新品のL字パターを打つならこれ。伝説のL字が蘇る。新ウィルソン8802パターの登場。



新しい8802の登場

ウィルソン8802をもう一度打ちたい。でも、もう古くてボロボロで・・・

新品の8802が打ちたいよーっと思っている方には朗報です。

やっぱりウィルソン8802って根強い人気があるんですね。ウィルソン社もおそらくそれを感じているんですね、それで新ウィルソン8802をプロデュースしたのでしょう。

※下記の画像はクリックするとゴルフパートナーのページに飛びます。

Sponsored Links

底の画像


上から見た8802はカッコいいですね。メッキのミラー加減が男前です。8802の文字が大きいです。やっぱり自分は昔の方が見慣れているので、昔の方が好みなのですが、金色で塗られていて慣れたらこれはこれで好きになってしまうでしょうね。

正面からの画像


正面からはこんな感じです。ヒール側にウィルソンのマークが付いていますが、業師を気取ってヒール打ちすると、すこし邪魔になるかもしれませんね。

よーく目をこらすと、ミーリングというんでしょうか、凹凸があります。打面がつるつるしていないですこし模様が付いています。

これは技術の歴史を感じさせます。ボールを打った時に、少しでも接する面積を減らした方がいいということなのですかね。昔のウィルソンはつるつるです。打感が柔らかくなったり、球の転がりが安定したりする効果もあるのでしょうかね。

Sponsored Links

真上からの画像



 真上から見るとこんな感じです。トップブレードの厚みはほぼほぼ昔と変わらない感じですが、何となく違うのかなって思うのは、昔の方が、トップブレードがネック部分は細くてトゥに行くほど少し太くなっているような感じがします。

何となく、昔のウィルソンの方が華奢な感じがするのは、個人的な印象なのかもしれませんが、新しい方のウィルソンは少しタフな印象です。これは好みですね。

後ろからの画像



 もうこのかっこ良さは文句なしですね。まさしくウィルソンです。かっこいい。この一言ですね。

ただ、違いを言うとすれば、ネックの長さが短くなった感じですね。これはネックが長いと高重心、ネックが短いと低重心と言われます。

フェースの上の方に重心があるのか、それとも下の方に重心があるのか、それで打感がどう変わるかと言われると、私にはあまり分かりません。

ただ、もうひとつ、ネックが長いとフェース面が回転しやすく、ネックがが短いと回転しないと言われます。フィギュアスケートで手を広げるとゆっくり回転して、手を体にくっつけると速く回転する理屈と同じで、ネックが長いと体に手をくっつける感じになるので、速く回転することになります。

理屈はそうでしょうが、どのくらい違うかって言われると分かりません。

まとめ

新ウィルソン8802は、昔のウィルソン8802を好きな人にとっては、最も昔の8802に近い新しいパターであるということは言えると思います。

なので、昔の8802を新品のパターで打ちたいという人にとってはかなり朗報だと思います。

今の御時世、L字を握る人は希少です。また、その人の美学を感じます。共感くださる方はぜひお試ししてみてくださいませ。

【ゴルフL字パターの魅力まとめ】にもどる

Sponsored Links