『タップ式』か『ストローク式』かパットの打ち方を決める



パターの打ち方に悩む

パターにはほんと悩まされてばかりです。どうしてこんなに難しいのかって思います。ただ転がしてカップに入れるだけなのに。

共感してくださる方は多いのではないでしょうか?

パットの打ち方にそもそも悩んでいる理由は、余計な情報ではないかなって今は思っています。

というのは、いろんな理屈がたくさん出回っていて、どれも正しいって思えてしまいますが、全ての理屈が合わさるとどうしても矛盾が生じると思います。
Sponsored Links

タップ式かストローク式かで大きく変わる

例えば、届かなければ入らない。大体40センチ以上オーバーさせるくらいがちょうどいいって言われます。

これと矛盾していると思うのは、カップの当たりでちょうど止まるボールの方が、カップを通り越してもカップ周りの状況によってカップの後ろからも入る可能性が出るから、そっちの方がいいと言われるものです。

いかがですか?どちらかを優先するとどちらかは出来なくなりますよね。でもどちらも間違っていないと思うんです。どうにかしてこの矛盾を解決したいって思いました。

タップ式と言えば青木功プロ

解決の糸口として仮説を立てました。元々の入り口が違うのではないかって考えました。『パットに型なし』と言われますので、全てが自由だと思ってしまいますが、実は、打ち方に二種類があることを御存知でしょうか?

『タップ式』と『ストローク式』です。

『タップ式』とは、青木功プロのようなスタイルのパットです。手首を使ってパチンと打つ感じです。パチンと打つことによって、芝目がどうであれ関係なく、ボールの勢いでカップインを狙います。



高麗グリーンなど、芝目の強いグリーンでは、芝の影響を減らすために、インパクトではじくように打てばボールは直線的になります。
Sponsored Links

ストローク式と言えば宮里藍プロ

『ストローク式』は、宮里藍プロのような、ボールの転がりを重視した打ち方です。パチンと打つのではなく、アッパーブローでボールに回転を与えるようにストロークします。まさに打つというより回転を与えて転がすという感じです。


打ち方をまず決めてみる

タップ式は、パチンと打ちます。インパクトのあるパットです。この打ち方では私はダメだと思いました。

なぜならパチンとかカツンっと音を立てて打つと、私の場合は、パンチが入ってしまってどうしようも無くなります。この打ち方が素晴らしいのは分かるのですが、トラウマのようになっているところがあります。

散々悩んだ話は『ゴルフ 地道な自宅のパター練習が教えるミスの原因。右手のパンチが入る?』の記事に書きました。

なのでストローク式で頑張ってみようと思っています。このように決めたら、パチンって打たなくてもいいと思えます。

また、ストローク式だと、カップを超えて打たなくてはならないって思いよりも、カップちょうどで止まる感じのイメージが付きやすい気がしています。

追伸

ウィルソン8802のL字パターを使用していると、ストローク式というよりも、タップ式の方がイメージにピッタリ合ってました。

というのも、『ゴルフ パターもアイアンと一緒。ダウンブローに打ってターフを取るのだ!!』の記事でかきましたが、アイアンの延長線上で考えていたからです。

人生には三つの坂がある。自分を責めないで。これも転機の一つなり。』の記事で書きましたがキャメロンに変えたことから、少しは、そのイメージを変えることができるかもしれません。

キャメロンに変えてストローク式で実験中です。L字パターとしばしお別れです。(-_-;)

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように!(^◇^)!

 

【パット打ち方まとめ】にもどる

Sponsored Links