SSD換装に成功。パソコンの起動時間が超高速すぎてびっくりした。



SSD換装してその成果に感動!

レッツノートのカスタマイズはSSD換装が初心者にも簡単でおすすめ』からの続きです。浮いたお金でSSD換装をしようと決意し、SSD換装をしました。SSD換装をして感動したことは、とにかくパソコンの起動がめちゃくちゃ速くなったことです。

お金もあまりかけることなく、交換するのに思ったより手間もかかりません。それなのにこれだけの成果が得られたことに驚いています。

実際にかかった時間は、夜にアマゾンから購入した機材が届いて、夜にさっそく開始しましたが、次の日の朝、4時ころに早起きして進めて、朝7時には終了しました。思っていたより簡単でした。
Sponsored Links

こんな方にお勧め!

私はレッツノート(CF‐S10)を使用しています。2011年のモデルですが、もっと古いモデルでも可能なのかもしれませんが、それくらい古いパソコンを使用していてもできるという意味でとらえていただければと思います。

私と同じように古いパソコンを使用していて、新しく買い替えるのはもったいないけど、今のままではちょっとな~っと思っている方には参考になるかと思います。

ただ、パソコンを自分でカスタマイズするため多少(本当にやることは単純ですが)、面倒な作業は嫌って方には向かないかもしれません。また、多少の冒険?(壊れた時の自己責任)に踏み切れる人ですね。

あとは、選ぶSSDにもよりますが、4,000円~1万円くらいの出費をしても良いと思える人ですね。どうしてもスペックが高くなるとこれに応じて値段も高くなるため、ほどほどのものにした方がいいですが、ほどほどが初心者にはわかりせんよね。私も、この部分は悩んだところです。

 

具体的な手順

さて、具体的に何をするのかという点ですが、まず最初にハードディスクに入っているデータをSSDに移します。これをクローンというそうですが、このクローン作業が実は一番時間がかかりました。

私は下記のサイトを参考にさせていただき、クローンをすることができました。手順通りに進めた結果、簡単にできました。本当に詳しく書かれていて素晴らしいです。ありがとうございました。

データを移し替えている間、けっこう時間がかかります。夜に作業を始めたので、眠くなってしまいました。なのでパソコンに一生懸命仕事をさせている間、寝ました(笑。

【完全版】ノートパソコンのHDDをSSDに換装する方法とクローンの全手順



朝、データが移行されているか確認して大丈夫なようだったので、次の手順に進みました。※うまく移行されていなければ、またハードディスクに入れ替えればいいかなって軽い気持ちで作業していました。

このクローンをする際に、SSDをパソコンに接続する必要がありますが、その時に使用する機材を購入しました。それがこれです。

【USB3.0】2.5インチ HDD/SSDケース ハードディスクケース sata接続 9.5mm/7mm厚両対応 ドライブケース UASP対応 簡単脱着 高放熱性アルミ 持ち運び に対応 (2.5インチ, ブラック)
この道具が結構評判がよかったのと、抜き取ったハードディスクを格納しても使えるということだったので、こちらを購入しました。結果的に無事クローンにも成功したので、買ってよかったです。

Sponsored Links

裏蓋を開けてハードディスクとSSDを入れ替える

続いて、裏蓋を開けてハードディスクを抜き取り、代わりにSSDを入れました。これについては、下記のサイトが大変参考になりました。こちらのサイトもたいへん詳しく書かれていて素晴らしいです。ありがとうございました。

レッツノート CF-S10のHDDをSSDに換装しました



実際に、こちらの記事に従って換装手続きを行いましたが、初めて私は愛機レッツノートの裏蓋を開けました。ちょっと感動しました。普通、SSD換装とかをしなければ開けないところですからね。

実際の手順

実際に、裏蓋を開けて、ハードディスクを取り出してみたところの画像です。

バッテリーを外すとこんな感じになります。


横の部分にハードディスクを格納する場所があります。ここをネジを外すとカバーが外れます。


上の画像はカバーを外した後のものです。


上の画像を見ていただくと、ハードディスクが入っています。この青いのがそうです。私はこのハードディスクを取り出すのに一苦労しました。

というのは、なかなか圧力がかかっていて、その割にとっかりがなく、取り出すのにピンセットを使ったりしました。


何とか取り出すことに成功しました。なんでこんなに取り出しにくいのか?そう思って中を見ると、中にスポンジみたいなのが入っています(下図)。

やっぱりハードディスクはデリケートなものなので、クッションのような緩衝材も込めて大事に格納されているからでしょう。


ここに、購入しておいた、SSDを入れます。入れるときも少し窮屈ですが、取り出すときほど難儀はしませんでした。


これを入れた後は、蓋を占めてバッテリーをはめ込んで終了です。

無事成功!

無事、SSD換装に成功することができました。電源を入れて、起動させると、データはきちんと引き継がれていて、起動が速いです。本当に爆速ですね。

終ったあとの感動ったらありませんでした。起動とシャットダウンを繰り返してそのスピードに酔いしれました。

参考にさせていただいたブログの中に、スピードがどれだけ上がったかについて、調べるプログラムがあり、それを使って計測しました。『Crystal Disc Mark』というソフトです。

その結果は下記のとおりです。

【換装前】

 

【換装後】

このことが私にはどれくらいすごいことなのか、わかりません。しかし体感してみる限り、そのすごさは相当なものです。本当に換装できてよかったです。

まとめ

SSD換装を進めてきて、無事成功しました。いまもこのブログはこのパソコンで書いていますが、本当に起動スピードがあがって作業効率が高まっています。

実際にハードディスクを入れているときは、そのままでもあんまり変わらないのでは?って懐疑的だったのですが、その考えはまったく外れていました。

大げさと思われるかもしれませんが、約10年近く昔のパソコンが、最新のパソコンと同じくらい高速です。(*^_^*)

追伸

一つの発見が日常を大きく楽しく変えてくれることってあります。このSSD換装はこれまでのパソコンライフを底上げしてくれました。

これを実現させてくれたのは、やり方を懇切丁寧に説明してくださったサイトがあったからです。本当に感謝です。

私も、こうして助けていただいた感謝の気持ちを、このブログを通じて、このブログを見てくださる誰かに恩を返していければいいな、と思います。

あなたの日常が楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links