ゴルフドライバーの飛距離アップの救世主。高反発ドライバーハヤブサの中古が安い。



ドライバー飛距離を諦めたくない!

私はパターが大好きです。なのでパターが最も興味があります。パターに比べたらドライバーに対する興味は塵ほどあるかどうかというくらい差があります。

しかし、ゴルフ友達とゴルフ談議になると、必ずドライバーについての話がでます。もっと飛ぶドライバーないかな~って。

ドライバーは年齢が高くなるほど飛ばなくなりますよね。で、それを何とか取り返そうとすると道具に頼るしかなくなります。となると、ドライバーってどれが飛ぶのかなって疑問になります。

Sponsored Links

ハヤブサというクラブを御存知ですか?

このクラブはかなり飛ぶと評判なドライバーです。覚えている方もいらっしゃるかと思いますが、2015年11月の産経新聞の記事になりました。他にも『夕刊フジ』『ゴルフ用品GEW』『ゴルフ週刊誌ゴルフダイジェスト』などで紹介されていたようです。

同社によると、平均年齢58歳のゴルファーにこのドライバーを使ってもらい、調査したところ54.1%が「飛距離が10ヤード以上伸びた」と回答した。 高齢化が進み、ゴルフを楽しむ人も年々減少している。同社では「飛距離が伸びれば、再びプレーをしたいと思っている人は多く、こうしたゴルファーの要望に応えたい」と話している。

抜粋引用 産経新聞の「究極の飛び実現 イッティ 高反発ドライバー「HAYABUSA-B」から

 

このドライバーは飛距離を追い求める人におすすめ

ハヤブサは、高反発ドライバーです。よくルール適合ドライバーかどうかって表示があると思います。

これってどんな意味なのか?簡単に説明しますと、このルールは「SLEルール」と呼ばれていて、反発係数が一定の数値以内でないとダメっていう2008年から出たルールです。

反発係数は読んで字の如しでこれが飛距離に影響する数値であるのはお分かりと思います。この数値をハヤブサは超えています。

ルールを違反すると、公式の試合に出ることができません。このドライバーで競技に出ると失格になってしまいます。また、ハンディキャップの申請もできません。

このドライバーはルール違反ではありますが、ゴルフ競技にも出ない、ハンディキャップも申請しないなら高反発ドライバーハヤブサを使うことに何のハードルもありません。

仲間内のゴルフや、コンペなどで使用する分にはなんら問題のないゴルフクラブです。

どんなものかは動画を見ていただく方が早いと思うのでこちらの動画を貼りました。

Sponsored Links

中古クラブとして手頃な価格で出現

このクラブをたまたま、もしかしたら中古で安く売られているのではないかって思ったんです。それでネットで探すとヤフオクでは、5万円台で2件、実際に売られています(2019年4月8日時点)。

過去120日分のヤフオクの落札価格を調べてみると、平均価格は61,485円、ちなみに最低過価格は46,000円、最高価格は79,800円でした。

発売から2019年4月の時点で4年近く経つのに、これだけの価格を維持できていることに注目すべきです。

しかも、実際に試打してから買いたいところでしょうが、6万円出しても買いたいと言う人の中には、仮にダメだったとしてもまたヤフオクとかで売ればいいって思う方もいるんでしょうね。

ゴルフパートナーの安心買取りサービスを利用する

あとは、ゴルフパートナーでも売られているか確認したところ、発見しましたのでリンク載せておきます。ゴルフパートナーで購入するメリットは、安心買取りサービスがある点です。

購入した日に、練習場で打って、「あ、やッぱや~めた」って思った時に、買ったその日に購入店に持ち込めば、税抜き価格の95%で買い取ってもらえます。

例えば7万円(税抜)で購入したとします。すると、66,500円で売ることができるので、3,500円でレンタルできたことになります。

このサービスは、3日以内だと90%、10日以内だと80%で買い取ってもらえるとのことです。なので、先ほどの例で、3日以内のサービス期間で、ラウンドまでして実戦でテストしたあと、63,000円で売ることができて、7,000円でレンタルできたことになります。

これは考え方にもよりますが、7万円もするドライバーを7,000円でテストできるということはかなりすごいことだと思います。

HAYABUSA ドライバー (ゴルフパートナー)

