中段玉は寄せにくい!空中要塞の攻略方法。将棋、攻めと受けの呼吸!



将棋の受けの勉強

受け将棋を勉強しています。実戦で成果が出るかどうかは別として、棋譜を並べて、ああでもない、こうでもないって好き勝手に空想していくのは楽しいです。

受け将棋の勉強の教材は、大山康晴十五世名人の棋譜です。棋譜といっても膨大な数なので、そこからどういう棋譜を選ぶかというのも大事です。やはりこれどうやって受けたらいいんだ?って悩む局面が出現しやすい将棋がいいですよね。

私の経験上、後手矢倉なんです。先手に攻め込まれてどうしようもなくなる局面。気付いたら受けてばかりで、反撃することもなく負けるという・・・。負けて悔しい将棋の典型です。

大山名人は、振り飛車の大家です。後手矢倉など指すのだろうか?そう疑問に思われる方もいらっしゃると思います。それがけっこうあるんです。

さて、灘蓮照先生との将棋も今回で第五回目に入ります。第一回目は『将棋の受けは難しい。頭は将棋、体はゴルフ。奥が深くて学びが多い!』に、第二回目は『将棋から学ぶこと。『待つこと』の重要性。懐の大きさを感じる一手。』に、第三回目は『受けの極意とは。攻めてから一転して逃げる。前もって逃げ道をつくる』に、第四回目は『受け将棋の実戦の技術。細かな手の積み重ねが玉の堅さとして終盤の差』に書いていますので、こちらから読んでいただけるとここまでの流れが分かると思います。

前回の局面を再度掲載します。

Sponsored Links

決めるだけ決める攻め

△7八角成 ▲6三馬 △6七銀 ▲4九玉 △6九馬 ▲7七金 △5八金 ▲3八玉 △5七金 ▲6七金 △4七馬 ▲2七玉 △1五桂▲1六玉 △3六馬 ▲3八銀 △6七金

△78角成は、次の67銀の王手金取りが見えているので、▲63馬として、71飛車の効きを通し、▲76金に紐をつけます。この後、▲49玉と28の飛車の効きを通しながら逃げていきます。

後手も、一歩ずつ先手玉との間合いを詰めていきます。先手が、▲77金と引いて△67銀を取りますよ、と、遊んでいた金を受けに活用した局面です。

ここで後手は△58金から王手をして、後手の最後の金駒で、守りの駒である▲57銀を剥がします。そこで先手も▲67金と後手の銀を取り、金駒を補充します。

ここで駒得に目がくらんで、すぐに同金としてしまったらダメなんですね。金が57の位置にあるうちに、決めるだけ決めておくという感覚。

△47馬▲27玉△15桂▲16玉△36馬(詰めろ)▲38銀。

ここまで決めておいて、△67金と▲67金を取る。これがものすごく大事な呼吸なんだと思います。

中断玉寄せにくし!空中要塞

ここまで決められたら、先手はもう攻めるしか選択肢がありません。しかし、先手玉の形は、どうやって寄せればいいか良く分からない形をしています。まるで空中要塞のような印象の図です。

飛車がよく守りに効いていて、玉が桂馬の懐に飛びこんだ形は寄せずらいです。『中断玉寄せにくし』という格言がありますが、まさにそれです。

しかも、先手の玉に王手をするためには、27の地点に銀を打つことになりますが、現時点では寄せきれません。

灘先生は、攻められながらも、玉を安全な場所に置いて、最後の反撃の一呼吸を得るところまで局面を動かしてきたのですね。

 

Sponsored Links

最後の受け。受け潰しの一手

▲5五桂 △5三金寄 ▲4一飛成 △同 金 ▲2三香成 △同 玉 ▲4一馬 △3二銀
▲3一馬 △2四歩

先手待望の反撃です。手始めに▲55桂馬です。一見ただのようですが、取ったら大変です。いきなり△36馬が取られてしまいます。▲63馬が遠く効いているのですね。

後手は△53金と馬にあてて受けます。ここで後手が馬を逃げると、逃げ場所によっては55の桂馬を取られてしまいますので、先手は、▲41飛車成~▲23香成まで激しく攻め込みます。

▲41馬の王手に対して、馬取りの先手で△32銀と受けます。ここで継続手があれば良いのですが、金と香車の持ち駒では寄る手がありません。

なので、▲31馬と一旦小休止します。

ここで、後手の一手がすごい手ですね。△24歩。受け潰しの一手です。

王手をしないで勝つ

▲3七銀 △3八飛 ▲投了  まで106手で後手の勝ち。

先ほどの後手の△24歩が受け潰しの一手だと書きました。『○○の一手』とか表現すると、すごくかっこいい手、派手な手を連想すると思いますが、この△24歩は地味な手です。

地味すぎてどうしようもないです。でもかっこいいですね。まさに相手の心を折る一手だと思います。

この△24歩に対して、仮に攻めに行くとすれば、▲25歩と打っていくのでしょう。

△25同歩なら▲24歩とします。これにうっかり△24同銀とすると、すかさず▲22金と打たれて詰んでしまいます。

なので△24同玉と取って何でもありません。▲32馬と△32銀が取られてしまいますが、その瞬間、先手玉は△26金から詰みます。

なので、攻めるわけにいかず、強力な後手の馬に働きかけて▲37銀です。この馬取りに対して、△38飛車と打った手が鮮やかな一手でした。この一手によって、先手はどうしようもなく投了です。

投了図以下、▲38飛車と飛車を取ると、△27銀▲15玉△14金で詰みます。▲36銀と馬を取ると、△同飛車成とした手が、△25金、あるいは△27銀▲同飛車△同龍▲15玉△14金までの詰みです。

まとめ

五回にわたって大山名人と灘先生の将棋を勉強してきましたが、受け将棋はとても難しいという感想です。

何が難しいかと言えば、スピード感でしょうか。相手に手を渡すという呼吸が随所に出てきます。手を渡したら、次に自分が攻められる可能性が大なんですよね。相手の攻めを受け止められるという裏付けがあるから、一呼吸おけるのだと思います。

相手に攻められると、もしかしたら寄せきられてしまうのではないかと思ったり、実際に相手の攻めが繋がってしまったりして反撃の手番が戻ってこないというケースがあります。

相手が攻めてきたとしても、せいぜいこのあたりで小休止が入るのではないか?そんな大局観のようなものが必要になってくる気がします。

この小休止がどのあたりで入るのか、それを見極めることが大事なのかもしれません。

とてつもなく大きな山を登っているようですが、登り甲斐がありますね。将棋を一生の趣味とするならば、山を生涯かけてどのくらい登れるのか、それは大きな生きがいにもつながる気がします。

精進します!

追伸

将棋を指してばかりだと、体がなまってしまいます。頭を動かすのが将棋なら、体を動かすのにゴルフをお勧めします。

両方とも、年をとっても長くできますし、奥が深いので、飽きることがありません。何より、学びがあります。

将棋の棋譜並べは、『将棋の目次』に書いてありますのでご興味のある方はぜひどうぞ。

またゴルフについては、『ゴルフの目次』に書いてありますのでどうぞ。

あなたの人生が楽しいものでありますように!(^◇^)!

Sponsored Links