海外ゴルフで困ったこと。クラブはレンタルするよりマイクラブが良い理由。



海外ゴルフの誘い

先日、友人から東南アジアでゴルフをしないかと誘われました。場所はミャンマーで、まだ開発途上の国ですが、今後の成長が期待されている国です。ミャンマーにはどんなゴルフ場があるのか?そんな話をしていました。

その時に、ゴルフをするならレンタルクラブよりも自分のクラブでプレーしたいなって思うようになったきっかけを思い出しました。

Sponsored Links

タイゴルフの思い出

かつて、タイでゴルフをしたときに、レンタルクラブを借りてプレーしました。その時、レンタルするクラブは、自分で選べると思っていたのです。しかし、すでにプレーする前の準備段階で、ゴルフ場側が、キャディバッグをカートに積んでいました。

ということは、『こちらに選ぶ余地なし・・・』

レンタルクラブが最新でなくても最近のクラブであればよいのですが、少なくても5年以上は前のクラブで、しかもアイアンに至っては、メーカーもモデルもすべてバラバラというものでした。

その時の写真があったので掲載してみます。

パターはこんな感じです。昔のL字パターが好きな私は、古いクラブなら、パターはクラシックなL字パターを選んでみたいなって思っていたので、このパターが来たときは、げんなりしたのを覚ええています。

この時は、もっと大きなハプニングがありました。

グローブがない!

グローブがなかったんです。海外でゴルフするとき、ボールだけは持って行かないといけないと思っていたので、グローブは全くノーマークでした。

しかし、まさかグローブがないとは思いませんでした。このクラブに気を取られていて、スタート前に気づくべきだったのに気づかなかったというのが私の不覚です。

昔親戚のおばちゃんに教わった人生の3つの坂の教訓『人生には三つの坂がある。自分を責めないで。これも転機の一つなり。』をラウンド後の反省で思い出しました。

気づいたのは、カートでパターの練習グリーンに付いた時でした。さてボールを転がそうって思ってパターを握ってコロコロコロコロ。

『なんか、しっくりこないな・・・』その時に気づいたのです。うん、遅い!

そこはすでにクラブハウスから遠くなっており、今から戻るのは難しいとのこと。キャディさんに聞いても、ゴルフにおいてグローブが必要になることを全く認識していないようでした。

Sponsored Links

異国におけるハザードとは何か?

困ったな~と途方に暮れていたら、キャディさんが、自分の軍手を脱いでこれを使ったらどうかって渡してくれました。

『う・・・・・ン。いやありがとう。大丈夫です』

この時の複雑な心境。キャディさんは40歳くらいの女性で、アルバイト的に来ている人のようでした。困っている人を見て、どうにか自分のできる精いっぱいの親切をしてくれたのだと思います。

ありがとう、そうキャディさんに感謝しつつ、もう一つ別の感情、いわゆる闘志が沸いたのを覚えています。

心の声)よし素手でやってやろうじゃないか!このタイの灼熱の中、汗でグリップが滑ってしまうのは百も承知!ぬるま湯の雨だと思えば大丈夫!これは風や雨と同じハザードなんだ。タイという異国にきて、グローブという必要不可欠なものがない、この状況こそ、ハザードなんだ!

そう思ったら、気持ちはゴルフに向かっていきました。

タイのゴルフから学ぶこと

タイの思い出はこんな感じでした。この経験があったので、私は、海外ゴルフの場合、雨や風以外のハザードの存在を考えるようになりました。

特に、日本では当然と思っていたことが異国ではそうではありません。あらかじめ防ぐことができるハザードは消しておくに限ります。

『ゴルフに必要な道具は、なるべく自分で持っていくこと』単純ですが、とても重要なことだと思いました。

そのために便利なキャディバッグの記事は『持ち運びしやすいゴルフキャディバッグで都心から電車でゴルフに行く』に書いていますのでよろしかったらご一読ください。

追伸

ゴルフをするとき、一緒に回るメンバーが悪かろうが、スコアが悪かろうが、ゴルフ場の環境が悪かろうが、それを言い訳にしない。

異国で、言葉の通じないキャディさんに文句を言うわけにもいかず、その時の悪い気持ちを引きずれば、せっかくの海外ゴルフが楽しくなくなってしまう。

結局、自分自身が当事者であり、自分自身でしか解決することはできません。その解決に必要なのは、果たして道具でしょうか?

大切なのは、すべてを飲み込んで、それでもあふれる出すことのない心の器ではないか?

すべてがゴルフをする上でのハザードだと思えば、それこそ自分自身にとって得られるものが大きいと思います。

あなたのゴルフライフが楽しく、充実したものでありますように!(*^_^*)!

 

【ゴルフ事前準備まとめ】当日ゴルフを最高に楽しむためには用意が大事に戻る

Sponsored Links