増田康宏、雁木から中飛車に変化。奇妙な囲いで対抗する藤井聡太



順位戦で激突する天才二人

2018年11月20日の順位戦、増田康宏六段対藤井聡太七段との順位戦C級1組の対局です。この将棋をなぜ取りあげたかと申しますと、藤井七段の指し方がとても新感覚と感じたからです。

藤井七段は天才なので、驚くこと自体当たり前なので、新感覚が当たり前でもあるのですが、新感覚の中の新感覚という感じのする指し手だったので記事にしたくなってしまいました。

また、藤井七段の対局相手、増田六段も、新進気鋭の棋士で、雁木で有名です。

矢倉に変わる居飛車の本格戦法として雁木を現代に復活させた棋士です。その感覚も新感覚です。

この対局、増田六段の先手で、雁木が見られるかと思っていましたし、最初の出だしはまさしく雁木でした。しかし、中飛車に変化したのです。その変化に対応する形で藤井七段の指し方が、私にとっては今まで見たこともない駒組みでした。

早速ですが並べていきたいと思います。

Sponsored Links

雁木の出だしから中飛車に変化!

▲7六歩 △8四歩 ▲7八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀
▲6七銀 △4二銀 ▲5六歩 △8五歩 ▲7七角 △7四歩
▲5八飛

この将棋の面白い駆け引きの中で新たな気付きがあったのは、先手雁木には振り飛車への変化の可能性があることです。実戦では、戦法の選択肢はたくさんあった方が、相手の意図を外す意味もあり、有利です。

雁木は、今や矢倉に並ぶ居飛車本格戦法です。しかし、矢倉ともっとも大きく異なる点は、飛車先の歩を△85歩と伸ばされたときに、飛車先の歩の交換を防ぐためには矢倉は▲77銀とあがるのが普通です。そうすると、振り飛車にはしにくいです。

しかし、雁木の場合は、▲77角と備えます。この点が振り飛車への変化を残している分、柔軟です。

実際に、後手が先手雁木に対して矢倉模様で対抗する場合、△42銀と上がるのは普通ですが、先手が振り飛車に変化する可能性がある場合に、早々に△42銀を指すと、先手に振り飛車にされやすいです。

これには理由があって、先手の振り飛車に対して、後手の囲いが穴熊とか左美濃にしにくいからです。△42銀は、どちらの囲いにも対応できない手になっています。

本局も、先手の中飛車に対して、後手はどうやって玉を囲うのでしょうか?

駒の位置を間違えた?

△5四歩 ▲4八玉 △3一金

一瞬、この△31金を見た瞬間、駒を指し間違えた?そんなバカな?

この手を指したのが藤井七段です。天才が指した手は私には理解できません。この手の意味は指し手をすすめて行くとわかるのでしょう。

Sponsored Links

見たこともない囲い

▲3八玉 △4一玉▲2八玉 △3二玉 ▲3八銀 △5三銀右 ▲7八金 △1四歩
▲1六歩 △5二金

この囲い、見たことがありません。私は将棋をはじめて20年以上になりますが、この囲いは見たことがないんです!驚きすぎて二度言ってしまいました。

この囲いには違和感を感じます。まず△52金は浮き駒です。駒の連結をしっかりさせなさい、と教えてくださったのは大山康晴十五世名人です。御存知受けの達人です。その達人が見たら、この連結のない金をどう評価するのでしょうか。

そして次に、玉の下にいる金です。この金、矢倉なら玉と位置が逆です。また、一体何を守っているのかがよくわかりません。△41金でしたら普通の感じです。△52の金に連結していますし。

中飛車で、中央から攻めてこようとする先手に対して、金は王様の影に隠れている印象があります。王様が金を守ってどうするんじゃ~~!って叫びたいくらいです。この思い伝わるでしょうか?

 

4筋の位取りと△31金

▲5九飛 △4四歩 ▲6八角 △4五歩

この位取りも、先ほどの△31金を考えると全く理解ができません。位を取るからには金銀は協力してスクラムを組んで、位に圧力を加えていくものなのではないでしょうか?

私の中にある将棋の常識では、△31の金が前線に参加する意志のない駒であるという印象から、この位取りはちぐはぐに感じられ、一体どうやって威力を発揮していくのだろうか、そんなはなはだミステリーな思いでいっぱいです。

前の記事:藤井聡太の44龍は羽生の52銀と同じくらいの衝撃。渡辺竜王を破る!

次の記事:雁木の増田が中飛車。藤井聡太の巧妙な控え歩。位取りから一転して低い陣形。

棋譜一覧表を表示する

Sponsored Links