台風15号と森田さんの天気予報と、ゴルフの風に対する準備とは?



大自然に対して謙虚に備える

大自然は偉大です。今回の台風15号に対して、 TBSの気象情報で知られる森田正光さんは9月5日頃から、この15号台風に目を付けていて危険を訴えておられました。

9月8日も「首都圏最悪のコース」で、過去に1269人の死者・行方不明者を出した「狩野川台風」に似ていて、「掛け値無しで危険な台風」だと警戒を呼び掛けていました。

9月9日の朝にも、その被害の爪痕の大きさを心配しておられます。

私は素人なので、いつもの台風と何が違っていたのかわかりませんが、この台風について、9月5日頃から、その恐ろしさを予見していたことに脱帽いたします。

事前に準備をしておくという姿勢はとても大事であると改めて痛感しました。

Sponsored Links

事前準備の重要性。ゴルフはすでに始まっている!

ゴルフでも、事前に予測するということは、本番での大けがを防ぐ、あるいは最小限に被害をとどめることができます。そう考えると、ゴルフはすでに、行く予定が決まった時から始まっているのかもしれません。

『いや、そんな甘いことを、日常の練習姿勢から始まっているんだ』と、お叱りを受けるかもしれませんが、私はプロではないのでそこまでストイックになれないところです(笑。

あまりストイックになりすぎると楽しくなくなってきますので、その辺はバランス感覚を大事にしたいところですね。

台風15号の評価

さて、台風15号は凄まじかったです。被害も甚大でした。実際に我が家も例年の台風以上の被害に合いました。

ふと台風情報を見ながら、もしこの台風の下でゴルフをしたら、その風ってどのくらいのものだろうか?ってバカなことを考えました。

さすがにゴルフ場はクローズでしょうが、全英オープンを通り越して相当な風が吹いているのだろうなって想像できます。

以前、『ゴルフの風対策!経験を積んで風を体で知って強くなる方法とは?』で書きましたが、ゴル天というサイトをご紹介しました。

このサイトは、ゴルフ場で吹く風の強さを表示してくれる優れたサイトです。風の強さだけでなく、雨雲の天気図も用意してくれています。

このゴル天を使って、今回の台風15号の日のゴルフ場で吹いている風は、どのくらいの風なのか、調べてみたくなりました。

これを知っておくことで、台風15号の場合でどのくらいの風なのかを覚えておけば、あとで、風の強い日にゴルフをする時、この台風15号に比べてどのくらいの風が吹いているのか、って感じで参考になるのではないかなって思いました。

Sponsored Links

ゴル天で得る風情報

2019年9月9日の朝9時半にこの記事を書いています。ちょうど台風が福島県の方に向かっていましたので、ちょうど暴風域の海沿いにあるゴルフ場ということで、参考にしたのは、太平洋クラブ 大洗シャーウッドコースの天気です。

ちょうど下の画像を見ていただくと、緑の○がついているところが、コースがある場所です。このような状況で、一体どれくらいの風が吹いているのでしょうか?

下記の画像を見ていただくと、11.7メートルの西風であることが分かります。

この11.7メートルという数字が、めちゃくちゃ強い風が吹いているという数字になります。

これを基準にしてもらえれば、実際にコースを回る時、同じようにゴル天で調べておけば、風の強さが台風15号に比べてどのくらい強いのか、経験値として積み上がるのではないかと思いました。

 

追伸

強い風とは、ケンカすると言うよりも、謙虚に逆らわないことが重要なことが分かります。日常から技術を磨くという点で、先ほどそこまでストイックにはなれないよって書きましたが、風に逆らわない、風の下をくぐる打ち方を練習して身につけておくことは有効かもしれません。

その練習方法については、『8番アイアンで100ヤードを打つ!河川敷のコースで学ぶスコアメイク』の記事に、そして一流プロであるタイガーウッズが、風対策として身につけた技術について、『ゴルフの凄技、スティンガーショット!低く風の下を通すショット。』の記事に書いていますので、よろしければお読みくださいませ。

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように!(^◇^)!

【ゴルフ風対策まとめ】にもどる

Sponsored Links