パターの形状を比較すると好みが分かる!L字パターとピン型パター



アドレスが違うことを前提にパターを比較する

パターはアドレスの違いで大きく異なるという話を『タイガーウッズとジャックニクラウスのアドレスの違いがパターの違い』で書きました。

実際にアドレスを全く同じにしてパターを構えられればいいのでしょうが、パターの持つ雰囲気とか形状で、アドレスの形って無意識に変わってしまう気がします。

なので、アドレスを変えるのが嫌だと言う人は、アドレスを変えずに打てるパターを選べばいいのではと思います。

ま、私の場合衝動買いなので仕方がないですが、まったくアドレスのことなんて考えずに買ってしまいました。アハハ(笑)

Sponsored Links

全く違うパター

それにしても、アドレスを同じに打つのは、シャフトの長さも、ヘッドの形もL字パター(ウィルソン8802、以下8802と書)とピンパター(スコッティキャメロンスタジオセレクトニューポート2、以下キャメロンと書)ではまったく違うので、難しいです。

ヘッドが違うことで特徴的なのは、ヘッドの真ん中に引かれている『サイトライン』です。サイトラインは、ボールをパターの芯に当てるために、その目印となるラインのことです。キャメロンはありますが、8802にはありません。

サイトラインの意味

サイトラインには好みがあります。サイトラインが引かれている方がいいのか、それとも引かれていない方がいいのか。

これは、サイトラインがある方が安心すると言う人もいれば、そのサイトラインにとらわれてしまってダメっていう人もいるようです。

8802には引いてありませんが、この引いていない理由は、もしかしたら、『とらわれないように』という意味だったのかもしれません。私は、パターにサイトラインが引かれるのは後の時代に発明された方法だったのでは、と思っていました。すみません。(-_-;)

Sponsored Links

曲線と直線の違い

そんなことから8802の弱点の一つは、サイトラインが無いことだとずっと思っていました。サイトラインがあれば、いつも同じ位置でヒットしやすくなるのにな、との思いがあったからです。

なので、キャメロンのパターを構えた時、とても画一的で、定規のようなイメージがしました。キャメロンの形状が、ネックの形は鍵状になっており、直角が多いというのもそのイメージを掻き立てました。

8802は、丸みがあって曲線が美しく、定規のような感じはしません。好きなように打ってくださいって言われてるかのようです。

一方、キャメロンは直線的で、サイトラインと鍵状のネックが定規のように、きちんとボールにセットしてくれなきゃ困るよって感じで、パターがアドレスをリードしてくれるような印象です。

ヘッドの印象が与える影響

ヘッドのこのような印象は、構えやすさとして評価される部分だと思います。8802とキャメロンどちらがいいのかは、結局は好みとしか言いようがありません。

ちなみに私はどちらも好きです。ただ、結果がどちらが伴うかという点では、キャメロンのほうが安定感が良かったです。

多分その理由はいつも同じように構えやすいからだと思います。いいときはわからないのですが、悪い時にそのことが良く分かります。

感性を力に変える8802と感性の影響をなるべく受けないキャメロン

8802は、悪くなったらとことん悪くなり、よくなってくることは稀です。でもキャメロンはそんなに悪化しないです。極端に悪くならない感じです。

この関係が、調子の良いときは逆で、その日の感性にはまって爆発的に良くなるときがあります。おもしろいように寄るんです。

8802のパターを使って、きれいな曲線を描いてロングパットが入ったとき、ものすごく良い気持ちになります。これがあるからL字パターはやめられません。一方のキャメロンは、安定していますね。

要約すると、感性が合うかどうかで、結果が大きく変わるのが8802の特徴で、比較的その日の体調に左右されないのがキャメロンという感じです。

追伸

パターを比べるっておもしろいですね。どっちをエースパターにするのか?悩み苦しむところではありますが、考えようによっては楽しい悩みです。

だって、二つの特徴が浮き彫りになると、どっちが自分に合っているか、より分かりやすくなりませんか?

パターを通して自分を知る。まさにパターは己を知るための鏡ですね。

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように!(^◇^)!

いっしょにパターで楽しく悩みましょう!

【ゴルフパターの選び方まとめ】にもどる

Sponsored Links