何もできずに終わった。もっと強くなるために守る技術を一層磨く!



攻めつぶされて悔しい!

将棋で攻めは性に合わないって方もいらっしゃるかと思います。そのためか、ライバルの攻めにいつもサンドバック状態で攻めつぶされてしまって悔しい思いをしている方もいらっしゃると思います。

私もその悩みに苦しむものです。そんな私がどうやって受けの勉強をしているかについて紹介します。

勉強方法は、受けの達人の棋譜を並べることです。私の知る限り、受けの達人と言えば大山康晴十五世名人です。大山先生は振り飛車で有名ですが、私は振り飛車はあまり指しません。

私の記事を読んでくださっている方はお分かりかと思いますが、矢倉が好きです。大山先生は昔矢倉を指されていたとのこと。その矢倉について、しかも攻められやすい後手矢倉を教科書にしています。

今回は、『6筋を突く昔の矢倉は美しい。戦後まもなくの棋譜が教えてくれた角の使い方』に続いて2回目の記事です。

さっそくですが局面を再度掲載します。

Sponsored Links

角の睨みを避ける

▲3七桂 △4四歩 ▲8八玉 △3一玉 ▲2九飛 △2二玉

△73角と後手に好所に角を据えられている状況で、先手は攻める前に自陣の整備をします。まず攻めの桂馬をはねて、飛車を後手の角筋から外して下段に置きます。先手も後手も玉を矢倉城に入城し、攻め合いの準備は整いました。

間合いをはかる

▲1六歩 △1四歩 ▲9六歩 △9四歩 ▲4八角 △6三金

いつ先端が開かれるかと注視していましたが、まだ手をつけません。端歩をついて様子を見て、▲48角と桂馬に紐をつけて先手は待ちます。後手は△63金と金を攻めに使おうとします。

一見守りが弱くなる感じがしますが、△54銀は△43銀と引くと銀矢倉の堅陣をしく余地があります。状況に応じて陣形を堅くすることができる点が秀逸です。

Sponsored Links

先手、待つ

▲6八金右 △6四金 ▲5九飛 △4三銀 ▲1八香 △5四歩 ▲2九飛 △8五歩 ▲4九飛 △5五歩

先手は、攻めません。攻めないというより攻めることができないのかもしれません。だとすれば、後手の受けはすでに力を発揮していることになります。

先手は、68金右と玉の周りに駒を集めますが、6筋の位を後手に取られているため、上部に厚みが作れないのが痛いところです。

後手は△64金と圧力を加えてきます。先手は中央が薄いとみて、▲59飛車と守りにつけますが、後手は、待望の銀を引いて銀矢倉の堅陣を構築することができました。

銀矢倉は今ではあまりみかけることがなくなりましたが、こうしてみると、銀が二枚並んだ形が美しいです。

53の地点にと金と作られたりすると弱いですが、なかなかここにと金を作られるものでもありませんし、ここから攻められなければ相当に堅い囲いです。

銀矢倉は、32の金に紐をつけているのが強いと思います。金矢倉ではこの32金に紐がつきませんので。

先手は、後手が仕掛けてくるのを待つ展開です。後手は、十分に陣形を整備してから攻めかかる予定ですね。

さてどこから攻め込むのかと見ていると、先手の飛車が4筋にそれた瞬間、△55歩と突っかけました。

5筋の拠点と金の圧力

▲同 歩 △同 金 ▲3九角 △5六歩

後手は、5筋の歩を交換しながら、△55金と中央に金を進出しました。この金の手厚いことといったらないですね。先手は▲39角と引きましたが、これを引かないと、後手の金が46まで進出してきます。

後手が△56歩と拠点を作った局面を見てください。先手陣がへこまされています。対照的に後手の陣形は銀矢倉の堅陣に玉をおさめ、飛車と角が存分に働いています。理想の形ですね。

 

先手反撃するも玉頭が薄い

▲7五歩 △6四角 ▲7四歩 △7二飛 ▲7六銀 △7四飛 ▲7七金右 △7五歩 ▲8五銀 △7一飛

先手の▲75歩は、後手の角頭を狙った手というよりも、先手が角を使うとすればこの筋しかないところです。これを△同歩▲同角としては次の▲53角成を狙われて損ですね。53の地点は銀矢倉の弱点です。

なので後手は△64角と先にかわしておきます。この手もさりげない手に見えますが、参考になる手です。歩を突かれたら取るのではなく、歩を取らせて逆用するという考え方ですね。

▲74歩と取り込んだ手を、後手は72飛車と回って逆用します。先手は▲76銀と立って75の地点に位を確保しようとしますが、△74飛車と後手が飛車を走った手に対して、先手は▲75歩と位を取らずに▲77金寄りとしました。

これが意外でしたが、後手は、当然△75歩と位を取ります。この位がとても大きいと感じるのは私だけでしょうか。

先手は、自分から▲75歩と仕掛けていきましたが、結果的に後手に75の地点に位を取られてしまいました。

不思議なことに後手から攻めていったわけではないのです。相手に攻めさせて、逆用していく受け。これも高等な受けの技術であると思いました。 (次回に続く)

 

追伸

後手はここからどうやって勝ちを決定づけていくのか、注目するところです。

相手に攻めさせて、そしてそれを受け止めて、次に厳しい反撃を企図する。

これは受けの最高の形ではないでしょうか。

 

あなたの将棋ライフが楽しく充実したものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links