ベン・ホーガンのアプローチ動画にみるリストの使い方とワッグルの関係



ベン・ホーガンのアプローチ

ゴルフスイングに最も影響を与えたとされるベン・ホーガン。そのベン・ホーガンが書いた本はバイブルとされています。

とくにモダン・ゴルフはとても有名で、とても論理的に書かれていて分かりやすいです。ただ、フルスイングについては書かれていますが、アプローチについてはあまり語られていません。

インターネットでベン・ホーガンにまつわる動画を検索してもフルショットについてはいろいろ紹介されていますが、アプローチについてはあまり出てきません。

ネットサーフィンを繰り返す中、ついに貴重なアプローチの動画を見つけましたので御紹介したいと思います。



 
Sponsored Links

ワッグル自体がアプローチの基本

いかがでしょうか?このわずかな時間の動画ですが、得られるものは貴重ではないでしょうか。

私は、これはワッグルをしているのか、と最初思いました。

ベン・ホーガンは、著書のモダン・ゴルフの中で、ワッグルの重要性を述べています。

そのワッグルはショットを打つためのイメージを作るとともに、インパクト時のリストやクラブフェースの動きを示したものであると。

このことからしても、このワッグルだけでアプローチショットができることになると思いませんか?

そう考えると、ワッグルは、なんとなくショットの前の儀式のような、そんな単純なものではないように思えてくるから不思議です。それ自体が技術なんだと。

インパクト時のリストの形

この小さなショットが大きくなるとフルスイングになるのだと思います。そう考えるとシンプルですし、スイングも一つだけ覚えればすべてその応用というのもイメージできそうです。

しかし、今のアプローチは、ショルダーターンとか、ボディターンとか言われています。このベン・ホーガンのスイングは、動画を見ていただくと分かりますが、リストを主体とするアプローチのように見えます。

今流行のアプローチとかなりイメージが異なるのかなって思うのですがいかがでしょうか。

仮にアプローチとして実戦的に使用しなかったとしても、この手首の使い方を真似することは意味があると思います。

見ていて、とても滑らかですよね。

美しいと感じるものには何か得るものがあるはずです。
Sponsored Links

体が動かないと言うことが安定していること

リストによるアプローチは、安定性に欠けると言われたことがあります。一方ボディターンとかショルダーターンとか、リストを使用しないようにアプローチする方が大きな筋肉を使うから安定すると言われます。

私も最初はそのように感じていましたが、体が動くということは、頭も動きますし、目線もずれます。

体の動きを最小限にして、手首を主体にスイングすることは、逆に安定するのではないでしょうか。

手首は確かに自由に動きます。動きすぎるから悪いという理屈もありますが、どのくらい動きすぎて弊害があるかというと、少なくとも私には分かってはいません。

ショルダーターンで打ってもダフったりトップしたりします。

ならば、やっぱり経験してみるしかありませんよね。笑

しばらくやって見て成果を御報告できればと思います。

 

【ゴルフウェッジまとめ】にもどる

Sponsored Links








2 件のコメント

    • 若山 様
      ブログを書き始めて、初めてこのような嬉しいコメントをいただきました。心から感謝申し上げます。
      これからも書き続けて参ります。どうぞよろしくお願いいたします。