ゴルフ 100切り パターは1ホール2打が鉄則。登りの50センチを残して決める!



パターを1ホール当たり2打で上がること!

ゴルフで100を切るために必要なことは何か?これは、下記の記事で詳しく書きました。

ゴルフ100を切るために意識したこと。パターのゲームとショットのゲームに分けて考える!

100を切るために必要なことは何か?再度言わせて頂きます。

「パターを1ホール当たり2打で上がること!」

これです。

何度もしつこく言うようすが、本当にこれが大事なことなのだと思います。色々なコツとか技術とか言われてますが、ものすごく具体的で、最も100を切るために効果的なことだと思います。

Sponsored Links

なぜ具体的なのか?

これはもうその言葉のとおりです。パターを握ったら2回でカップインです。たとえカップまで50cmの距離にアイアンショットが打てたとしても、2回です。

普通、1回で入れようとしますよね。でもそれが意外と落とし穴なんですよね。

例えば、

「あと50センチだ。これを一発で入れれば初のパーだ!絶対に入れなくちゃ。絶対はずしてはダメだ。ダメだ。絶対に入れるんだ。エイッ」

結果は左に引っ掛けた、右に押し出した、強く打ちすぎた、ダフって数センチしか前に進まなかった。

こういうケースで、力んで1メートル以上転がって行ってしまったとき、折り返しのパットが入る確率はかなり少なくなってしまいます。

そうなるとスリーパットが現実になります。こういう罠に、私は何度はまったことか知れません。

短いからと侮ることなかれ!

痛い目を何度も見たので言えることですが、仮にカップまで50cmといっても、いろんな50cmがあるのだということです。

登りの50cm、下りの50cm、真横、斜め上、斜め下それぞれの50cmです。確かに登りの50cmは簡単に思えます。しかし下りの50cmというのは登りの50cmに比べてかなり難易度が増えます。下りの方が超難しいです。

私の場合、単なる下りならまだ間違って入るかもしれないのでいいのですが、これが下りでかつスライスラインの50cmだともうお手上げです。まったく入る気がしません。

こんな場合で、力んでパチンとやったらどうなりますか?

想像するまでもありません。傾斜によっては2メートル以上転がってしまい、結果として登りのパットが残りますが、倍以上の距離が残ってしまいます。こうなると3パットどころか4パットの可能性も出てきます。

なのでどんな距離でもパターを握ったら2パットです。これはもう鉄則にするくらいにした方がいいです。

Sponsored Links

精神安定の効果とアプローチ精度の増加

こうして1ホールにパターを2回と決めたことによる効果的な面は、精神的な面にも及びます。絶対2パットでいいんだと思えば、非常に気が楽です。アプローチを打つ時にも、2パットでよければそんなにピンそばまで打とうとする必要はなく、かなりリラックスして打つことができます。

また、冷静に考えると、パターを登りで打てば2パットで入る確率が上がると言うことなので、登りのパットが残るようにアプローチをすれば良いことになります。

つまりパターを打つ前のアプローチの段階で、狙いがより明確になります。漠然として目印がピンだけというのに比べると、目標ができた分だけかなりアプローチの成功確率は上がると思います。

このように考えて私は、登りの50cmを確実に入れるということを目標としてパターの練習をするようにしています。

そんな簡単な目標でいいの?って言われるかもしれませんが、ドライバーやアイアンをやみくもにやるよりも、はるかに早く100の壁を切れる要素だと私は思います。

経験則でしかありませんが、100を切れなかった原因としてパターの大叩きがあり、パターの正確性が増すまでは100をなかなか切れなかったように思いました。

 

まとめ

1ホール当たりパットを2打で上がるのはかなり重要であるということ。どんなに距離が短いパットでも2打で上がればよいと自分に言い聞かせること。

そうすると、アプローチも精神的にかなり楽になりますし、登りのパットが残るようにすればよいと思えるのでアプローチの狙いが明確になり、かえって寄るようになりました。

ぜひパターの練習をたった50cmの距離でいいので続けてみてください。きっと良い結果が待っていると思いますよ。

【ゴルフ100切り戦略まとめ】私はこうして100を切りました!に戻る

Sponsored Links