人生には三つの坂がある。決断を後悔しない。これも転機の一つなり。



スコッティキャメロンのピンパターを衝動買い

スコッティキャメロンを衝動買いしてしまってからというもの、しばらくの間、キャメロンを実戦で使おうって気にはなりませんでした。L字パターをメインで使用しながら、気分転換が必要なときにでもスコッティキャメロンを使えばいいかなって思ってました。

買った直後は、”どうして買ってしまたったのか?”そんな後悔と自責の念にかられていました。

なんか、逆転していますよね。中古ショップで買ったボロボロのウィルソン8802のL字パターをメインにして、新品で購入したスコッティキャメロンがサブなんて(笑)。

8802との出会いについては『l字パター 名器 ウイルソン8802との出会い 諦めないで探し続けたベンクレンショーの名器』で書いていますのでよろしければご覧くださいませ。

パターに対する好悪の情は、価格ではないのだと思います。どれだけそのパターに愛着があるかというところだと思います。なのでなおさら、なぜスコッティキャメロンを買ったのか、自分でも理解に苦しみます。

自分を責めても仕方がありません。衝動買いがどうして起きたのか?起きるべくして起こったんです。ふんぎりを付けてくれたのが、この言葉でした。

Sponsored Links

人生には三つの坂がある

子供のころ、親戚のおばちゃんから教わったことがあります。

おばちゃん『人生には、3つの坂があるんだよ。一つは何だかわかるかい?』

幼いマック『わかるよ、上り坂でしょ。』

おばちゃん『正解。じゃ、もう一つは?』

幼いマック『わかるよ、下り坂。』

おばちゃん『正解。よくわかったね~。』

・・・・

幼いマック『え、終わり?もう1こはどうした?教えて~。』

おばちゃん『それはね、・・・・まさか、だよ。』

・・・・・

幼いマック『あ~~ッ。そっち?』

どっちだかわかりませんが、こんな感じの対話がありました。

そうなんです。人生には『まさか』という坂があるんです。『まさかそんなことはないだろう』の『まさか』です。

まさかスコッティキャメロンを衝動買いするなんて・・・

 

スコッティキャメロンのピンパターも名器である

『まさか』はどうしても人生に起こるのであれば、それをプラスに変えるかマイナスに変えるかは自分次第です。

ピン型パターを衝動買いした理由に、タイガーウッズへの憧れがあったという話は『強いタイガーウッズを支えたパターはスコッティキャメロンのピン型!』にも書きました。

テレビで見るゴルフツアーでは、ほとんどのトッププレーヤーでL字パターを使用している人はいません。趣味のゴルフ友達の間でもそうでした。

なぜL字パターを打つ人がいないのか?L字パターは入らないからだ。L字パターは難しいからだ。こんな意見が大勢を占めます。

次第に『このスコッティキャメロンのピンパターを打ちこなせるようになったら、違った景色が見えるのだろうか?』そんな気持ちがもたげてきたのです。

Sponsored Links

追伸

長年親しんだウィルソン8802のL字パターからスコッティキャメロンのピンパターにエースパターを切り替えようか迷った時のことを書いています。

ほんと、どうでもいいようなことですが、このあたり共感してくださる方もいらっしゃるのでは、との思いから記事にしました。

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように!(^◇^)!

 

【ゴルフキャメロンピンパターの教え】L字パターに比べてピンパターのよい点に戻る

Sponsored Links