守りの最後の手段、最強の受け入玉を目指す。迫り来る一間龍の恐怖!



大山康晴15世名人の受けを学ぶ

『守るのは攻めるのよりも難しい』そんな言葉が浮かんできます。確かに攻める方は、攻める時期も攻める場所も自由に決めることができますが、守るのは、全ての攻め筋に備えをする必要があります。

なので、受けを鍛えることは、将棋の棋力向上に大きく役立つことと思います。将棋愛好家であれば、大山康晴十五世名人の名前を一度は聞いたことがあると思います。そして大山名人が受けの達人であったことも。

大山名人の棋譜を、特に後手矢倉の棋譜を勉強しています。東海の鬼の異名で恐れられた花村先生との対局で、先手花村先生、後手大山名人です。今回はその6回目です。1回目は『将棋を強くなりたい!受けの基本は大山康晴名人の実戦の棋譜から学ぶ』に、2回目は『将棋名人戦の相矢倉。先手、攻めの理想形対後手、一手前の周到な受け!』に、3回目は『勝負に勝つため、勇気と忍耐が必要な待つことの大切さを歴史に学ぶ!』に、4回目は『金銀4枚の矢倉の陣形!継ぎ歩をどう受ける?激しい矢倉攻城戦始まる!』に、5回目は『将棋の極意とは?受けつぶして勝て!飛車の侵入を許す大胆な受け。』に書いていますのでよろしかったらそちらもお読みください。

前回の局面を再度掲載します。

前回記事では、先手と後手、どちらを持ちたいですか?って問いをしましたが、龍を作った先手が良いのか、角を1枚得している後手が良いのか、正直分からない局面です。実戦ならば先手を持った方が勝ちやすいのではないでしょうか。

Sponsored Links

入玉は最強の受け

後手は龍をつくられた以上、自陣で受け切るのは難しく、攻め合うのも飛車が攻めに効かない場所にあるので難しい・・・。そんな状況で取りうる手段は、ズバリ『入玉』です。

『入玉』とは、相手の陣地に玉を入れてしまうことです。

入玉は実は最強の受けだと思います。と言うのは、将棋の駒には前に進む駒は多くても、後ろに進む駒は少ないです。歩、香車、桂馬は後ろには行けません。また一番接近戦に強い駒である金ですら、後ろには1方向しか進めません。

ということは、入玉してしまえば、攻めてくる駒は少ししかいないということです。

なので、後手の狙いは『入玉』です。この入玉、相矢倉の場合に出現しやすいです。矢倉が戦う囲いであるというのはそういう意味だと思っています。

『そんなに攻めてくるなら、攻撃陣そのものを玉自ら粉砕してしまおう』

そういう心意気です。

こういう気風の良さは雁木にはないところだと思います。矢倉の魅力の一つは、『入玉』です。

中段玉寄せにくし

△4六歩 ▲3七桂 △2四歩 ▲3二龍 △3三銀打 ▲4五桂 △同 金 ▲2三銀 △3五玉

ここに来て、先手の47の金が輝きを増してきます。48に打った歩が、47の金を支えてまるで命綱のようです。反面、後手にしてみれば、この金をどかさないと入玉が難しいです。なので後手は△46歩とこの金に働きかけます。

先手は▲37桂馬ですが、この桂は、詰めろです。ここで金を△47歩成と取ってしまうと、▲32龍△33銀▲25金で詰んでしまいます。

なので後手は△24歩とその筋を防ぎます。先手は▲32龍と王手を掛けました。この手に対して後手はがっちりと△33銀打ちと守ります。この辺の堅い守りも参考になるところです。一見73の飛車が遠く33銀を守っているので、別に打つ必要はないのかなって思ったのですが、ここは打つ方が手堅いのでしょう。

もし打たないと、▲23銀ではなく▲43銀からの王手に△同飛車となった時、飛車を取られる変化がありそうです。そう考えると仮にお互いに入玉になった時に、駒数の計算に影響してくることも考えてのことかなって思いました。

なので、余分な変化を減らして▲23銀に限定する意味も含めての△33銀打ちだったと理解しています。それ以上は私の棋力では分かりません。

先手は▲45桂馬と跳ねて、銀を取り、すかさず▲23銀と打ちこみました。後手は△35玉と逃げました。とても不安定な玉です。

 

Sponsored Links

一間龍

▲3六歩 △同 金 ▲3四銀成 △同 銀 ▲3六金 △同 玉 ▲3四龍

先手は巧妙な手順で、後手の73の飛車が敷いた防衛ラインをすりぬけてきます。後手の42の銀も取り残されています。

▲36歩△同金とさせておいてからの▲34銀成が絶妙です。取られそうな先手の47の金が持ち駒に変わりました。龍も後手玉の追撃に威力を発揮しています。

『一間龍』というのは、王様を詰ますときの、必殺の形です。この形になると、余命いかばかりか、といった心境になります。

しかし、『一間龍』にも、龍と玉の位置関係によって厳しさも異なります。例えば玉が1段目に落とされて、3段目に龍がいる場合の『一間龍』の形は超厳しいです。

ただ、龍に追われているのは変わりなく、追われている方は気が気でないです。本当に後手玉は助かっているのか、自分が後手で実際に対局者の立場であれば、不安で仕方がないところです。

戦意を喪失させる究極の受け『入玉』。ついに完結!受けつぶしの図。』に続く。

追伸

将棋のおもしろさを伝えたい、そんな思いから、少しでも将棋の普及に貢献できれば幸いです。将棋を指して楽しい時間を過ごしましょう!座ってばかりで体を動かしたくなったら、ゴルフがおススメです。ゴルフは息の長いスポーツで将棋ととても似ています。人生を楽しく過ごすのに将棋とゴルフは最高です(^◇^)!

他にも将棋の棋譜を並べていますのでよろしかったらこちらをどうぞ。

Sponsored Links