リナックスディストリビューションの『Ubuntu』をダウンロードしてみた。



リナックスディストリビューションの『Ubuntu』を入れます。

この記事は、『手探りのパソコン。ウィンドウズ7に似たリナックスを探す。答えは『Ubuntu』』の続きです。その経緯を省いていきなり書いていますので先にお読みくださればと思います。リナックスディストリビューションの『Ubuntu』を入れます。

次の目標はそのために必要なことを実行して行きます。

まず、今使用しているパソコンで何をすればいいのか?という点です。とりあえず、『Ubuntu Japanese Team』のサイトに行き、ダウンロードをしてみようと思いました。

しかしここで、ダウンロードする際に、ふと疑問に思いました。

Sponsored Links

ウィンドウズとケンカしないか?

このパソコンは、今現時点で、ウィンドウズ7が入っています。このパソコンに『Ubuntu』を入れてしまって大丈夫かということです。

先に入ってたウィンドウズ7とケンカしてしまうのではないかっていう心配をしています。『船頭多くして船山に上る』の例え通り、ウィンドウズ7か『Ubuntu』のどちらかしか入れられない気がします。

調べてみたらこちらのサイトを参考にさせていただきました。

https://linuxfan.info/ubuntu-18-04-install-guide

このサイトに答えが書いてあります。

既にWindowsがインストールされているPCに、Ubuntuを同居させて「デュアルブート」にするのはおすすめできません。WindowsとUbuntuを同時に使えないのは不便ですし、インストールの際にトラブルが起こることも多いです。WindowsにUbuntuを1つのストレージに同居させる場合、VirtualBoxを用いることをおすすめします。

引用:https://linuxfan.info/ubuntu-18-04-install-guide

分かりやすい解説ですが、私にとっては解読作業が続きます。まず、『デュアルブート』って何?って疑問です。二つのOSをパソコン起動時に選択することができることの意味のようです。

これではインストール時にトラブルの可能性があるので、『VirtualBox』を使った方がいいよってことなんですが、この『VirtualBox』って何?という次の疑問です。

VirtualBoxって何?

こちらのサイトが分かりやすく書いています。http://jukenki.com/contents/other/virtualbox/about-virtualbox.html

つまりは、『VirtualBox』というフリーソフトがあるようです。このソフトを使うと、一つのパソコンで複数のOSを使用することができるとのことです。

このやり方だと、実際にパソコン自体にこのソフトをインストールしないとダメでしょうから、的が増えると言うか、ハードルが上がるというか。

もっと、手軽な方法がないのか、探してみようと思います。

Sponsored Links

とりあえずダウンロードして見る

どちらにしても、『Ubuntu』はダウンロードしておく必要があるようなので、ダウンロードだけして準備しようと思います。

ダウンロードした所は、『Ubuntu Japanese Team』のサイトです。ダウンロードしたの『Ubuntu Desktop 18.04.3 LTS』の方です。こちらの方がサポート期間が長いというのと、特に最新版にこだわりが無かったからです。

『Ubuntu Desktop 19.04』の方だと、最新版と書いてあるのですが、セキュリティアップデートおよびメンテナンスアップデートが提供されるのが2019年7月までとなっているため、選びませんでした。

次の記事『『ubuntu』のライブDVDを作成し、古いウィンドウズのパソコンに入れてみた』に続きます。

追伸

少しずつですが、歩みを進めています。一気にやろうとすると、一つ一つの作業が雑になりますし、不注意にもなります。少しずつ楽しみながらやる方が自分には向いています。

面倒くさいことも、細分化して少しずつやって行けば、解決に近づきますし、得るものも大きい気がします。

まだ道のりは遠いですが、頑張ります!

 

あなたの毎日の生活が楽しいものでありますように!(^◇^)!

Sponsored Links