライスボールが止むことはありませんでした。

一日くらいうまくいかなかったからと言って、諦めたりはしません。連日通って練習し感覚も慣れてきました。最初の内はものすごく違和感がありますので、スプリットグリップでアプローチをしながら、じょじょに両手の間隔を狭めて行く方が良いです。

ウェッジとか、ショートアイアンは慣れてきてそこそこ当たるようになったのですが、ドライバーなどの長いクラブは、どうしてもスライスの曲がりが大きいです。

Sponsored Links

ベースボールグリップのテコの原理とは?

スライスをしないようにと思い、右手をぐるんとすると、ひっかけるような球になってしまいます。

スライスやひっかけと格闘している時、どうして私はベースボールグリップで握ろうと思ったのだろう?という素朴な疑問が沸き起こりました。

『そうだ、テコの原理で右手が支点か、左手が支点かって考えてたんだっけ』

初心に立ち返りました。ひっかけを打ってしまう時は、明らかに右手は支点になっていないことに気付きました。ベースボールグリップで握っている限り右手が支点の理屈は難しい。ベースボールグリップで飛ばしてやろうと右手が力んだ時は、必ず右手が力点になってしまう。

ではその時、左手は支点の役割を果たしているだろうか?この疑問は次なる行動を誘発していきます。

 

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

 

★追伸:ゴルフが大好きで、とにかくゴルフをうまくなりたい、そう思って試行錯誤を繰り返した記録です。間違ってるかもしれないし、当たってるかもしれません。

大好きなゴルフだからこそ、自分で思ったことを実験し、発見を繰り返しながら成長していけたら素晴らしいと思います。

ゴルフで100を切るために考えたことです。あなたの悩みの解決策のきっかけとなればうれしいです。(#^.^#)

あなたにとって楽しいゴルフライフを。

前の記事:ゴルフグリップの研究 シーソーのテコの原理をイメージして左手と右手のそれぞれの役割を知る。

次の記事:右手の強さを抑制してベースボールグリップからスクエアグリップに。

【ゴルフグリップまとめ】にもどる

Sponsored Links