自分に合うパターは何か?外見だけではわからないこと。



キャメロンは転がらない?

ウィルソン8802のL字パター(以下、8802)を打った後、スコッティキャメロンスタジオセレクトニューポート2のピンパター(以下、キャメロン)を打つと、如実に分かります。

何が分かるかって、ボールの勢いの違いです。8802で打つとカップを簡単にオーバーしていたのが、キャメロンで打つとそれほど転がらないんです。

最初は気のせいだと思ってました。しかし、何度も経験すると、かなり確信を持って、『キャメロンはあんま転がらない』って言えます。

『もしかしたら、パンチが入っても、それほど大きな被害にはならないのではないだろうか?』

このように思ったことが、キャメロンをもう少し使ってみようって思ったきっかけです。

 
Sponsored Links

キャメロン投入!しかし・・・前途多難

最初の頃は、まったく方向性が悪くて、『やっぱダメだ』って投げ出しそうになりました。何度も8802の方がいいなって思ったか知れません。

プロではないのだから、パットが入るか入らないかよりも、好きなパターで打てばいいんじゃないかって思うこともありました。

確かにその通りなんですが、グリーン上でカップを狙っている自分を思うと、何のためにパットをするのかって言ったら、やっぱりボールをカップに沈めるためだって何度も思わされるんですよね。

そしたら、やはりキャメロンをもう少し打ち慣れてみようって思って、やってました。

 

パンチが入ってもそうでもない

パンチは入らないようにすることは不可能でした。しかし、クロスハンドで構えなくても許せる範囲にまでパンチの度合いは減ってきました。

これを実感することがありました。それは、ロングパットをした時です。13歩くらいの距離でした。打った瞬間、『やばッ、打ちすぎた!』って思いました。でもそれがそうでもなかったんです。

カップをオーバーするどころか、ぴったりくらいに寄ることが結構ありました。

『ガツンと打ったのになぜ?』って思うことしきりです。
Sponsored Links

ロングパットのうれしい失敗

10メートル以上離れたところからロングパットを打って行くと、だいたいショートするんです。だいたいこのくらい打てばいいんだって思って打ったボールが、そこまで転がらないんです。

なので、次のロングパットがあったらもう少し強く打とうと思っていて、その時に、強く打ったら、今までの8802だとオーバーしてしまうんです。でもキャメロンだとやっぱりまだショートなんです。少しはカップに近くなっていますが。

これを他の人は、失敗と見るんだと思います。でも私は違いました。こんなに強く打っても平気なんだって安心したんです。次はもう少し強く打ってみようって思えると、違います。なんか、勇気もらえます。『もっと、打って良いんだよ』って。

1回目にショート、2回目にオーバーとなると3回目はその間のちょうどいいところで打たなければなりません。このちょうどいい所を探すのは私には難しいんです。

でも、1回目にショート、2回目にショート、『よしさっきよりはショートが短くなったぞ。だからもう少し強く打とう』って思うと、私には簡単です。

そうなると、どんどん強気でパットができます。これって自分に合ってるって思いました。

届かなければ入らない。

『ネバーアップ、ネバーイン』。これは『届かなければ入らない』という意味で、パットでボールがカップに届かなければ入る確率はゼロって意味です。

この言葉は私にとっては魔力を持っています。

まさにこの言葉が、私の右手のパンチを誘発していたと言えると思います。オーバーすることが癖になっている人にとって、この言葉は、毒になりますよね。

しかし、打っても届かないキャメロンを握った時、この言葉は薬に転じます。強気で打ってもそれほどオーバーしない。そう安心した上で届かそうって思うんですから。

パットが安定するようになって、精神的に疲れなくなりました。なので、もっと別なことに集中することができるようになり、スコア全体に好影響となりました。

追伸

自分にとって、パターは何が合うのか?キャメロンと8802を比較していて、自分が今まで形だけでパターを選んでいたんだなって痛感しました。

『キャメロンは転がらないパターなのか?同じように8802で打ったら、余裕でカップをオーバーしてしまうのに。どうして?』

パターを打ち続けてないと気付かないような疑問です。こういうふとした所に、実は自分に合うか合わないかを決める重要な要素が隠れていたりするのだと気付きました。

 

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように!(^◇^)!

【ゴルフパターの選び方まとめ】にもどる

Sponsored Links