楽天証券をおすすめした理由。日本経済新聞が提供する「日経テレコン」が無料で読める。



新聞を読んでいますか?

さて、あなたは、新聞をとっていますか?

新聞も、「読売」、「朝日」、「毎日」、「産経」と、種類はありますが、朝刊のみとるとしても、月に3,000円以上かかります。

ビジネスマンにとって人気の日本経済新聞だと、月額4,000円とかかかってしまいます。

それほどの金額をかけてでも、株や金融の知識を得るための授業料と思い、日経新聞を読んだほうがよい、ともすすめられたので、かつて私も日経新聞を取っていました。

Sponsored Links

日経を読む私のきっかけ

日経新聞を読むと良いと、日経新聞を読むきっかけをくれた本は、下記の本です。ほんとに勉強になりました。経済の勉強をこれから始めようと思う方は是非読んでみてください。

新聞のかわりにインターネット

新聞も最初の方こそ読んでいましたが、だんだんと読まない日が多くなり、1月も経つころには、新聞紙をただのゴミにしてしまうことが多くなったので、解約することになりました。

新聞を解約した後、どうにかして経済の勉強をしたいなって思っていて、日経新聞でなくてもいいから、毎日情報を仕入れる方法はないかと探していました。

Sponsored Links

インターネットで情報収集

今でこそ普通にスマホで情報を仕入れていますが、当時、ガラケーはまだふつうにあってスマホが珍しかった時代です。スマホを活用して新聞の代わりになるような情報を手に入れることはできないかって思いました。

そう思った結果、スマホを活用して、ヤフーのニュースとか、ブログの記事などを参考にして情報を仕入れることをしました。

信頼できる情報がほしい!

そんな頃、インターネットの中で、ふと疑問に思うことがありました。それは情報が氾濫する時代で、溢れた情報の中から、信頼できる情報を選びぬく力が求められているという思いに共感したからです。

インターネットで調べることはとても便利です。膨大な量の情報があります。しかし、その情報の中には矛盾するものもあります。書き手によってフィルターがあるのは当然ですが、そのフィルターに左右されると間違った方向に進んでしまうこともあると思いました。

そこで改めて新聞の価値を考えたら、日経新聞は、これまで長い間日本のビジネスマンにとっての情報の源であり、今でもそうです。(日経新聞のまわしものではりません笑。)

無料よりは有料の方が情報として信頼できるのではないか?そんな思いから、無料でもらえる情報ではなく有料の情報がほしくなりました。

新聞のように情報を買っているという感覚とでも言うのでしょうか、誰でも自由にというのではなく、対価を払って情報を得たいという思いが湧きおこってきたのです。

そんな中で出会ったのが楽天証券でした。楽天証券で口座開設すると、日本経済新聞が提供する「日経テレコン」が無料で利用できます。

最初、有料の情報を探していたのに、やはり安い方に流れてしまうのが悲しい性ですが、無料で、なおかつ信頼できる情報に巡り合いました。

この無料ってうれしくないですか?これを知った時はすごくうれしかったのを覚えています。

まわりくどくて申し訳ないですが、前記事「ゴルフを安くプレーする私の方法 株主優待の活用」で楽天証券をおススメした理由は、日経テレコンを無料で読むことができるから。です。

 

日経テレコンについて。

「日経テレコン」では日本経済新聞の朝刊と夕刊、日経産業新聞、日経MJなどの3日分の閲覧ができます。また、過去一年分の新聞記事検索や日経速報ニュースの閲覧も可能です。内容は楽天証券用にカスタマイズされているとのことですが、情報の質としては十分だと私は思います。

下記にURLを掲載しておきます。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/service/investment/nikkei.html

サイトを見て頂くとわかりますが、ISPEED(アンドロイド版もアイフォン版もあります)というスマホアプリで見られるのですが、その閲覧方法が示されています。

新聞との決別。

こうなると、実際に紙の新聞を取っていたときは、毎日読むのが面倒と思っていたものが、電車通勤時や、子供の送り迎えなどでできた待ち時間など、隙間時間に読むことができるので、勝手が大きく違います。

また、鞄に日経新聞を丸めて入れている人を良く見ますが、新聞はかさばり、持ち歩くのも面倒ではないかと思っていました。そんな中、スマホ一つで見られるというのはかなり便利です。新聞紙もたまると捨てる手間もあり、新聞を取っていた時は、ごみの集積所まで持って行くのも面倒だと思っていました。

あと、ネットを通しての情報はタイムリーです。更新されて読むまでのスピードが速いことも、情報を素早く手に入れるという点でメリットが大きいと感じました。

楽天証券で日経テレコンの記事を読むことが、何となくでも生活の一部になって、日課になれば、少なくとも毎月のコストを払って新聞を読むよりも合理的ではないかなとか思いました。

株式投資に対する意欲。

その他のメリットとしては、楽天証券を登録すると、株式の売買も身近になります。実際に株を買うのは、先のこととしても、スマホで日経テレコンを読みながら少しずつ経済の勉強をしていれば、いつか株の売買などを実際に行うようになるかもしれません。

株式売買などに対する不安もあると思いますが、今の時代は銀行に預金しておいても利息はほとんどつかない時代です。株式投資などで資産を増やしたいという思いを抱かれるかたも多いと思います。なので株式売買を実際に経験するまでの垣根が低くなることは、自身の成長にとって有益であると私は思いました。

自分の経験では、実際に株の売買をすると、情報に対するアンテナというか意欲が増します。分からない単語があると、調べるようになりました。株で損することもありましたが、授業料と考えると安いかもしれません。

Sponsored Links