マッスルバックアイアンを10年以上使い続けて思うマッスルの合う人とは?



ロングアイアンとL字パター

クラシックなロングアイアンは、クラシックなL字パターに似ています。それは形状だけではありません。何よりも私が感動したのは打感です。

心地よい打感がとてもそっくりなんです。

ロングアイアンと言っても、昔のロングアイアンです。昔のロングアイアンは、今ほど技術が発達していませんので、鉄の塊です。マッスルバックと言われます。

ヘッドの中身を空っぽにすることができるように技術が進歩して、ヘッドを大型にすることに成功したのです。鉄の塊を大型にしたら重くて仕方がありません。

なので鉄の塊を小さくしたアイアンが昔は主流でした。今でこそ、そういうアイアンを使う人は少なくなりましたが、好んで使う人が一定数いるのです。

 
Sponsored Links

マッスルバックはなくならない!

マッスルバックアイアンの説明をする前に、ウッドを例に挙げると、ウッドは昔、パーシモンと呼ばれて木製だったのです。それがメタルウッドに革新的に進化し、今、パーシモンとは似ても似つかない大型のウッドが主流です。

パーシモンを使う人は稀にいるかもしれませんが、ほとんどいないのが現状だと思います。私はパーシモンの美しさが好きなので、一本だけ持っていますが、実戦で使用することはありません。

アイアンも、マッスルバックを使う人が、パーシモンと同じように激減したかと言えば、そうではなく、世界のトッププロの間では、むしろ使用率が高いのではないかと思います。

例えばタイガーウッズやロリー・マキロイ、トッププレーヤーは、マッスルバックを使用しています。マッスルバックには使う人を魅了する何かがあるのです。

マッスルバックは難しいが常識

マッスルバックがどうして敬遠されるのかについて考えてみます。マッスルバックは一言『難しい』というのが世間の認識です。マッスルバックが難しいからこそ、キャビティアイアンなどが生み出されました。

実際にマッスルバックを使っている人は、『どうしてそんなに難しいクラブを使っているの?もっと簡単なクラブにすればいいじゃない。』って言われたことがあると思ます。

マッスルバックを使っている人を見たら、聞きたくなるくらいマッスルバックが難しいという認識は広まっています。

 
Sponsored Links

マッスルバックは何が難しいのか?

マッスルバックが難しいのは、何よりもそのヘッドの小ささだと思います。上から見ると薄っぺらいトップラインと、フェースの長さも短いです。当てるだけでも難しいというイメージが沸いてしまいます。

アイアンの底であるソール部分が狭いということも、地面に突き刺さってしまってダフリやすいという点で難しいというのもあります。

打った時に、芯を外すと、手に衝撃が走り痛いです。特に冬場に芯を外して打つと、かじかんだ手に追い打ちをかけるように痛いです。

マッスルバックの見た目の形状の小ささも相まって、シャフトもロングアイアンの場合は、長くなるため、芯を外さないように打つためには、かなり至難の業です。

それもティーアップしてあればまだしも、フェアウェーから打つのは難易度が相当です。

マッスルバックが好まれる理由

逆にマッスルバックを使っている人はどうして使うのでしょうか?打つのが難しくて、スコアが伸び悩んでいるならば真っ先に変えたくなるクラブですよね。

マッスルバックの利点は何かと聞かれたときに多い理由は、『操作性が良いから』、『見た目がかっこいいから』、『打感が良いから』だと思います。

操作性については技術がものを言いますから万人に当てはまらないとは思いますが、ボールをフックやスライス、高い球、低い球って打ち分けるときにはやりやすいと思います。

今は曲げたりする技術がなくても、そういう技術を将来身に着けるために使用しているという側面もあると思います。自分を成長させてくれるクラブという意味で使う人もいます。

簡単なクラブから使い始めると難しいクラブには戻りずらいですが、難しいクラブであれば、途中から簡単なクラブにすることもしやすいです。

見た目の良さも、好みによる部分がありますから一概に言えませんが、私の眼にはシンプルで日本刀のような美しさがあり芸術品のように映ります。

間違いなく言えるのは『打感が良い』という点です。これは私はすごく感じます。練習場とかで打っていて、たまにスイートスポットでとらえたときの手に残る感触は、得も言われぬものです。

