ウィルソン8813とボビージョーンズの名器カラミティジェーンに反応。



パターの名器ウィルソン8813

ウィルソン8813パターは製造されたのが1965年ということなので、これもかなり古いモデルです。このブログでさんざん紹介しているウィルソン8802とすごく似ているパターです。

これウィルソン8802を使っている時に、何となく、こうだったらいいなぁ~って淡く思っていたことをプラスしてくれたパターです。

まず画像をご覧いただければと思いますが、


いかがですか?このパターのセンターに目印がついています。そしてリーディングエッジと並行にも一本溝が付いています。

溝がついていることによって、構えやすくなっています。


フェース面もつるつるです。なんか美しいですね。この形がなんともカッコいいです。8802にそっくりです(*^_^*)

打ってみるとカツッて感じで良い打感です。8802と比べて打感が似ている感じです。また、構えやすい点だけ、8802よりも好きな人は好きだと思います。


近くで見ると、印が溝なのがよくわかります。マークではなくて溝というところも何とも言えずいいです。なんせ色が落ちることはありませんから。

もしかすると、この溝を利用して打感をより良くしようと試みているのかもしれません。そこまでの打感の違いを感じるセンサーは私にはありませんでした。残念。


底面のアップです。シンプルの一言です。
Sponsored Links

ボビージョーンズ?カラミティジェーン?

もう一本紹介します。

それはこのパターです。


スポルディングの『ジョーンズジュニア』というパターです。このパター正直言って聞いたことありません。

グーグル検索で調べたところ、カラミティジェーンと銘のあるパターがたくさん出てきます。カラミティジェーンといって思い浮かぶのは、かの有名な球聖と呼ばれたボビージョーンズです。

もしかしてこのジョーンズとはボビージョーンズのこと?そしたらこれはカラミティジェーンと何か関連があるパターなのか・・・。

そんな思いは、帰ってからネットで調べるまで気付きませんでした。

どうして買わなかったんだー、私!

それにしても見た瞬間ビビッときました。私のL字センサーがかなり反応したのを覚えています。


かっこいいですよね。これかなりアンティークなパターです。ネックが長いんですよね。8802とかは短いのですが、この長いのもまた良いんですよね。ロングアイアンにも似ていて、グリーン上で構えたらまるでアイアンを握っているかのようです。ターフが取れたらもちろん禁止ですが、気持ちいいでしょうね。

追伸

アンティークなクラブは、残念ながら新品では手に入りません。探すには、中古ショップを巡るしかありません。ゴルフパートナーさんは、そんな時頼りになります。

一応リンク貼っておきますので、よろしければ探してみてくださいませ。

新品・中古の在庫数55万本!ゴルフパートナーオンラインショップ

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように(^◇^)!

【ゴルフパターの選び方まとめ】にもどる

Sponsored Links