はっきりした打感のゴルフボールが欲しい。新品でコスパ良しはこれ!



パターとの相性を重視してボールを選ぶ!

ゴルフボールをどういう基準で選ぶか?私は、始めたばかりの頃、それこそ何も気にせず、安ければ良いって感じで選んでいました。

特に、ボールに拘り出したのは、ゴルフにはまってしばらくしてからです。それでも新品ボールではなく、ロストボールを使用していました。

詳しくは以前記事、『ゴルフボール代節約。OBやロストボールはつらい!キャロウェイを選んだ理由。』に書いています。

特に、ボールの選び方自体は、いろいろ紹介されており、たくさんの方が書いています。私もネットサーフィンして、いろいろ参考にさせていただいて、選び方の基準も自分の進歩の度合いに合わせてどんどん変わってきています。

かつて『パターとボールの相性。スリーパット撲滅のために。』の記事の中で、パターとの相性を重視してボールを選んでいると書きました。その基準は、今でも変わっていません。ただ、打感の好みは少し変わったのかなって思います。

Sponsored Links

打感の好みはどう変わった?

もともと、ロストボールは何を使用していたかと言えばキャロウェイです。キャロウェイの「HYPER E・R・C (ロストボール) B級ボール 30個セット」を購入したのがこだわった最初です。30個セットで2,100円で、送料無料なので、1個当たり70円の金額になります。

めちゃくちゃ安いですよね。それでいて、このボール、特徴的なのは、ディンプルが円じゃなくて6角形なんです。

シームレスという言葉を初めて知ったのですが、シームと呼ばれるボールのカバーのつなぎ目が、ディンプルを6角形にすると無くしてしまえるという画期的なものです。

パットの打感は、打った瞬間ずしりときて、ゴロゴロと転がっていく感じです。それがなんだか素朴で、なんとなくまっすぐ転がってくれそうなボールでした。

タイトリストの柔らかい打感では物足りない

タイトリストのV1は、何となく、打った感じがしない、物足りない、そんな感じがしていたんです。実際に打ち比べると、その違いが良くわかります。

何となく、タイトリストからもう一度キャロウェイにしてみたくなりました。キャロウェイにもいろいろ種類があります。そんな中で、気になる商品が現れました。

今回はロストボールではなく、新品です。

それが下記の商品です。

このボールは、2017年モデルですが、ロングセラーです。根強い人気があるのです。レビューも多く、新品で安くてキャロウェイを望むならこれって感じのボールです。

こちらの商品をアマゾンで探すと、新品が12個入りで1,517円ですが、1個当たりに換算すると126円です。126円のボールでは高い感じもしましたが、一応、こちらのボールを試してみることを考えました。

この商品不思議なことに、アマゾンでは、60個入りのまとめ販売もされているんですが、そちらの方が得かなって思って調べたのですが、単価は126円で変わりませんでした。残念です。(2019年9月調べ)。

なので、1ダースずつ買っても損しないです。まとめ買いが安くなると、一度に大量の数を買ってしまいがちですよね。一応60個セットのページリンク載せておきます。自分に合っていて、安くなっていたら買いですね。

Sponsored Links

購入して実際に打ってみた感想

購入しました!さっそく、このボールを自宅のパターマットで転がしてみます。コツン、ゴロゴロゴロゴロ カコン(カップ※に入る音)

※自宅のカップは、これを使用しています。パターマットと組み合わせると、とても便利です。カップの向きを変えることで、必要なボールの転がりの強さが違います。

打感は、固いです。打ったぞって感覚があります。でも、私は好きですね。何となく、転がりもいい気がします。ディスタンス系のボールなので、打った瞬間の弾きもいいです。

次に、アプローチですね。こちらは、絨毯の上からやりますが、下記のアイテムがけっこういいですよ。

アプローチを練習しながら、ボールの打感を味わいます。なかなかいい感じです。

あとは実戦ですね!

追伸

ボールは、何を選ぶかけっこう大事ですが、いろいろ打ってみないとこんなボールあったのかって思い、もっと早く知っておけばよかったと後悔することもありますし、逆に迷いの迷宮に入って苦しむことにもなってしまいます。

もし、ボール選びで困っているなら、自分の中に、ボール選びの一つの基準を作るためにも、このボールはおすすめですよ。

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links