サラリーマンゴルファーにおススメ!安くて良い新品ボールの選び方



サラリーマンゴルファーのボールの選び方

ゴルフボールをどうやって選ぶか?これはとても重要な問題です。

切り口をどこに設定するかによって、変わってきます。低スピンで飛ばしたい、スピンを効かせて寄せたい、打感はしっかりしたものがいい、打感はソフトな方がいい、・・・などなど。

しかし、サラリーマンゴルファーにとって、最も大事な切り口は、ズバリ、コストです。このコストの問題は、ゴルフを継続することすら危うくしてしまうからです。

もしかしたら、ゴルフをする時に、最もコストがかかるのがボール代かもしれません。

そこで質問ですが、あなたはボール1個にいくら掛けますか?

この質問は、お金に困っていない人にはピンと来ないですが、安月給で働くサラリーマンのゴルフ好きにとっては、とても切実な問題なんです。

例えば、1球500円以上のボールを使用すると、ボールを10個無くしたらそれだけで5,000円以上がすっ飛んでいく計算になります。

『ボールに何を求めるか』、にもよりますが、私はゴルフを継続して行くために、100円以下で購入できるボールを追求します。

 

Sponsored Links

新品のボールを使いたい

安いボールなら何でもいいかって言うとそうもいきません。中古のボールなら安いですが、その中にもランクがあって、高いものであれば、ボール一個あたり100円以上するものがけっこうあります。インターネットで注文する時注意するべきなのは、送料も込みで計算する必要があります。

以前、私は中古のボールの中で安いものを見つけると、いろいろネットで買っては試していました。タイトリストのプロV1とか、ランクの高いものでも100円以下のものがあったりして、とても満足でした。

ただ、中古のボールには傷もついています。表面上きれいに汚れはとってありますが、中にはささくれ立った場所が全くないと言いきれないところに一抹の不安があります。

また、状態のいいものは、すぐに売り切れてしまうということもあり、常にアンテナを立てていないといけません。

そういう経験を経て、新品のもので安いボールはないか?といつしか考えるようになりました。

有名ブランドのボールを使いたい

『新品のボールなら何でもいいか?』というと、これまた人によっては拘りが出てきます。なので、なるべくならみんなに知られているゴルフブランドがいいなって思う人もいると思います。

『ボールは何を使っているの?』『○○だよ。』

こんな会話の中で、堂々と話すことができるブランド。

こんなとこにもゴルファーの見栄が。

でもこういう見栄を満たすボールを探すのもゴルフの楽しさの一つだと思います。

そんなボールをたまたま発見して、そして実際にそれを使用してみた感想を書こうと思います。

 

Sponsored Links

ブリジストンツアーステージ s100 24球入 高反発2ピース構造

私が発見したゴルフボールはこれです。

この商品は、2018年7月1日にコストコで発見しました。最初、2,380円と言っても、1ダース(12個入り)でしょ。って感じでボーっと見ていたんですが、『え、2ダース?』って頭ん中がなって、『1球当たりいくらになる?』ってなって、計算したら、なんと、『99.2円』!

これは一体どういうことだ?って思いました。

まぁ、こんな安く売られているボールなんで、そんな良くもないのだろうって思って一度は通り過ぎたんですが、結局は試してみたいという好奇心が勝って買ってしまいました。

 

ボールのスペックは?

この画像は、商品パッケージの裏側に記載されている内容です。特徴が書かれていて、キャッチフレーズが、『飛び・ソフトフィール・スピンを兼ね備えた、オールラウンドモデル』となっています。

推奨ヘッドスピードが、32~48m/Sと幅広いです。アプローチスピンは多くて、フィーリングは非常にソフト。ディスタンス系かスピン系かで区分するならば、スピン系になるのでしょう。

スピン系のボールは、飛距離に熱烈に重きを置く方には、少し二の足を踏むかもしれません。どちらかと言うと、コントロール重視のボールですね。

このボールの発売年は、2012年4月です。ディンプルの数は 330個となっています。

ソフトな打感のボールを打ちたい

私がボールを選ぶ時、パターのフィーリングに合うかどうかが大事だと思っています。パターを打った時、この打感を何回も打ちたいって思わせるボールだと最高だなって思うからです。

その打感を味わおうと、何度もパターでボールを転がしたくなるのも、パターの練習が継続できるかどうかの一つの要素だと思います。パターの練習については『ゴルフ 自宅でパター練習 パターマットの配置を工夫。無意識に継続できる私のパター練習方法。』で書いていますので参考までにどうぞ。

さっそく家に帰ってボールを転がしてみました。感想を一言で言うなら、『柔らかい』です。

ショット時の性能はどうか、これも本コースで何度か使用してみました。

今まで使用していたディスタンス系のボールと比較して飛びもそれほど悪くない印象です。

実際に、ドライバーで打った時の感想ですが、打感が柔らかい、というのが最初に来ます。最も関心の集まる飛距離については、あまり飛ぶという印象はなく普通な感じです。

アイアンで打った感触は柔らかい感じで、プラシーボ効果からか、グリーン上で止まりやすいかもって思います。実際にバックスピンでキュルキュルって感じはありませんが、ほんとに何となくですが、止まりやすい感じがしますね。

アプローチの時は、その柔らかさが如実によくわかります。やっぱりグリーンに近づくにつれて、スイングがゆっくりになりますので、感じやすいのでしょうね。

まとめ

このボールは、結果として打感の柔らかい印象があるものの、総じてみると普通なボールです。しかし、この普通さが凄いと思います。というのは、発売年が2012年ですから、もう7年も経過しています。その中にあって、新品で、しかも1球あたり100円以下で購入できるとなると、稀です。

今までロストボールを使用していた人が、このボールに変えると、新品なので、めちゃくちゃきれいです。その上、無くしたとしても100円しない、とすると、スコアは別にしても、無くした時の金銭的落胆による精神的プレッシャーからはある程度解放されます。

ゴルフは心のスポーツでもありますので、少しでもあらゆる心の負担を減らすことは重要です。このボールはコストコで発見しました。余りに意外なところで発見してしまい、ネットよりも安いとこあるんだって妙に感心してしまいました。

柔らかい打感が好きで、新品のボールを安く欲しい方で、ブランドのボールが良いなって思う方はピッタリだと思います。ぜひコースで試してみてください。もしかしたら長い付き合いになるかもしれませんよ。

 

追伸

ゴルフを愛するゴルファーが少しでも増えてくれたら有難いです。ゴルフはまだまだサラリーマンゴルファーにとっては金額的に敷居が高めのスポーツです。

少しでも安くプレーしたいと思うゴルファーのために、身を持って経験したことを紹介して、少しでも参考になればと思います。

ゴルフをする人が増えないと、産業自体がどんどん小さくなって、一緒にゴルフをする仲間がいないと楽しくなくなってしまいます。そんなの私は嫌です!

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように!(^◇^)

Sponsored Links