フェアウェーウッド、ブラッシーを知ることでゴルフの幅を広げる!



あなたはウッド派?それともアイアン派?

ゴルフクラブは、アイアンとウッドに分かれると思います。パターやウェッジや、ユーティリティなど、ほかにも種類はありますが、アイアンかウッドが大きな分類になると思います。

アイアンが得意か、ウッドが得意かによって、大きくクラブセッティングが変わっていくと思います。アイアンが得意な人は、ウッドが苦手で、ウッドが得意な人は、アイアンが苦手になると思います。

どちらも得意というのは、私がこれまで一緒に行ったゴルフ友達なんかを見ても、稀な気がします。どちらも得意という人でも、どっちが得意かって突き詰めていけば、やはりどちらかに偏るのではないかと思います。

アイアンが得意な人は、フェアウェーウッドが苦手な傾向にあるので、フェアウェーウッドよりもアイアンに似ているユーティリティを入れたりしますよね。

フェアウェーウッドが得意な方は、できる限りフェアウェーウッドで揃えていきたくなると思います。アイアンが嫌いな人ならなおさらです。

ウッドはどこまであるのかって思う人もいると思いますが、21番ウッドまで売られているようです。もうそこまで行くとウェッジですね。ウッドで統一したいと思う人は、究極ここまでそろえることができるようです。

BANG SF SERIES 驚きのフェアウェイウッド!11番ウッドなんて当たり前!13,15,17,19番ウッド!究極21番ウッド!

価格:20,166円
(2019/10/3 20:33時点)
感想(13件)

Sponsored Links

フェアウェーウッドの魅力とは?

最近、フェアウェーウッドについて、考えています。どうしてフェアウェーウッドを入れるのか?についてです。

フェアウェーウッドの魅力は何といっても飛距離です。飛距離が必要だと痛感する場面は、けっこう出てきます。

距離の長いコースで、ロングホールをプレイするときなど、いくらドライバーでナイスショットしても、その次のショットを、ロングアイアンで打つのと、スプーンで打つのでは、圧倒的に、スプーンの方が距離が出ます。

すると、3打目を、ショートアイアンで打つか、ミドルアイアンで打つかとなれば、ショートアイアンの方が有利になります。とにかくフェアウェーウッドは、距離の長いコース攻略に役に立ちます。

ブラッシーとは何ぞや?

最近おもしろいクラブを試打しました。最初、フェアウェーウッドのスプーンかなって思っていたのですが、よく見ると、ブラッシーって書いてあります。

おやッ・・・・・

珍しい・・・

(しばし、無言で観察)

ブラッシーは、フェアウェーウッドの2番ウッドのことです。ふつうは見かけません。ドライバーのロフトで言えば、10度前後ですが、ブラッシーは14度くらいです。なかなか、ブラッシーをセッティングしている人は見かけないので、売られてもいないのかなって思ってました。

ブラッシーは、ドライバーと同じくらい飛距離が出て、ドライバーよりもミスが出にくい安全なクラブですが、フェアウェーからも打つことができるので、フェアウェードライバーの異名もあります。文字通り直ドラですね。

私が試打したブラッシーはこちらです。



このバルドというメーカーは、最近では有名になってきましたが、ミズノとかタイトリストなどの大手のクラブメーカーと比べたらまだまだ知名度の低いメーカーです。

ただ、このバルド、『いいよ』って周りで言う人が多いんです。私も名前は知っていましたが、試打したこともありませんでした。次回『ブラッシーはティーショットも、フェアウェーからも打てる優れたクラブ』では、試打した感想をレポートします。

Sponsored Links

追伸

フェアウェーウッドは未開の分野です。ゴルフの幅を広げたいならば、今まで敬遠していたものにこそヒントがあるのかもしれません。

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!

 

【ドライバー平均飛距離まとめ】にもどる

Sponsored Links