完結編。反撃開始!強烈な破壊力で倍返し!鬼より怖い二枚飛車の攻め



馬取りで攻めを催促!

受けの達人と言えば真っ先に思い浮かぶのは、大山康晴十五世名人です。しかしその受けがどれほどのものなのか、御存知の方は少ないのではないでしょうか。その大山流の受けの考え方を学ぶには、攻め将棋の強い棋士との対局を並べるのが一番ではないかと思います。そんな思いから、東海の鬼の異名で恐れられた花村先生との対局を並べていますが、とうとう7回目となりました。

後手は、薄い陣形ですが、先手の攻めを凌ぎ切れるかどうかが勝負の行方を左右します。いまだに先手の攻めは続いていますが、先手は馬取りを掛けられていて、忙しい局面です。大山十五世名人はこのあとどのように先手の攻めを受け切るのか、その辺を学びたいって思います。

一回目は『東海の鬼と呼ばれた棋士の強烈な攻めを受けつぶして勝つ名人の受け!』に、二回目は『将棋、受けて勝つ極意を探す。強烈な攻めの受け方を名人の棋譜に学ぶ』に、三回目は『将棋の守りの駒は美しい。大山十五世名人の守りの金がしずかに動く。』に、四回目は『精神的強さが出る。受けこそ度胸。勇気のある受けを大山流から学ぶ。』に、五回目は『大山康晴十五世名人の受け将棋の極意は、攻め駒を責め続けるのだ!』に、6回目は『将棋受けの極意。馬を詰ます受け!馬を責めながら守る迫力の攻防戦』に書いておりますのでよろしければそちらもお読みください。

前回局面を再度掲載しますね。

Sponsored Links

先手の馬救出大作戦!

▲4九飛 △4八香▲3三歩 △同 桂 ▲4八金 △同銀成 ▲同 飛 △同 馬 ▲4一銀 △同 玉 ▲3三馬

▲49飛車は、馬救出大作戦の続きです。馬取りには馬取りをというところですが、後手の△47馬の位置がずれれば、後手の25の銀を取って馬を助けることができるかもしれません。ごても、馬をただで取らせるわけにはいきませんし、逃げると先手に余裕を与えてしまいそうですので、先手をとって受けたいところです。

そこで△48香車です。▲同金と清算するまでに、先手は▲33歩と王手に打ちました。これを同桂と後手はとりましたが、そのせいか、桂馬の紐が△25銀に紐を付けています。

これは、▲33歩△同桂の交換を入れなければ、最後に、▲25馬と馬を逃げながら25の銀を取ることができたのではと思います。でもそうしなかったのは、銀をとっても急所に馬が居なくなるのでは勝ち目がないということなのだと思います。

▲33歩△同桂の後、▲41銀△同玉と玉を下段に落としたあと、▲33馬と玉に迫ります。先ほど、先手陣内に押し込んできそうなほど圧迫してきた後手玉からは想像できない局面です。

玉の周りには、タダでとられそうな金が一枚いるだけです。さて後手玉ピンチかと思いきや・・・。

 

囲いを再構築

△4二金 ▲4四香 △4三桂 ▲2三馬 △3二銀 ▲2二馬 △3三銀 ▲2三馬 △3二銀

後手玉は、馬取りをかけながら、どんどん自玉の周りに駒を張りつけて行きます。まるで戦いながら城を再構築していくように見えるのは私だけでしょうか。

先手は▲44香車と歩の内側から強烈な一手をはなちますが、後手は丁寧に△43桂馬と受けて、▲23馬の王手に対して、△32銀とがっちり受けます。そしてこの次の手が気付きにくい手なのですが凄い一手です。

それは、▲22馬と入った手に対して、単に△33銀を打つのではなく、一回△33銀と上がって▲23馬と引かせてから、△32銀と打った手です。

単に△33銀と打てば同じだと思いませんか?でも全く違うんです。馬が22の地点に居る時に、△33銀と打つと、▲31金と打つ手が生じます。すると、△51玉と逃げる一手に、▲32馬△同金▲同金で、先手は駒を一枚得します。

せっかく金銀を玉の周りに張り付けて守備を強化しているのに、馬との交換とはいえ、二枚換えは嫌です。なので、先に33銀と上がって、▲23馬とさせてから△32銀と打つ手がすごいのです。

Sponsored Links

後手、待望の反撃!

