ゴルフのスクエアグリップの握り方。左手の握り方の中にあるテコの原理とは。



スクエアグリップの握り方をベンホーガンの本から学ぶ

スクエアグリップをどうやって握るか?私がベンホーガンの本で学んだグリップを画像で紹介させていただこうと思います。

このグリップは、何がすごいって、その人なりに握れるってことなんだと思います。

というのは、人それぞれ手の大きさも、指の長さも、手の厚みも違いますよね。

そうなると、第一関節がどうのこうの、手の平を斜めにどうのこうの・・・

いろいろありますが、自分が正しく握れているのかどうか不安になったことがあるかと思います。少なくとも、私は毎回同じように握れている自信はありませんでした。

しかしベンホーガンの本を読んだ時、目から鱗が落ちた感じがしたのです。

Sponsored Links

ベンホーガンのスクエアグリップは左手をこう握る!

左手の握り方がとても特徴的です。というのは、クラブの重さを感じる握り方をはじめて教わったからです。これまでただどのような形の握り方をするべきか、形だけにこだわっていた気がします。

この本を読むまで、ゴルフクラブは、長い棒の形をしており、スイングの最中、掌のどこに力がかかってくるか、そんなことを考えたこともありませんでした。

しかし、この本の左手の手のひらのどの部分にゴルフクラブを当てがって、どの指を支点にしてバランスをとるのか、そのようなことが書かれています。これってすごいことだと思います。

それではその手順です。

これは斜め上から見た画像です。この画像からだと分かりづらいかもしれませんが、絶妙なバランスでクラブを支えています。

この下の画像は真横から見た図です。左手の人差し指が支点で、掌の小指側にある掌に引っかかる場所を作ってそこに当てがいます。この掌の部分が力点になりますでしょうか(支点力点が逆だったらごめんなさい(-_-;))。クラブヘッドが作用点となります。

下の図も斜め上からの図ですが、親指と人差し指で締めて安定させます。

真上から見ると、親指がシャフト上に乗る感じです。今流行りのスクエアグリップでももう少し左の親指は右側にあると思いますが、それからするとかなりウィークな感じがします。

この感じで左手で握ってみるとわかりますが、本当に頼りないです。まったく力が入る気がしません。本当に飛ぶのかな?って感じの不安満タンのグリップです。もちろん最初の内はですが。

これ続けていくと、また別の感覚に成ると思います。

 

頼りないスクエアグリップの形

ベンホーガンのスクエアグリップは、左手の親指は、シャフトの真上に置くようにします。フックグリップってもっと左手の親指がシャフトの右側に沿うようになる感じですよね。

これが真上にくるってことは、今の御時世では、ウィークグリップの部類に入るのではって思うくらい、頼りない感じがします。

こんな頼りないグリップで一体どうやってスイングするのか?これで飛ばすことができるのですから、ゴルフは不思議です。

Sponsored Links

まとめ

さっそく握っていただいた感想はいかがでしょうか?スクエアグリップって思ったよりも不安定で頼りないグリップだと思いませんか?いったいこれでどうやって飛ばすんだ?って思いますよね。

ベンホーガンの時代だから通用したグリップなのでしょうか?今現在でもなお、スクエアグリップを推奨する方や、実際にそう握るプロもいます。

陳清波プロや、森守洋プロをはじめとしてスクエアグリップを良しとしています。あのジャンボ尾崎プロも、画像で見る限りスクエアグリップに握っています。

ベンホーガンはこのスクエアグリップが正解だと信じたわけです。ここにロマンを感じませんか?

 

前の記事:ゴルフ ベンホーガンや陳清波、森守洋プロも奨めるスクエアグリップ。

次の記事:ベンホーガンのアプローチ動画にみるリストの使い方とワッグルの関係

【ゴルフグリップまとめ】にもどる

Sponsored Links