銀は引く手に好手あり!両取りをわざとかけさせて、自陣角を打つ!



玉が堅いと攻めが強烈

将棋の本質は攻めか受けか?本当はどちらもなんだと思いますが、どうしてもどちらかに偏ってしまいますよね。私も受けは下手です。

受けの手は地味ですが、受けに強くなると、終盤になるにつれて、相手の玉と自分の玉を比較した時、自分の玉の方が強くなっているはずです。

自分の玉の方が堅いと、同じように攻めた時、相手よりも長持ちするのは道理ですよね。前回の局面は、ようやく後手が反撃を繰り出す局面になったところです。

大山康晴十五世名人の後手矢倉を勉強しています。なぜ大山名人なのか?なぜ後手矢倉なのか?これについては、第1回目の記事『将棋の受けを学ぶ!函館の天才と呼ばれた羽生の師匠が名人を攻める!』に、第2回目の記事は『飛車を守るのも受けの一つ。金を上がらないバランスの良い陣形がよい』に書いておりますのでよろしければお読みください。

さて、早速ですが、前回の棋譜を再掲載します。

Sponsored Links

彼我の陣形の差

▲6八飛 △7六歩 ▲8二角成 △5三銀 ▲4四歩

いよいよ後手は反撃を開始しました。△75歩と突いた局面をあらためてよく見てみると、先手と後手の陣形の違いが大きいことに気付くと思います。守りのバロメーターである金駒だけを見ると、先手の守りは金一枚です。対して後手は、金銀四枚で守っています。

こうなると、後手の攻めが仮に歩だけの攻めであってもものすごく響きが大きいことに気付くと思います。この△75歩は取っても取らなくても嫌な歩です。

この歩をほっておいて先手は▲68飛車としました。対して後手はかまわず△76歩と取りこみます。この取りこむ手がものすごく大きな一手に見えるのは私だけでしょうか?

先手は▲82角成としましたが、これは、▲72馬から飛車をいじめつつ、▲63歩成を狙った手と思います。

凄い一手!銀は引く手に好手あり!

後手は、△53銀と引きました。この手が凄いと思った一手です。だって▲45桂馬と両取りをかけられてしまいます。わざわざ銀桂交換の駒損になるように銀を引いているのです。

この手をよくよく読みとけば、後手としては、持ち駒が欲しいわけですから、自陣を守っている駒を敵の桂馬と交換して攻めに活用したいという狙いがあるのだと思います。しかも、△44角という強烈な自陣角を狙っています。

44に角を打たれたら、先手に上手い手が無ければ、△77銀から一気に寄せられてしまいます。この角打ちだけは何としても先手は避けなければならないと直感的に思いました。それだけ厳しい一手だと思います。

そこで▲44歩が『敵の打ちたいところに打て』を地で行く好手だと思いました。後手はこの歩をなんで取っても、逆に取らなくても△44角は打てません。

 

Sponsored Links

金は斜めに誘え

△同銀左 ▲7五桂 △6七歩 ▲同 金

後手は同銀左と取りました。右辺に防備を厚くしています。後手の守りの堅いこと。先手は▲75桂馬と執拗に6筋を狙います。

しかし、再度△67歩と飛車頭に打たれた歩が厳しいです。6筋に圧力をかけていた飛車であるはずなのに、▲67同飛車と取ることができません。

もし取れば、△58銀と飛車金両取りを掛けられてしまいます。なので▲67同金とするほかありません。しかし、そうなると6筋への圧力が消えていってしまいます。

また、▲78の金が斜めに誘われた形になっています。金は斜めに動くと元の位置に戻るのに2手掛かります。78の位置は守備位置としてベストな位置でしたから、この位置からたった1歩で離されて、陣形を弱体化されてしまったことになります。

攻防一体となっているので分ける意味もないのでしょうが、あえて言うならば、この手も攻めの一手というよりも受けの一手という方が当たっている気がします。

将棋の勉強 守りの手は難しい。受けから攻めスピードギャップが魅力』に続く。

追伸

将棋のおもしろさを伝えたい、そんな思いから、少しでも将棋の普及に貢献できれば幸いです。将棋を指して楽しい時間を過ごしましょう!座ってばかりで体を動かしたくなったら、ゴルフがおススメです。ゴルフは息の長いスポーツで将棋ととても似ています。人生を楽しく過ごすのに将棋とゴルフは最高です(^◇^)!

他にも将棋の棋譜を並べていますのでよろしかったらこちらをどうぞ。

Sponsored Links