ゴルフを再び。キングコブラアイアンとグレッグノーマン。



前記ゴルフドライバーOBとパター大叩きの悲劇からの続きです。

いきなりですが「キングコブラ」と言えばどんなイメージがあなたは浮かびますか?

自分は、キングコブラと言えば強そうなイメージが浮かびます。「負けるとしても俺より強いのはマングースだけだ」。そううそぶく、史上最強な感じが浮かびます。

 

ごめんなさい。ハブと勘違いしてたみたい。(-_-;)

キングコブラはゴルフのメーカーでした。初めてキングコブラはゴルフメーカーだと聞いて、強さをイメージさせるには良い半面、一般的に蛇が苦手である人が多い中、逆にネーミングを間違えたのではいかと思いました。

↑キングコブラ 実物は怖い人も多いと思うのでイラストにしました。

 

強いクラブを持てば強くなるのか?そんな懐疑的な気持ちでクラブの話を先輩から聞いていました。

「このクラブはホワイトシャークの異名を取ったグレッグノーマンという世界的な名プレーヤーが使用していたアイアンなんだ」と熱く語りました。そして「俺は新しいクラブを買うので、お前これを使わないか?」と。

【中古】 グレッグ・ノーマンの「攻撃的ゴルフ」 新・ゴルフ教科書3/グレッグノーマン【著】,ジョージペパー【編集協力】,スポーツ・ライター翻訳グループ【訳】 【中古】afb

価格:198円
(2017/12/19 21:06時点)
感想(0件)

↑グレッグノーマン

 

KING COBRA TOUR OVERSIZE ゴルフ アイアン 3~9 PW SW 9本 セット 【中古】【ベクトル 古着】 171208 ブランド古着ベクトルプレミアム店

価格:2,800円
(2017/12/19 21:08時点)
感想(0件)

↑キングコブラのクラブ。確かこれだと思う。

 

「先輩、僕はゴルフはもう金輪際やりませんのでせっかくのお気持ちですがご辞退申し上げます。」

ときっぱりと自分は返事をしました。

「そうか、分かった。」と先輩。

そんなやりとりをして1週間くらい経ったある日、同じ先輩から「俺のクラブ、使わないか?」と。普通ならしつこいなって思うところでもありますが、わざわざ下取りに出せば、安く新しいクラブを買えたはずなのに、こちらの気持ちが変わるかもしれないと思ってくれたのか、再度声をかけてくれたのでした。

この時自分は、ゴルフクラブがどうかというよりも先輩が声を再度気にしてかけてくれたということに感激しました。

「お気持ちありがとうございます。わかりました。いただきます。少し精進してみようと思います。」

そう言ってもらい受けました。もらったのはいいのですが、家の物置にしまっておき、使用するわけでもありませんでした。

そうして1月くらいしたころでしょうか?父が「このクラブ、お前のか?」と聞いてきました。そうだと答え、ゴルフをやめるといったくだりも一通り話しました。

「よし。俺が教えてやろう」

この親父の言葉が結果として見れば自分がゴルフの泥沼に入っていく第一歩だったのだろうと思います。

前の記事:ゴルフドライバーOBとパター大叩きの悲劇

次の記事:クリエイティブゴルフ パターのアプローチ。パターこそゴルフの基本。

【ゴルフ始めたきっかけまとめ】にもどる

Sponsored Links