冬ゴルフの服装はインナーから選ぶと良い理由。飛距離を維持するために!



冬ゴルフの服装と飛距離の関係

冬のゴルフをして夏場とは勝手が違うなって思うことは多いと思います。私は、冬場にラウンドすると、飛距離が1クラブか半クラブくらい落ちてます。これが練習不足から来るものなのか、ボールが寒いと飛ばなくなるものなのか、わからなくなります。

一つ確信を持って言えるのは、冬場のゴルフは、夏と違って、着る服が多いということです。服の分だけ身動きが制限されますから、その分だけ飛距離が落ちることがあるのだと思います。

冬ゴルフを経験したことのある人ならば、夏のゴルフとの大きな違いを痛感していることと思います。とにかく、『動きずらい』ってことだと思います。

Sponsored Links

簡単にできる冬ゴルフ対策

冬のゴルフにとって、最も大事なことで、一番簡単にできることは動きやすい服装を揃えておくことだと思います。

動きやすい服装と言ってもピンと来ないかもしれませんが、夏場のようにポロシャツ一枚というわけにはいきません。重ね着すれば、暖かくはなりますが、動きにくさが増えます。

なので、重ねて着なくても良いように、薄くて保温性の高いインナーを選んだり、風を通しにくいウィンドブレーカーなどのアウターが必要になります。

冬場と言っても12月の寒さと2月の寒さは全く違いますよね。12月は比較的暖かい感じがしますが、1月や2月のゴルフ場は、風が強くて冷たいです。なので、12月にはセーターが良くても、2月にはウィンドブレーカーが必要になります。

冬ゴルフの服装はインナーをまず考える!

私は、冬の服装については、まずインナーから考えることをお勧めします。実際に、冬の服装と言われても何から揃えていけばいいかはわからないと思います。

インナーを考えるのを優先する理由は、冬は、12月から2月までがめちゃくちゃ寒い季節ですが、11月と3月も意外と寒いです(関東をベースに考えています)。なので、11月と3月には、これから寒くなっていく季節に合わせて、アウターを増やしていくのが良いと思います。

寒い日の中にも暑くなる日がたまにあったりしますので、その時は、アウターを脱いで対応するような感じですね。

インナーだけでまずどれくらい暑くなるのか、自分の感覚で試しながら、アウターを決めていけば良いと思います。

また、インナーは、ゴルフ以外の日常生活にも使用できますから、買っておいて損はないです。

Sponsored Links

インナーをどこで買う?

インナーについては、ワークマンで買うことをお勧めします。理由は、機能性とコストのバランスが良いからです。ユニクロでも、ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)が有名ですが、1,990円(税抜)となっています。

一方のワークマンでおススメなのは、下記の商品ですが、こちらは1,280円です。

ウィンドシールドボルカ長袖ハイネック



どれだけ効果があるのかについては、個人的な差があるので何とも言えませんが、試してみる価値のある商品です。

まとめ

これから冬ゴルフに行くために、今から準備しておくことはたくさんあると思います。実際に、手軽で簡単に、日常生活にも役立つことから始めるのが良いと思います。

ワークマンで試着してみることから始めてみたらいかがでしょうか。

あなたのゴルフライフが楽しく充実したものでありますように!(*^_^*)!

 

【ゴルフ事前準備まとめ】当日ゴルフを最高に楽しむためには用意が大事に戻る

Sponsored Links