▲1三馬 △4四飛▲2三歩 △5七馬 ▲4六歩 △同 馬 ▲同 馬 △同 歩 ▲4五歩 △同 飛 ▲7二角 △3五飛
▲2二歩成 △同 銀 ▲4四桂 △3八飛成 ▲5二桂成 △同 金 ▲6八金

▲13馬と引かせてから、悠々先手は△44飛車として、香車をただで取ります。こうなると、先手はもう盤石です。飛車が働いてきたので、あとは、どのように先手陣を攻略するかというところです。

先手は▲23歩と”と金”を作って攻めようとしてきますが、それも間接的に許さないと、△57馬と交換を挑みます。これを取ると無条件に”と金”が57の地点に作られてしまうので、46歩と犠打を打って、馬を46の地点で交換します。”と金”は作らせなくて済んだのですが、先手の13馬が居なくなると、先手もと金を作ることができません。

先手にとっての攻め筋は、▲44桂馬くらいしかありません。そこには飛車と33銀が効いていて全く攻めになりません。なので、その飛車を▲72角としてどかして、▲22歩成として銀の効きを逸らします。

そうしてようやく▲44桂が実現しましたが、後手はもはや自陣ではなく先手陣を攻めつぶすことに方針が転換されています。△38飛車成りがその手です。今まで耐えに耐えてようやく攻撃に専念することができます。本当に長かった冬の時代・・・。

今度は先手が受ける番です。ようやく実現した44桂から金を取り、その金を▲68金と自陣に打ちつけます。今まで攻めに攻めていた先手がはじめて見せた守りの手です。『攻めるは守るなり』。その言葉が示すところは、攻めが途絶えたら守ることもできない、という意味も込められています。

後手、受けつぶす。

△5九飛 ▲6九金 △4九飛成▲8一角成 △5七歩成 ▲4四桂 △6八と ▲5二桂成 △同 玉 ▲6八金直 △3九龍直 ▲6九金 △4七歩成
▲投了
まで170手で後手の勝ち

後手はもう一枚の飛車を投入します。二枚飛車の攻めです。鬼より怖い二枚飛車。攻めの手段としてこれ以上はないと言われる強力な攻めです。それを先手は何とか守ろうとします。しかし、△57歩成りから△47歩成りと二枚の歩に立て続けに成られて、守りの手段も尽き果てました。

投了図からは、△68と、とされて、取る駒がありません。同金寄は、69の金がタダですし、同金上は、△89龍で詰んでしまいます。▲59歩と守る手はありますが、△58歩と合わせられて同歩は”同と”で、やはり取る駒がありません。

投了図を見ると、先手陣は、金銀で固められていて、まだこれから、と見える陣形です。しかし、攻めの手がありません。あとは”と金”をたくさん作られて金銀を剥がされて負けるのが容易に想像できます。

”相手の玉を取るだけが勝ちではない”そんな言葉を言われているように感じるのは私だけでしょうか。

 

まとめ

ふーーーッ、やっと終わった。

170手です。すごい長手数ですよね。しかも驚くべきは、140手くらいまでは、ずっと後手は受け続けていたってことです。攻めてたのは、ほんの30手くらいです。後手の立場になってみてください。これってかなり精神的に疲れると思いませんか?

攻めが好きな人にしてみれば、ずっと100手以上受け続けるって、ストレス大爆発だと思います。いくら受けが好きと言っても、途中で嫌にならないんでしょうか。

しかし、それでも最後に反撃する段になって、攻めに使用した駒が、飛車と歩だけです。とても効率的な攻めですよね。攻めに最も威力を発揮する駒が飛車とすれば、取られても自玉に最も影響の少ない駒が歩ですから、その飛車をバックにと金で攻める後手の反撃は、これ以上ないくらい効率的です。

受けの手は、もう、すごいとしか言いようがありません。特に印象に残っている手は、53に引いた金を△43金と指した手ですね。『将棋の守りの駒は美しい。大山十五世名人の守りの金がしずかに動く。』の記事に詳しく書いてます。なんか、とても美しい感じがしました。

ほんとうにとても学ぶところの多い棋譜でした。

最後までお読みくださりありがとうございました(^◇^)!

追伸

将棋のおもしろさを伝えたい、そんな思いから、少しでも将棋の普及に貢献できれば幸いです。将棋を指して楽しい時間を過ごしましょう!座ってばかりで体を動かしたくなったら、ゴルフがおススメです。ゴルフは息の長いスポーツで将棋ととても似ています。人生を楽しく過ごすのに将棋とゴルフは最高です(^◇^)!

他にも将棋の棋譜を並べていますのでよろしかったらこちらをどうぞ。

 

Sponsored Links