私はドライバーはいくら練習場で打ってもわからないと思っていますので、ラウンドをしてテストしたい派です。なので、私ならば、午前中に購入して、午後スル―か、薄暮プレーでラウンドした後、当日購入店に95%で買い取ってもらうようにします。そうすれば先ほどの7万円の例で行くと、3,500円のレンタル料金になります。結構弾丸スケジュールですね。(-_-;)

それにしても午後スル―や薄暮はやりやすい季節になってきましたね(^◇^)。

 

口コミや評価から分かるドライバーハヤブサの真実

先ほどの反発係数とか、どんな技術上の理屈で飛ぶのかよりも、どれだけの人が飛んだと実感したのかに私は興味がありました。飛ぶドライバーを手にした結果どんな感想を抱いたのか?

一番星オンラインショップ レビューサイト

こちらで『ゴルフドライバー HAYABUSA BEYOND』の口コミレビューがありました。全部で46件のレビューがあります(2019年4月7日時点)

このレビューを見ていておもしろいなって思ったのは、レビューには投稿者の年齢が出てるんですが、30代の人から70代の人までが書いています。

『まだ体力に自信のある30代の人も購入しているのか?』って驚いてよく見てみたら、お父さんのプレゼントのために購入しているようでした。

やっぱり比較的高齢の方が注目しているようです。

特にレビュー評価5をつけた人は25人いました。レビューした方の年齢に注目したところ、

70代: 3人
60代:12人
50代: 7人
40代: 1人
30代: 2人

こんな感じでした。ダントツで60代が多いです。
次に50代が多いです。

やっぱり飛距離に悩む時期が50代から60代なんだと思います。ゴルフってすごいなって思うのは、70代になっても飛距離を追い求める気持ちがあるってところです。

この気持ちこそ若さなんだなって思います。

ジャンボ尾崎さんが好きなんですが、やっぱりそういう気概を持っているところが尊敬できるんです。

口コミもその中身がどうなのかって重要ですが、多くみられたのが、20ヤード以上飛距離が伸びたという意見と、スライスが出にくいという意見でした。20ヤード飛ぶようになったというのはちょっと普通ではありません。

年齢が69歳の方で、キャリーで220ヤード以上飛ばせるようになったというのは驚きです。なぜそんなに飛ぶのかって不思議ですよね。

次にレビュー評価4については、5と同様、飛距離が伸びたという評価が多かったので、レビュー評価3をつけた方が4人いましたが、何と言っているのか?

レビュー評価3って可もなく不可もなくって感じだと思いますが、ところがどっこい、飛距離についてはみんな伸びたと評価しています。どうして3なのか?4か5でも良かったんじゃないかって思う評価でした。

レビュー評価2をつけた人は、5人いましたが、内3件は参考にならないので、2件についてみると、ヘッドスピードが落ちて飛距離が伸びなかったという内容でした。ヘッドが重いというのが原因と感じている方がいらっしゃいました。

このレビュー評価から自分が抽出したことは、295グラム程度のヘッド重量を振ることができる方ならば、今より飛距離は20ヤードくらい伸びる可能性が大きいということです。

まだまだ若いもんには負けないって思う方、ドライバーの飛距離に熱い思いをお持ちの方は、試してみる価値はあると思います。

 

まとめ

ハヤブサに興味を持たれている方には、ゴルフクラブはたいへん高価な買い物になるので、やはりおススメの買い方としては、最初に試打をされることをお勧めしたいです。

しかし、ハヤブサをレンタルしてくれるショップとかを探してもありませんでした。もしかしたらあるのかもしれませんが、私には見つけられなかったです。もし見つけたらアップします。

そこで、ゴルフパートナーの安心買取りサービスを利用してテストしてみることをお勧めします。その上で、気に入ったならば、新品を購入するという流れでどうでしょうか。その方が大けがをしなくて済むと思います。

一応新品のハヤブサの通販サイトのURLを掲載しておきます。参考にしてみてください。
【HAYABUSA】

「最近飛距離が落ちてゴルフが面白くない」なんて思っていて飛ぶドライバーを探している方、若い頃にくらべて、飛距離が落ちてきたけどまだまだ飛距離だけは、誰にも負けたくないって方は試してみる価値ありです。

あなたのゴルフライフが楽しくありますように。(#^.^#)

【ドライバー平均飛距離まとめ】にもどる

Sponsored Links