手ぶれ補正のゴルフ用レーザー距離計で最も人気なおススメはニコン!



ゴルフ用距離計算機を欲しくなった理由

ショートコースに行っても、本コースに行っても、100ヤード以内の距離って自分の勘でしか距離を測定できないと思いませんか?

100ヤードまでは、150ヤード、200ヤード・・・って、50ヤード刻みでヤード杭が打たれていて、距離を計算できるようになっています。

しかし距離が100ヤードを切ると、そこから先は、たまに50ヤードの表示があったりしますが、ほとんどは自分の目算でショットする距離を決めていると思います。

少なくとも、私は、距離を目算しています。本当はプロのように歩測して距離が分かればいいのですが、そんなことをすればスロープレーで他のプレーヤーに迷惑をかけてしまいますからダメです。

なので、どうやったら100ヤード以内の距離が正確に測れるか?そんなことを疑問に思いつつ、これまで『ヤーデージブックをグーグルアースで自作して、正確な飛距離を把握!』や、『ゴルフ打ち放し練習場の距離を正確に把握してアイアンの精度を高める』について記事を書いてきました。

Sponsored Links

ゴルフルールの改正

しかし、距離を測る道具の使用が可能であるのであれば、そちらの方が便利ですね。最近になって、ゴルフショップでは距離計測器の露出が増えた気がします。

その理由は、2019年からの距離計測器についてのゴルフルールの改正です。新しいルールでは、距離計測器の使用が認められます。

ただし、認められているのは2地点間の距離を測る機能だけだということです。高低差を計測したり方角を示すようなものはダメということです。

距離計の種類

距離計と言ってもいといろ種類があります。代表的なものは、GPSタイプ、レーザータイプですね。

GPSタイプは、本コースの自動カートにも搭載されていて、カートを止めた場所からピンまでの距離や、任意の場所までの距離を表示してくれます。

一方、レーザー式の距離測定器は、照射したレーザーが対象物に反射して返ってくる波長から残り距離を測定するもので正確性が高いのが長所です。プロのキャディさんが使用する距離計はレーザー式がほとんどです。

私が注目しているのはレーザータイプです。レーザータイプの長所は距離が正確であることですが、短所は価格が高いことです。

Sponsored Links

狙い目のレーザー距離計とは

たくさんあるレーザー距離計の中、その価格帯で狙い目はどれでしょうか?

最も人気があると思われるレーザー距離計は、下記の商品だと思います。


Nikon ゴルフ用レーザー距離計 COOLSHOT PRO STABILIZED

こちらの商品は、アマゾンでレビュー数が145件あり、平均評価は4.2点もあります。価格は42,280円します(令和元年5月29日時点)。

レビュー内容から分析してメリットとデメリットをまとめました。

≪メリット≫
・計測の時間がとても速くなってストレスを感じない。
・ポケットにしまえる事が可能で、プレーするときの邪魔にならない。
・手ぶれ補正はすごいです。測定も早いです。
・前方の組との距離が知れるので安全にゴルフが出来る。
・1年前に買ったCOOLSHOT 80i VRから進化しています。
・ボタンを2回押すだけで正確な距離が測れて使いやすいです。
・ゴルフ場によっては距離表示すらも間違っている時があります。
・使用することでスコアが安定しました。
・自分の番手別の飛距離を知ることができた。
・海外のゴルフ場だったのでGPSナビは使えない所があったので役に立った。
・自動計算で登り、打ち下ろしなどの距離が自動計算されるので、いちいち手元で変えなくても良いのは助かります。
・飛距離を知りたいときは振り返りティーグランドを見て測ることができる。

≪デメリット≫
・初めて使用する人だと使いづらいのかもしれませんが、今までのブレながらボタンポチポチを考えると良いと思いますね。GPS式と比べるとかさばり、身に着けるには不便です。
・身に着け易くするなど改良があると助かります。
・手振れ補正機能のせいか電池の持ちが少し悪いように思います。
・コースによって中腹の盛り上がりで目標が測れないのでGPSナビも必要。
・ターゲットを狙ったつもりでも、遠距離ですと距離感が合わないのでGPSと併用し数か所測定することになります。他のものを捉えていることが多々あります。
・市販のカメラ用ポーチを探しても適応するのがありませんでした。

メリットとデメリットのまとめ

以上列記しましたが、総評してみると、デメリットよりもメリットの方が多いです。特に目立ったのは、手ぶれ機能についての進化度です。過去に他のレーザー距離計を購入した人のレビューで、今までの手ぶれ機能から進化したとの意見がありました。しかもその進化の速度が1年で大きく進歩したと好評価でした。

あとは持ち運びの便利さと、操作の手軽さですね。これはプレーファストを考えるととても大事な要素です。リズムが狂ってしまうとプレーもおかしくなってしまいますし。

また、水平距離のみならず、高低差も加味した距離を自動で測る機能も付いているのは凄いですね。公式の場では、水平距離しか認められていませんが、練習する時には、感覚を掴むためにとても有益です。

最後に海外でのゴルフにおいても、レーザー距離計は威力を発揮しますね。GPSでは対応していないコースもあるようですので、場所に捕らわれないで使える利点があります。

次にデメリットですが、身につける時の工夫が必要とのことですね。無くしやすいというのもあると思いますので、これをよく考えておくのは大事なことですね。

本体についてではなかったので列記内容には入れなかったのですが、どうも付属のケースは評判がよくありませんでした。ポーチとかケースについては何とかしてピッタリなものを探しておく必要もあるようです。

あとはホールによってはブラインドになっているところもありますが、ここはGPSの方が勝っているようです。確かにレーザー距離計では目標物が見えない位置にあるので仕方がないです。

最後に、電池のもちですね。手ぶれ補正のためなのか電池があまり持たないとのことです。どのくらい持たないのかという点も気になるところですが、使用頻度にもよると思うので何とも言えません。

追伸

4万円台で今回、レビューが良くて評判のレーザー距離計を調べてみましたが、他にもあるかもしれませんのでもっと調べてみます。私にとっては4万円以上のレーザー距離計はお小遣い的に敷居が高いです。この商品が1年経過したらどのくらいの手頃価格になるのか、進化が凄いということも意見としてあったので待つ価値はあるのかもしれません。

ただ、最初は価格にしり込みしたが、買ってよかった、と満足したレビューもあったので、予算の合う方は検討する価値ありだと思います。

追記

手ぶれ補正という機能付きのこちらの機種にとても興味あって調べていましたが、レーザー距離計を購入しました。購入した機種は、こちらの機種です。詳しくは、別記事『ゴルフ、コスパ良しのレーザー距離計。アマゾンベストセラーは半端ない』と『お手頃価格のゴルフレーザー距離計を本コースで使ってみて気づいた点』に書いています。よろしかったらぜひお読みください。

Sponsored Links