l字パター 名器 ウイルソン8802との出会い 諦めないで探し続けたベンクレンショーの名器



パターを選ぶ楽しさ

『ゴルフ パターだけでショートコースを回ってみてパターの凄さを知る』からの続きです。

自分の最低限の実力を知る時に役に立つと思われる実験の話をしました。どんな難しいコースでも、メジャーコースでない限り、パター一本に頼れば、どれだけスコアが嵩んでもボールを無くさず帰ってこれる自信がつくということを身をもって知りました。

そのショートコースで実験するにあたり、『どんなパターを使うか』ということが楽しいテーマとなりました。パターを選ぶということがこれほど楽しいことなのか、とパターを探しているとき、時間が尽きませんでした。

インターネットでネットサーフィンしながら探して、いつの間にか深夜。あとは、ゴルフパートナーやゴルフドゥ、ゴルフ5などのゴルフショップなどを徘徊しました。いつも見るのはパターコーナーばかり。ドライバーや他のクラブには目移りしませんでした。

 

Sponsored Links

ウィルソン8802 L字パターのシンプルさに惚れた!

不思議とパターもツーボール、マレット、ピンパターには目がいきませんでした。L字パターとか青木功プロが使用して有名になったサイレントポンに代表されるキャッシュインタイプのパター。この二つがかなり自分の中で印象的でした。

いつしかL字型のパターを探していました。

ウィルソンの8802というパターを知ってからです。このパターはL字の名器とされていて、復刻版も多く出ています。なぜそれほど名器と騒がれるのか、そんな疑問から調べると、一人のパターの名手の名前に行き当たりました。

ベストパタープレーヤー、ベンクレンショーにあやかる

その人の名前はベンクレンショーといいます。全米で最もパターがうまいと言われた人です。クレンショーのパターは父親から15歳の時にもらったものだと言われています。しかもそのパターを一生使い続けるといったほどです。ベンクレンショーの話をすると、とても終わらなくなってしまうので別の記事に書こうと思います。

クレンショーのパターに強く魅かれ、一度でいいから実物を打ってみたい、そんな気持ちが日を増すごとに高まり、捜索作業にどんどんのめり込みました。

 

Sponsored Links

運命的な出会い

8802にはなかなか出会うことができませんでした。実物を打つためには、中古のクラブが置いてある場所が一番確率が高いと思い、ゴルフショップのみならず、リサイクルショップなども何かのついでに覗くようになりました。

探している時は見つからない、とはよく言われることですが、全く出会うことがなく、どうしようもない気持ちでいたところ、何気なくゴルフパートナーをのぞいてみると、あるではないですか!

この時の感動はとてつもなく大きかったです。

おおおおおぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーって叫びたくなる気持ちを必死に耐えました。

【ゴルフL字パターの魅力まとめ】にもどる

Sponsored Links