打感が良いということ

私はマッスルバックアイアンを10年以上使っています。もうゴルフを始めてからずっとマッスルバックです。私がこのマッスルバックにした理由は、やはりこの『打感』でした。

ロングアイアンのアプローチのことを『ロングアイアンのアプローチショットで気持ちのいい打感が好きになる』で書きましたが、ロングアイアンの打感を体験して以来、その虜になってしまいました。

振り返ってみると、打感が良いということのメリットは、練習の虫になれることだと思います。この打感を味わいたいがために、練習場にどれほど通ったか。とにかく練習のモチベーションになります。

これはL字パターにも言え、私はL字パターの打感が好きで、練習を自宅でしていて、まったく飽きないということがありました。

その辺のことは『ウィルソン パター 名器 ウィルソン8802から教えられたこと 名器の名器たる所以』に書きました。

マッスルバックは向上心のある努力家に向いてる。

マッスルバックをおすすめしたい人は、向上心のある努力家な人ですね。ゴルフを修行とまで考えることができる人ならば、ぜひおすすめしたいです。

私はそこまで向上心がある努力家ではないですが、使っていると、本当に真面目にコツコツと練習していたら、これは手放せなくなるだろうなって思うときがあります。

このクラブ、打てない状況が続くと、もう無理だって思うときが何度となくきます。その時に、我慢してじっと使い続けることができる人でないと、マッスルバックは即お蔵入りになってしまうでしょう。

何となく山登りに似ていると思います。私は山登りはしませんが、それを趣味にしている人に聞いたことがあります。『どうして疲れる思いをして山を登るのか?』と。皆、そろって同じことを言うのです。

『登り切った後の景色が美しいから』と。

マッスルバックは、簡単に打たせてはくれません。何度も何度も、練習を繰り返し、その時ほんの少しご褒美をくれるのです。打感、あるいは飛び姿の美しさです。

マッスルバックアイアンの打感が教えてくれること

マッスルバックアイアンは、打感が良いです。その打感は、長期的視野でみると、ゴルフを簡単にしてくれるかもしれません。

マッスルバックは打つのに難しいクラブではありますが、練習に練習を重ねた人にはだんだんと簡単なクラブになるかもしれません。

と言うのは、『何かがおかしい』と、知らせてくれるクラブでもあるからです。簡単だと言われるクラブは、裏を返すと、練習しなくてもある程度うまく打てるクラブということになると思います。

練習しなくてもうまく打てるということは、多少のミスがあっても気づかないってことでもあると思います。ミスに気づかなければ、ある一定の許容を超えた時点で一気にうまくいかなくなります。

マッスルバックはミスに気付かないということを許しません。少しでもミスをすると、『ダメ!』って怒ります。怒り方は様々ですが、一番は打感です。打感が悪いだけでなく痛い時もあります。

また、ボールも納得のいく飛びをしてくれません。納得のいかない飛びをしない、と言うのは、スライスしたりフックしたり、飛距離が出なかったり、いろいろです。

マッスルバックアイアンは手遅れにならないうちに、何かが悪いんだって気づかせてくれます。そういう意味でやさしいクラブだと思います。なので、長期的に見て簡単なクラブを求めている人にはお勧めです。

まとめ

L字パターの打感が好きな方はアイアンもマッスルバックを試してみると良いと思います。マッスルバックアイアンは難しいと言われ、使う人は少数ですが、それでもマッスルバックを使いたい人はせっかくですから使った方がいいと思います。

『そんな難しいクラブ、プロでも使わないよ』って簡単なアイアンをすすめる方もいらっしゃいますが、逆に、生活がかかるプロではなく、趣味でゴルフを楽しむアマチュアだからこそ、打感にこだわってアイアンを選ぶのも大いにありだと思います。

『スコアだけがゴルフの楽しみではないのではない』と思われる方もいらっしゃると思います。このアイアンやパターの打感を味わいながらプレーをするのも、ゴルフの醍醐味だと思います。

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links