将棋 矢倉の攻めの理想形を築いた後はどうするの?



矢倉で3筋の歩の交換をして、36に銀を出る形が攻めの理想形で、こうなると、優勢に進められる。そう矢倉の定跡書には書かれています。

しかし、本当にそうなのでしょうか?実際にそのように組み上げることができたとしても、そこから先、うまく攻めを続けることができるのでしょうか?僕は、そこからどのように攻めていけばよいのか分かりませんでした。そんな同じような悩みを抱えていませんでしょうか?

羽生の頭脳の中では、36銀の理想形を作った後の攻防が書かれていません。相手の理想形を阻止するということなので、36銀の形をつくらせないことを前提にして解説されています。しかし、その理想形をどう活かすのか?

自分はここですごく悩みました。羽生の頭脳を読んでますます迷宮に入ってしまった感じがしたのは、この前提の先にあるものを理解できなかったからでした。当たり前のことですが、理想形を組ませてくれたとしても、必ずしも勝つわけではないのです。

因みに攻めの成功する形と成功しない形を自分なりにまとめてみます。

まずは攻めの成功する形

この形は、なかなか実践では出現しそうもないのですが、出現したらかなりうれしくなります。

 

ここまでの参考?手順を入れておきますと、

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀▲5六歩 △5四歩

▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金▲7八金 △5二金 ▲6九玉 △4一玉

▲6七金右 △3三銀▲7七銀 △3一角 ▲7九角 △4四歩 ▲3六歩 △4三金右

▲3七銀 △8五歩 ▲2六歩 △6四歩 ▲2五歩 △7四歩 ▲3五歩 △同 歩

▲同 角 △3四歩 ▲2六角 △4二角▲3六銀 △6三銀 ▲7九玉 △3一玉

▲8八玉 △2二玉▲3七桂 △1四歩 ▲1六歩 △9四歩 ▲4六歩 △9五歩

▲4八飛 △7三桂

ここからどうやって攻めるか、その手順を紹介しますと、

▲4五歩 △同歩▲4四歩

この4四歩が急所です。”敵の打ちたいところに打て”という格言どおりの攻めです。

これは教えられないと打てない手だと思います。

次に

 △同銀▲4五銀△同銀▲4四歩

 

この2回目の4四歩はさらに教えてもらわないと打てない歩ですね。一瞬銀損になりますからなおさらです。

この歩はとれないので金が逃げます。

△5三金▲4五桂△5二金▲4三銀

これで後手陣はつぶれていると思います。

一例として、もし△4三金右と取ると、

▲同歩成△同金左▲7一角成△9二飛車▲8一馬△6二飛車

ここからは、馬で香車を取って駒得をしてじっくりいってもいいですし、いきなり▲6四馬△同飛▲5二銀、と、馬を切って攻めていくのもいいかもしれません。

気持よく攻めることができました。しかしわずかにでも形が異なると攻めきれません。その辺は次回の記事で。(#^.^#)チャオ

前回の記事:角換わりから矢倉へ。矢倉は富士の樹海のように難しい?

次回の記事:将棋入門!矢倉 攻めの理想形からの攻め 気になる変化

Sponsored Links