パターの打感はどちらがお好み?L字とピンの打感の違いから考える



キャメロンと8802の打感の違い

スコッティキャメロンのスタジオセレクトニューポート2(以下キャメロンと書く)を衝動買いした話を書きました。この衝動買いした後は、とても後悔しましたが、どうにか、プラスに転じようと考えました。

実際に、今では衝動買いして良かったと思っています。しかし、そう思えるまでに、それまで使っていたL字パター(ウィルソン8802。以下8802と書く)との違いを検証したりして、いろいろ考えたことがあります。

今回の記事では、『打感の違い』から考えたことを書きたいと思います。

Sponsored Links

どっちの打感がいいの?

キャメロンと8802のどちらの打感がいいのかって気になるところだと思います。L字のパターは打感が良いと言われます。その話は本当です。8802の打感は良いです。この打感からいろいろなことを教えてもらいました。

詳しくは『ウィルソン パター 名器 ウィルソン8802から教えられたこと 名器の名器たる所以』の記事に書いていますが、パターのどこでインパクトしたらいいか、打感が教えてくれます。

ここで打つんだよって8802が教えてくれる場所でいつも当たるように練習すればいいのですから、ある意味、練習が楽しくなります。

ヘッドのボールへの当たり方が根本的に違う

キャメロンも、とても柔らかい打感です。こちらも8802に打感の良さでは負けていないですね。ただ、打感の種類が根本的に違うと感じます。

キャメロンのパターは、ピン型ですが、重量がトゥ側とヒール側についています。すると、板の端と端を両手でもって、その板の真ん中でボールを打つような感じの打感です。

ちょっとフリーハンドで書いてみました。汚くて申し訳ないです。イメージは、平らにした板の上に、ボールを上から落とすと、両端は土台に支えられているので、真ん中の部分がたわむと思います。

ピン型のパターはこんな感じの理屈で打感が出来るんだと思います。

Sponsored Links

8802の打感はこんな感じ

一方、8802のL字パターは、バットで打つ感じです。『ゴルフクラブの構造からボールを飛ばせる理由を考える。2本のバットで打つということ。』の記事を読んでいただければわかると思うのですが、二本目のバットで打つ感じです。

ネックを中心として、小さなバットが回る感じでボールに当たるのが8802です。

またまたフリーハンドで書いてみました。こんな感じで、少し極端にボールをトゥ寄りで打つとぐるンって回る感じが手に伝わってくると思います。

 

打感の違い

そのような感じでボールをヒットするためなのかはわかりませんが、、8802の打感は硬質な感じがします。はじくというイメージがピッタリだと思います。

一方のキャメロンは比較的柔らかい感じです。ボールをトランポリンのように左右から包み込んで押し返すというイメージがピッタリと感じました。

ただ、芯を外した時の打感は違います。両方とも芯を外した感じが伝わってきますが、8802の感覚は、『あ、外した』って言うのが、もう凄くわかります。特に押し出した時、『あ、右に行った!』って打った瞬間に分かります。

キャメロンは、芯を多少外しているのかもしれませんが、それほど打感で分かる感じはしません。ま、私が鈍感なだけかもしれませんが、8802と比べたら分かりづらいのは確かです。結果も、キャメロンの方が寛容だと思います。

試す方法があります。8802で、試しに先っぽとヒールと両方、目をつぶって打ってみると、その違いが如実に伝わってきます。キャメロンでも同じように試してみてください。いかがですか?

あなたはどちらの打感を選びますか?

 

追伸

パットの打感の違いについて書いてきました。パターを打つ時に、打感はとてもたくさんのフィードバックを与えてくれます。

また、その打感を味わいたい、という思いが練習を継続させてくれると思います。実際にパターの練習って根気が必要です。

少しでも日課になるように、パターの練習について考えて、そんなことを『ゴルフ 自宅でパター練習 パターマットの配置を工夫。無意識に継続できる私のパター練習方法。』に書いています。

打感の良さは、確実に練習の継続のモチベーションになります。

どうぞあなたのゴルフライフが楽しいものでありますように!(^◇^)!

 

【ゴルフパターの選び方まとめ】にもどる

Sponsored Links