将棋の勝ち方 駒得は裏切らない 受けつぶすという勝ち方 大山十五世名人の受け将棋から学ぶ



受け将棋の棋士

将棋のプロ棋士の森下卓九段が好きです。

温厚な人柄もさることながら、将棋に対する考え方が好きです。

将棋を指す人の中では攻め将棋の方が多い中、受け将棋です。

受け将棋の魅力を教えてくださったのは、大山康晴15世名人と、森下卓さんだと言っても過言ではありません。

ちなみに森下さんは矢倉でとても有名です。その別の記事『森下卓九段に挑む愛弟子増田康宏五段。矢倉対雁木、居飛車2大戦法の勝負。』に書いていますのでご興味のある方は御一読ください。

大山名人は、自分が将棋をやり始めた頃には、すでにご存命ではなく、書籍でしか知りません。

しかし森下さんは、書籍だけでなく、実際の解説のときなどにいろいろとお話くださいます。

聞いているだけで、穏やかで真面目な人柄が伝わってきます。
Sponsored Links

駒得は裏切らない

受け将棋の本質として自分が痛感したのは、駒得は裏切らないという考え方でした。

駒得とは、歩一枚すら相手より得することは大事なことである、ということです。

最初、歩一枚くらい損したってかまわないって思っている頃、この言葉に出会ったので、かなり序盤の考え方が変わったことを覚えています。

どのようなことかと言いますと、歩を一枚得するということが、相手との差が歩一枚の差に止まらないということです。

例えば、お互いに歩を9枚ずつ持っていて、1枚得すると、自分は10枚になります。相手は当然1枚減るので8枚です。

するとどうでしょうか?相手との差が2枚になります。

一枚の得が一枚にとどまらない。大局観!

そんなこと当たり前だ!!! とお叱りを受けるかもしれませんが、自分は言われて初めて気がつきました。

これが歩ではなく、もし金銀や、飛車、角ならどうでしょうか。

例えば銀はそれぞれ2枚ずつ持っていますが、1枚銀得になったとすれば、持ってる比率は、3対1です。飛車なら2対0です。

圧倒的な戦力差になります。こんな単純なことなのですが、アドバンテージの認識が、大きく変わりませんか?
Sponsored Links

序盤でこそ活きる考え方

自分は、これを考えてから序盤が変わりました。一歩たりとも損しないという考えに変わったことです。これは、とても大きな変化だと自分では思っていて、序盤で大きく崩れることがなくなりました。

具体的には、自分から先に攻める場合、歩を先に突き捨てることから始まると思います。この場合、見方を変えれば、一歩先に損するため、駒損から始まるとも言えます。

つまり先に攻めることがあまりなくなりました。なので相手が先に攻めてきて、それを受けるというスタイルになりました。このことは、一見先行されるので先手必勝の考えからすると損な感じです。

しかし、攻めるということも意外とリスクがあり正しく受け切った場合はチャンスになります。なので、受け切るまでひたすら相手の攻めを受け止めることが多くなりました。

そんなのつまらないって思うかもしれませんが、やってみて勝つとかなり楽しいです。攻めつぶすとは少し異なる快感かもしれませんが、受けつぶすということはかなり楽しいです。

あなたもライバルの攻めを受けつぶして、この快感を味わいましょう!

『受けて潰せ』を決め台詞にしたテレビドラマがありました。別記事『受けつぶせ!盤上のアルファ石橋蓮司演じる真剣師林に大山名人を見た!』に書いていますのでよろしかったらご覧ください。

追伸

大山名人は、今となっては伝説の棋士です。その棋譜も今では、それほど取りあげられていません。偉大な棋士だとは知っているが、棋譜を並べたことはないって方も多くいらっしゃると思います。なので、私なりに『これぞ受けッ』と言える大山名人の棋譜を記事にしてみました。ヘボ将棋ですが、好きこそものの上手なれ、を信じて書いてみましたので温かくお読みくだされば幸いです。

大山康晴十五世名人の積極的な後手矢倉。玉飛接近の祟りを受け切る?

他にも棋譜を並べています。よろしければご覧くださいませ。→棋譜一覧

あなたの将棋ライフがより一層楽しいものでありますように!(^◇^)!

Sponsored Links