将棋の受けの極意とは『諦めない』気持ち。



飛車交換後の攻防

『振り飛車の将棋には、2度の戦がある』と聞いたことがあります。飛車角を捌いての1度目と、敵玉を攻める2度目と。

前回までの飛車交換の局面では、まさに、二度目の戦いが始まるような感じです。

大山康晴十五世名人の後手矢倉から受けの技術を学びとる、そんな思いで棋譜を並べています。棋譜は、戦後間もなくの頃、1952年に行われた対局で、先手が塚田正夫先生、後手が大山康晴先生です。

この棋譜は1回目は『絶対王者木村義雄十四世名人からはじめて棋界最高の名人位を奪った男』に、2回目は『鶴翼対魚鱗の陣形!戦国時代の合戦の布陣が将棋の局面を通して蘇る。』に、3回目は『戦後間もなくの棋譜を楽しむ。矢倉は本当に終わったのか?』に、4回目は『『存分に攻めてきなさい!』そんな余裕を感じさせる受けの一手』に書いていて今回は5回目です。前回までの局面を再度掲載します。

Sponsored Links

敵陣に飛車を打ちおろす!

△5五歩 ▲8一飛 △7一飛 ▲8四飛成


後手は、とにかく後手から角で桂馬取りになっていますので、△55歩と角道を止めながら、銀取りに歩を打ちます。対して先手は飛車を打ちこみました。

飛車を持ったら、とにかく飛車を敵陣に打ちこみたくなります。先手を取るのが気持ちいいからというのもありますが、相手に相駒をさせる狙いもあります。

その相駒にした駒が飛車です。ここにただ守るためたけに飛車を手放したのであれば、後手は今後この飛車をどう活用していくかが重大な課題です。

 

飛車 対 角

△5六歩 ▲7三角成 △同 飛 ▲同 龍 △3七角


後手は△56歩と銀を取り、▲73角成となったところで、最初にした銀桂交換の駒損を取り変えして駒の損得は戻りました。

さて、後手はこのままだと、飛車の働きで先手に大きく劣るため、どうにかしなくてはなりません。その決断が△73飛車の飛車角交換の敢行です。

後手は△37角と龍に当てて先手を取ります。角を自陣に成り返して馬にすれば手厚いです。先手は歩切れなので、▲46歩と角道をさえぎることができません。
Sponsored Links

金なし将棋に受け手なし

▲6三龍 △5二銀 ▲6一龍 △同 銀 ▲7一飛 △5二玉


先手は、▲63龍と手番を握ろうと努めます。手順に後手が△52銀と受けた局面は、先手が龍を逃げてくれれば盤石の一手です。もしそうなれば後手が一本とった感じかなって思ってましたが、甘かったですね。先手は▲61龍と龍を切りました。

この手が成立してしまうならば、△62歩と受ける方がよかったのではないかと思います。というのは、飛車を切られて金を取られた後の後手陣の不安定さを見ると飛車をもらっても割に合わない気がするからです。

仮に△62歩と打って龍が逃げたとしても、▲83龍で、あまり後手陣に効いていません。そのあと△52銀と受けたら、かなり堅いと思います。

このあと後手には、香車を取る手や、馬を引きつける手など、たくさん指したい手があります。先手は、玉は堅いですが、後手から取れる駒が歩しかありません。

大山流の受けの構図

先手が龍を切ってまで手番を争っているということは、ここで手番を握れるかどうかは一つの正念場とも言えそうです。

再度の先手の▲71飛車打ちに対して、後手は玉が自ら受けに出る△52玉です。これは、玉が露出させられて嫌な感じなのですが、私のこれまでのブログを見てくださった方なら伝わると思うのですが、大山流の受けのひとつの構図ですよね。

遠く37の角まで守りについています。このまま先手の攻めをいなしながら入玉も視野に入れて自陣を強めていくのが大山流であると思います。

それにしても、42の角も、32の金も、44の銀もバラバラです。ここからどうやってまとめていくのか、それが見どころです。

追伸

大山名人の将棋を見ていると、『諦めてはいけない』というメッセージが伝わってきます。これってかなり勝負事には大事ではないかなって思うんです。

『潔さ』も大事です。しかし、それは終わった後に、第三者的に見て潔さを感じるのであって、勝負の最中は、常に『諦めない』気持ちが大事なのかな、と。

最後の最後にドラマが起こると人は、そこに感動します。そのドラマを引き起こすのは、『諦めない』気持ちなんだと、大山名人の受け将棋を並べていて気付かされたことです。

本当にありがとうございます。

他にも棋譜を並べています。よろしければご覧くださいませ。→棋譜一覧

あなたの将棋ライフが楽しいものでありますように!(^◇^)!

Sponsored Links