ゴルフ漫画新上ってなンボで知る戸田藤一郎とは?パンチショットの打ち方



パンチショットの生みの親

ゴルフでパンチショットというショットを御存知でしょうか?パンチショットは風に強い時や、正確にボールを打ちたい時などに多用されるショットで、これが打ちたくて堪らないというゴルファーも多いと思います。

『新 上がってなんぼ!!太ーよ泣くな』この本で、パンチショットについて書いているお話があります。私はこの時の話がとても好きで、何度も読み返しました。

概略を話すと、圧倒的なアイアンの飛距離をもつロッカというゴルファーから主人公の太一は、戸田藤一郎という人物を教えられます。その戸田が得意としたショットがパンチショットでした。
Sponsored Links

パンチショットと言えば青木功プロ

このパンチショットを追い求めて戸田藤一郎を研究しようとします。私は、これは漫画の世界の話だろうと思っていたのですが、実際に実在するということがわかり、ぐっと興味が湧きました。

漫画に出てくるロッカという外国人選手のパンチショットを褒めている解説者が青木功にしているところも構成が秀逸です。

パンチショットと言われて、真っ先に浮かぶプロと言えば青木功プロだからです。しかし戸田藤一郎はもっと過去の選手です。青木プロのパンチショットの源流に戸田藤一郎が居るとしたら、いったいどんなショットを打っていたのか、興味が湧きませんか?

パンチショットの本家本元、戸田藤一郎を知る

パンチショットって初心者の人にはかなり憧れのショットではないでしょうか。私はとても憧れました。

向かい風とか、方向性を重視してどうしてもボールを良い位置に置きたいときなど、パンチショットがいいって言われても、いったいどうやったら打てるのか分かりません。

右足寄りにボールを置いて、上からひっぱたくように打つとか、インパクトで終わりにするつもりでフォローはあまりとらないとか。

実際にどうやったら打てるのか、非常に悩みました。私がゴルフを始めた当時は、インターネットが始まったばかりでユーチューブとかはなく、本を読んでイメージして練習場で確かめるという状態でした。

その本家本元のパンチショットの名手が戸田藤一郎という人物であったことを漫画、新上ってなンボで知りました。

一体、戸田藤一郎とはどんな人物で、戸田のパンチショットとはいったいどんなものなんだろう?

この疑問は、長いこと持っていました。それでどんな人物であったのかについては、この本を読んで知りました。


Sponsored Links

戸田のパンチショット動画見つける!

しかしどんなショットをしていたのかは全く見ることはなかったのです。つい最近、偶然動画を発見しました。この動画をアップしていただいていたことに本当感謝申し上げます。この感動をお裾分けしたい、そんな思いから記事にしました。



正面からのアイアンショットの部分があると思いますが、シャフトが垂直に下りてくるように見えませんか。すさまじい右手のためです。しかも、もっと躍動感あふれるボディワークを予想していたのですが、まったく大きな動きがないです。

ボールの一点にエネルギーが注ぎ込まれるような感じです。

なんと美しいスイングでしょうか。

私は今、動画で見られたことに非常に感動しています!

前の記事:ゴルフアプローチのテコの原理。ボブ・トスキが教えるワンレバーとツーレバー

次の記事:ゴルフの凄技、スティンガーショット!低く風の下を通すショット。

Sponsored Links