ダフリやトップはスウェーが原因かも。ゴルフに悩んだらベン・ホーガンに戻る



そのダフリやトップはスウェーが原因では?

ゴルフのスウェーに悩む人はたくさんいると思います。ダフッたり、トップしたり、ショットのミスに悩まされていて、原因が何なのかさっぱりわからないという人は、スウェーを疑ってみるのが良いと思います。

ゴルフを始めたばかりの人は、スウェーという言葉すら知らないと思いますので、まずはスウェーについて簡単に説明します。

右利きの場合ですが、バックスイングで体が右手の方向に動き、フォローで左手の方向に動いてしまうことです。動きの幅ははたから見ると大きく見えるのですが、本人はあまり動いているように感じないところが問題なところです。

調子が良い時は、タイミングが合っていてボールが普通に当たってくれたりします。しかし緊張や体の調子なのでリズムが狂ったりすると、それまで当たっていたのに、まったく当たらなくなります。

経験上、こうなった時、何が原因か、自分ではまったくわかりません。なんせ、いつも通りに打っているのですから。

Sponsored Links

スウェーってそんなに悪いことなのか?

スウェーがどれほど厄介なものなのか、パターで実験してみるとよくわかります。パターを打つとき、体を動かさないようにしてストロークしますよね。

例えば、パターを打つときに、バックスイングで右手側に体重移動をして、フォローで左手側に体重移動します。その体重移動の間でボールを打ってみてください。

うまく打てますか?ボールの距離感を合わせることが難しいと思います。この左右への揺れがフルスイングをするときに生じているのです。

でもスウェーが原因と気づきにくいのは、パターの実験でも、そのリズムに慣れるとけっこう距離感もあってパターがうまく入ったりします。そのうまくいった状態がフルスイングでも調子がいい時の状態です。

このようにスウェーはタイミングが合っているときは、悪く作用しませんので、うまく付き合えていれば結果的に全く問題なくいけます。

緊張や疲れなどで全くリズムが狂った時にスウェーは悪さをします。こうなると今まで調子が良かった時が夢のような感じになります。

なのでスウェーが100パーセント悪いかと言えばそうとも言えないところが厄介です。

ベン・ホーガンのスウェー対策

スウェーをどうしたら治せるのか?これは、もう慣れるしかありません!って言ったら答えになっていませんね(笑。

私はこのスウェーにものすごく悩んだ末、その解答をくれたのはベン・ホーガンでした。ベンホーガンのモダンゴルフをよく読むとその中に、答え(私はそう信じています)が書いてあったのです。

引用してみますね

一方、右脚は、バックスウィングが完了するまでアドレス時と同じ位置にあり、地面に対して同じ角度を保っていなければならない。この点は、アベレージ・ゴルファーがウォーミングアップする際も、実際にコースに出ても、かならずチェックすべきポイントの一つである。右脚が安定していて、ヒザが内側を向いた状態を保っていれば、脚の張りが緩んで右側にスライドし、ついでに体もスウェーするのを防ぐことができる。
(略)
右脚の安定度は、アドレスで体の右側にクラブを立てかけ、バックスウィングの練習中にその角度が変わるかどうかを調べることによって、チェックできる。

ベン・ホーガンモダン・ゴルフのp81ページから引用

この絵から分かることは、右足の角度です。ベンホーガンの右足は、バックスイングで体がねじられても、アドレスの状態から右足の角度が変わっていません。

細かく言えば、イラストで正面を向いている右膝は、バックスイングをした後も変化していません。これは、右ひざがアドレスの状態からずっと正面を向き続けていることを意味しています。

Sponsored Links

スウェーを制限して、土台を安定させる

ベンホーガンの右ひざを真似ることで、バックスイングのスウェーを防ぐことができます。もしこの角度を常に維持することができれば、少なくともバックスイングの時の体の右手側への動きすぎをおさえることができると思います。

軟弱な地盤の上に家を建てては、不安な気持ちに悩まされてしまいます。ゴルフスイングも同じで、下半身の構えが地盤に見立てることができるのではないでしょうか?

この右ひざの動きを注意するだけで、スウェーをかなり制限することができると思います。そうすれば、ダフリやトップなど目に見えるミスが少しずつ減っていくと思います。

まとめ

ダフリやトップの原因が、バックスイングの時の右足にあると聞いたら、ちょっと意外な感じがしませんか?

ダフリやトップはスウェーが原因であることはよく言われることでありますが、パター実験で、ボールを正確にコントロールできないことからも、スウェーが及ぼす弊害は大きいです。

特に、ミスしたのに何も心当たりがない時、スウェーがその原因に潜んでいることが多いです。

スウェーと右足の関係については、かの伝説のゴルフプレーヤーであるベン・ホーガンが著書の中で、スウェーと右足の関係を書いていますので、右足を点検することでスウェーを防ぐことができるはずです。

なので、ダフリやトップに悩んでいて、原因に心当たりがない人は、ぜひスウェーを疑ってみて、右足を点検してみることをお勧めします。

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

 

【ゴルフウェッジまとめ】にもどる

Sponsored Links