パター ウィルソン8802だけでショートコースをまわる。ティーショットが打てるパターがオールマイティ。



ショートコースでウィルソン8802を使ってみた

前記『l字パター 名器 ウイルソン8802との出会い 諦めないで探し続けたベンクレンショーの名器』からの続きです。

探し続けたL字を手に入れた私にとって、もっとも試したかったのは、ショートコースでのプレーでした。もちろんパター一本のみを使用してのラウンドです。これに絡んだ記事は『ゴルフ パターだけでショートコースを回ってみてパターの凄さを知る』でも書いていますので合わせてお読みいただければと嬉しいです。

相棒のパター、ウィルソン8802だけを持っていくと、お店の人に変人扱いされて出入りを制限されたらたいへんかも、って変な心配をしまして、パター以外にアイアン2、3本を持ってショートコースに行きました。(それだけでも変人ですが・・・)

緊張したのはやはりティーショットです。なんせ、ティーショットでパターを打つという練習はしていませんので、ぶっつけ本番です。空振りしないかがかなり不安でした。当然といえば当然ですが、アイアンを握って打つ場合と感覚が大きく違うのです。

Sponsored Links

ティーショットでパターを持ったときの印象

何が違うってこうです。

アイアンで打つ場合は、ふつうにバックスイングからトップ、切り返して、インパクト、フォローってスイングしていくと思います。クラブヘッドを丸く円を描くように、上から下に降ろして打つイメージですよね。

しかし、パターで打つ場合は、そのイメージだと怖くて打てません。やっぱりパターという意識があるので、パターの打ち方の延長で、パターの振り幅を大きくした感じで打って行きます。

自分のイメージではアイスホッケーみたいな感じです。アイスホッケーはやったことはありませんので、テレビで見たりして想像した範囲でしか言えないのですが。

アイスホッケーのスティックっていう、ゴルフクラブに似てる道具ですね。これで、ゴルフで言うボールみたいなものがアイスホッケーではパックと言われるものらしいのですが、これを打ちます。

この時の打ち方が、地面すれすれを低くなでるようにボールを打って行くようにテレビで見ていると見えます。そんな感じで、L字パターでティーショットを打つようにした方がなんとなく打てる気がしたのです。

普通にスイングするよりボールに当たる確率が高い

実際そのように打ちましたら、結構確率が高く当たります。それでさらに飛びます。50ヤードは飛んでいました。かなりびっくりでした。

パターで50ヤードも飛ばすことは普通のゴルファーではもしかしたら経験することなくゴルフ人生を終えてしまうものなのではないだろうか。なんともったいないことだろう。なんて漠然と思いました。

それだけでも貴重な経験をさせてもらったと感謝です。

それと、ボールを転がした時に当然わかることなのですが、フェアウェーじゃないとうまく転がってくれません。

ラフだと大きく距離を損します。後で知ることになるゴルフ用語であるフェアウェーキープ率、これがものすごく大事なことなのだということを、こんなところで痛感しました。

Sponsored Links

パターでは解決が難しい状況を知る ~ラフ~

ちなみに、ラフが長いところでボールが沈んでしまうとパターで出すのはかなり一苦労です。掻きだすように打つ必要があります。これやって見るとほんとに出ないんです。

しかもめちゃくちゃ草が伸びすぎてしまったところでは、パターがボールをとらえることができても、ボールが出てくることなく、もっと草の中に入って行ってしまいます。

L字パターでラフから脱出する打ち方を実験すると面白いですよ。自分はラフに入れてしまったとき、独特の出し方を見つけました。普通一般のゴルフでは全く必要のない技術とは思いますが(笑。

ラフもパターにとって、バンカーと同じくらい難敵なんだなって実感します。ラフが深いところでは、ウェッジでないと出ないと言われる理由が理屈ではなく体でわかります。

パター1本の方がスコアが良い?

一番ホールは80ヤード位のコースで、ティーショットを50ヤード飛ばすことに成功したので、残りが30ヤードです。2打でオンすることができました。そこから2打でカップインさせてボギー。

アイアンで打ってあんなに出なかったボギーが、パター一本だと簡単に出ました。この不思議な体験が自分のゴルフの探究心のやる気スイッチを、これでもかってくらいに押してくれました。

♪ぼくの~やる気すいっち~♪。

【ゴルフパターの選び方まとめ】にもどる

Sponsored Links